G-Style

goooさん的趣味blog
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[TMAX]オイル交換してもらい記
なんか最近、無計画な動きが多すぎる気がします。まぁ前からそんなに緻密な性格じゃなかったんで、変わっちまった。。。って感じではないんですが、

店を何軒かハシゴ → 特売品を見つける → お買い上げ

このパターンが多いですね。欲しいものは「常に」(笑)ある程度目星を付けてますが、ちょっとだけ気になってるレベルのモノって赤札付いてたりすると、逝ってしまう率は高め。。。以前はアッサリ全敗だったけど、最近ちょっと落ち着きを取り戻して持ち直したりしています。笑

そんな折、TMAXでフラッと寄った近所のNAPS。冬物ウェアが在庫処分してたんで、穴の開いたグローブを新調しよう思ってフラフラ行ってみると、週末なのにピットの待ち時間がゼロって書いてある。。。おお。こんなことってあるんだねぇ。。。そーいや、オイル交換しなきゃだったなぁ。。。

ちょっと聞いてみるか、と話してみると、すぐ作業出来ます〜とのこと。オイルだけなら工賃750円?だったかな。廃油ポイ買うのとそんなに変わらん。。。

TMAXはオイル管理に気をつけたほうが良いほうらしく、純正以上が推奨だったので、ヤマハの純正(エフェロスポーツ?)を入れてもらいます。リッター1800円ほど。安くはないな。。。笑 オイルが3リッター、他にはシールとかモロモロでトータル6千円ちょっとでした。

今まで適当なクルマオイルだったので反省。。。メンテ代はケチっちゃいけませんね。


作業の間、ウロウロして探した冬用グローブ。今までのがユニクロの何でもないやつ(バイクとか全く関係ないもので780円。笑)だったので、ちっとはマシなバイク用ということでPOWERAGEのGORETEXのモノをお買い上げ。こちらはしっかり赤札だったのでまぁまぁでしょうか。


N-3B着用に合わせて迷彩!ってわけじゃなく、XLはコレしか無かったんだ。。。笑

TMAXは近々プラグも換えてやりますかね。フィルタもチェックだね。アレから3年近く乗ったので、暑くなる前にまるっと整備してやりましょう。


オイル:エフェロスポーツ
走行距離:約32,000km

[TMAX]タイヤ交換記
度重なる長距離使用の結果、ツルツルになったタイヤを交換してきた。スリップサインバッチリ出るまで使っちゃあ危ないって話。

先日、お仲間のTMAX乗りさんにアドバイス頂き、ラジアルはバイアスに比べたら全然違いますよとのことだったので、少し調べたりしたんだけど、結局使い方とか値段とか考えて、純正採用のバイアスにした。(折角教えてもらったのにすみません@)

というわけで、前回も頼んだSpeedStarさんに問い合わせると、純正指定のBS HOOPが在庫切れ。他にないかと聞いてみるとMichelinのPilot Sport SCならあるとのこと。どっちかってーと、ライフ重視だから、その辺のことを聞いても遜色ないってことだったので、それに決定。値段も千円くらいしか変わらないっていうしね。

最近よくツルむRZ250ちゃんとレッツゴー。まだ慣らし中だからね。お手伝いって名目で安全運転で。

第三京浜から環八、瀬田道で正味40分。マッタリ運転でも余裕でこの時間。近い近い。

丁度入れ替わりだったのですぐに作業してもらって正味30分かな。あっという間にバリ山だぜ!


中々やる気なパターンでしょ?


バリ山だぜ!笑

前のタイヤが、空気圧不足な減り方してるよって注意されたので、月1で空気圧チェックしましょうと肝に銘じる。素直に窒素入れときゃよかったかな。


帰り道にNAPS世田谷に寄り道。別に目的ないけど、思わぬ掘り出し物があるかもなぁ〜って、何もなかったけどね。通勤リードにウェーブディスク、うん、要らない要らない。笑

ぐるっと見て、衝動を抑えつつ、んじゃ帰りますか。


RZはいつだって周りの目を引くね


新品タイヤは滑るからね!の忠告に忠実に、あまり倒さずコーナーを回って第三京浜へ。んじゃ100km/hで流すかな〜とメーターを見ると、、、、

動いてないじゃん!!


針が0のまま微動だにせず、しばらくするとオイルランプが点滅しだす。ありゃりゃ、どうなってんだこりゃ。

SAに入りたくても全然ないし、RZ君はETCじゃないので降りるのもちょっと面倒かな、、、なんて思ってたら保土ヶ谷SAに到着。走りすぎだ。笑

すぐ電話すると、戻ってきて〜とのことだったので、そのまま戻って見てもらう。厳密には自分でやっちまおうかとか色々あったけど割愛。笑

で、やっぱりメーターギアみたいなののカラーが折れてたのが原因だった。これ、TMAXの持病らしく、よく壊れるらしい。純正部品で対策品が出ているので、それに交換して完了。今回は、作業中に気づかなかったということでサービスして頂けた。ありがとうございます。


ってなわけで、無駄に往復しちゃったけど、無事にタイヤ交換完了! 只今の距離は26600km。ってことは、今までつけてたBSのHOOPは、11,600kmも持ったことになる。北海道やら東北やら長距離ツーが多かったとはいえ、かなり持ちは良かったね。ワインディングでのグリップに関しても、自分レベルなら十分な性能なので、この程度で十分かと思う。

さてさて、んじゃコイツも端っこまで綺麗に使い倒そうかね。


現在の距離:26,605km
タイヤ:Michelin Pilot Sport SC
    F 120/70-14 6,100円
    R 150/70-14 8,300円
    バルブ 前後 1,000円
    工賃 5,600円
割引もろもろで合計19,600円
[TMAX]HID装着記
今回のメンテ&カスタムの最後の仕上げはHIDの装着です。これは当初からの予定にはなかったんだけど、ひょんなことから譲って頂けることになりました。

HIDって出た当時は数万するカスタムだったけど、最近は値崩れしてて5千円くらいで買えちゃいますね。しかも今回はなんと破格の3千円で譲って頂けました!! ガレージオーナー様、ありがとうございますvv

今回付けたのは車用のHIDです。H7のロー側だけね。55Wで、純正と変わらない消費電力。UVカットレンズ。



詳細は不明。そこそこ良品をチョイスされてましたので安心。

取付けに際して注意することは特にないんだけど、ミス点灯を防止する為にリレーをかましてバッ直配線にしました。ま、そんなにミスることもないだろうけどね。

使ったリレーは、カー用品店に良くある車用の汎用品。1200円くらいだったと思われる。


どこでも手に入る汎用品でございます。

配線はシンプル。バッ直(+−)を引いてきて、+をリレーを通してバラストに、−はそのままバラストのマイナスに。今までのライトの配線は、リレーのスイッチ配線に通して出来上がり。って、何のことだかサッパリですね。笑 まぁ基本的に難しい話は一切ナシです。平ギボシでH7ソケットに配線するのだけちゃんとやれば、球を戻すだけで純正にも戻せます。

バラストの配置に迷ったけど、メーター裏の左側のフレームにタイラップ固定。右側は小物入れが邪魔なので。フレーム形状がしっくり来ないので、試行錯誤したけど、ミラーステーの下あたり緩衝材を挟んで取付けました。振動なども大丈夫でしょう。タイラップは太めと細めを混ぜて4本でガッチリ固定しました。


ちょっと見難いけど。カラフルな配線が出てるのがリレー。
その下の黒い箱がバラスト。

接続が済んだらエンジンをかけて点灯テスト。ピカッ!と点いてジワ〜と明るくなるのはやっぱりカッコイイ。ってより、明るさが今までの倍くらいになってますな。6000Kなので青っぽくなることもなく、必要十二分に明るくなりました。

ちなみにハイ側は車検対応ということでそのままです。両方点けると明らかに色が違ってかなりおかしいですが、両目点灯にはしないし、車検はハイビームだけなのでこれで問題なし。ハイにするとロー側はちゃんと消えるしね。


う〜ん、夜間快適性がまた著しく向上してしまった。笑 駆動系、足回りも見直したし、更に夜走快適仕様になってますな。これから多くなるであろうナイトランや夜間移動も十分楽しめそう。

HID、迷ってる人がいるなら、是非やったほうがいいと思います。視認性が上がると安全&快適だし、値段も大してかからない。(5千円くらい) 気をつけるのはUVカットレンズかどうか、だそうです。UVカットじゃないと、色々溶けちゃったりするらしい。



-- メモ --
・バッ直線に要ヒューズ追加(15A)
・バッテリーはまだ大丈夫そう
・プラグはそろそろ?
・オイル交換済(XF-08)

[TMAX]ブレーキホース交換記
前回と同じ日にやってますが内容が違うのでまたまた別投稿でv

アレはいつだったんだろう。納車してすぐ、無駄にNAPSのセールに行った時に買ってしまったステンメッシュホース。ハンドル周りがゴー☆ジャスになるので買ってみたんだよね。それ以前に、ブレーキの強化はやっといて損ないし。

でも、いざ付けるとなるとカウルの外しから始まって結構な手間になるのは分かってたんだよな。なので、腰が重すぎて早数年、恐らく5年近く放置してました、と。ダメすぎる!笑

カウルをバラすなら、ついでにやっちゃえ!ということで、無謀にも今回のメンテに織り込んでみる。エア抜きとか結構ダルイけど、ここでやらなきゃもうやらないだろうからね(;´д`)

何気に純正のホースが至る所でガッチリ留まってるので外すのに苦労する。結束バンドっていうのかな、アレかなりウザイね。かなりしっかり留まってやがる@(そうじゃなきゃ困るわけですが)

フロントは、まぁ簡単ですよ。スクリーンとメータ外せば全てのバンドにアクセス可能。問題はリア。足下付近のホースが一部パイプになっているので、少々知恵の輪的に回転させながら、とかね。スイングアーム根元には、フレームから配線留めが生えてたりと、アチコチにワナがありました。

外しちゃえばこっちのもの。社外品は細いので難なくスルスルと配管。外すのに30分、付けるのに5分って感じでした。


フロントは簡単なんだけどねぇ
マスターは純正のまま。内部も軽くオーバーホールv

エア抜きは、シリンジを使って効率的に。じゃんじゃん吸い込むものの、中々抜け切れない。特にリアは配管がうねっているせいか、中々抜けませんでした。めんどくさい事のこの上なし。

でも、しっかり抜けたらアナタ、このカツカツ感がたまりませんよ!笑 レバーの稼動域は1cm程、カツっとしっかり効きます。コレコレ!コレですよ!!笑

リア側はちょっと甘いので、また後日しっかり抜くことにして。傷つきそうな部位にスパイラルチューブ巻いて完成。いやいや、中々の出来なんじゃないの。


キラリと光るこれだけですが、操作感の違いは別物


苦労させやがって…!笑

後日、バンジョー周りを触ってみて漏れや滲みがないことを確認。苦労して付けた甲斐があるってもんですなー。
[TMAX]フォークオイル交換記
前回と同じ日にやってますが内容が違うので別投稿でv

というわけで、新車時から一度も換えていないであろうと思われるフォークオイルの交換です。ホントはオーバーホールしたかったんだけど、色々手間になる(工具的に)みたいだったので今回はオイルのみの交換でGO。

純正の指定オイルは粘度が7.5という、普通に売ってない番手。純正オイルは5、10、15が用意されているので、その間にしたきゃ混ぜて!ってことなんでしょう。これでいいのか。

まぁ、それでいいとして、5と10を半々で7.5が出来上がるけど、そもそもそんなことしたらどちらも中途半端に余るし、数年に一度のメンテなので残りをまた使うのもどうなの?とか考えたら、今回はG-10一本で行くことにする。サスは固めが好みなんだよ。


車輌を固定したら、まずはフロントタイヤを外しちゃう。14mmの貫通ボルト?をアクスルに差し込んでエイヤと緩め、タイヤ、キャリパ、フェンダと外してフォークのみにする。14mmのヘキサレンチがあってもいいけど、こっちのがコンパクトでよいね。

次は上部。お顔のカウルを全バラか?と思いきや、スクリーン&メーターを外せば、フォークトップにアクセス出来る。まずはフォークのトップのキャップを緩め、その後、ステムのヘキサを緩める。タイヤ側から下側のヘキサ×2を緩めたら(これが凄く固かったね@)、フォークがスルスルと抜ける。コレで完了。


フォークが抜けると何ともマヌケな佇まい


抜けたフォークはこの通り。なんかスタビっぽいのが付いてました

フォークトップのキャップボルトを緩め(飛び出るので注意)、カラーとワッシャを抜くとスプリングが外れる。オイルはグレーで大変お疲れでした。うえっとなる嫌なニオイ。7年近く放置されてたんじゃしょうがないよなぁ。


中身とご対面。ここまでなら実にシンプル。

汚れたオイルは廃油ポイにドクドク流し込む。一度抜けたら、サスをしゅこしゅこ動かして、なるべく全部排出する。ついでにアウター&インナーを綺麗に掃除。年式の割に、結構綺麗な状態でした。

暫くそのまま放置して、廃油が抜け切ったら新しいオイルを投入。サービスマニュアルには量も書いてあったけど、廃油の残りも考慮すると当てにならないので、油面で調整。規定値は135mm。ちょっと入れすぎて133mmくらいだったかな。固めが好きなのでいいのだ。笑

一度普通に入れたら、何度かしゅこしゅこしてグジュグジュ言わなくなったら油面を測って終了。スプリングは上が目が細かい方向で入れ、ワッシャ、カラーの順に入れてキャップを閉める。

両方組んだら車体にフォークを取付け、すべて元通りにして完成。ステムに装着したらキャップボルトの本締めを忘れずに。

時間的には正味1時間半くらいかな。オイルがすんなり抜ければ基本的には入れ替えるだけなので簡単です。


気になる乗り味の変化は…まぁ、変わるよね。笑 なんだろう。足回りとかシビアに感じるタイプじゃないんだけど、その違いは歴然。微振動で粘るというか、バンク時の安定感がかなり向上しました。って、7年も放置してんだから当然だよね。抜いたオイルは水みたいだったし。

規定より固めなのは承知の上なので、そこだけ頭にあれば、特に問題ないんじゃないかと。これだけのメンテでこの効果なら、さっさとやるべきだったよね。今回は特に消耗品の交換はしなかったのでオイル代1600円しかかかってません。2万キロ毎とか言われてるようだけど、1万キロでも全然アリでしょ。

というわけで、メンテ後しっかり快適になるという正当な大満足を得られたのでしたv


--

交換部品:
サスペンションOIL G10 1L 90890-68902 1,680円

[TMAX]ドライブベルト交換記
2万キロ交換が目安とされているTMAXのドライブベルト。2万キロを超えると、V-BELTのランプが点くんですが、当然、結構な期間点きっぱなしでした。こういうメンテお知らせ系って、ランプにするほど重要か?と思うんだけど、どうなんだろう。オイル交換もランプが点くんだけど、これは車で言うところのオイル異常灯と同じマークなので、ちょっとビビりますよね。車の場合は点いたらヤバイ知らせだし。

そんなこんなで、只今の走行距離は25,600km。規定より5,000km以上走っちゃってますがどうなのかしら。

今回は、東京都の外れにあるバイク仲間のお宅で作業させて頂きます。屋内ガレージの快適さを存分に味わう所存です。笑

日帰り企画なので、朝は早めに出発。何かあって帰れない!が最悪の事態なので、そうならない為に時間は前倒しです。

当初、2時間見てたものの、「割と」普通に走って1時間ちょいで到着。こんなもんだったかな? こんなもんだったでしょう。笑 距離は60kmちょっとありました。

少々ダベって早速車輌固定。センスタ立ててハンドルを軽くリフトアップして車輌を固定します。


作業開始であります!
ガレージの装備は充実してるので快適そのもの

跨って右側の外装類を外します。この辺は適当に。アンダーカウル、ステップ辺りまで外せばOKですね。1年前に換えたフィルターは既に結構汚れてました。早いなぁ。こんなもんか。そんでケースは10mmと8mmが混在してるので全部外してカバーオープンです。


ご対面。お久しぶりの内部は特に変化はなく。

ここで、対決となるのがプーリー側の29mmのナット。前回はインパクトでプオンと一発KOでしたが、今回は別の方法で対決です。なんと、ガレージのオーナー様が秘密兵器を用意してくださってました。


テコテコン♪ 専〜用ぅ〜工ぉ〜具ぅ〜!

はい、これだけのために作られたSSTで御座います。なんとお値段7千円! 専用品というだけあって、他の事に使えませんが、これがあれば実に「普通に」作業が出来ます。作業効率の上昇は甚だしい。笑

案の定、いとも簡単にクリっと緩む。確か前回はトルク値だけ合わせてインパクトで締めちゃったんですよね。実にダメなことしちゃったんですが、今回はナットも新調するのでこれで安心です。

プーリーを外して点検。何も悪いところはなさそうです。って、軸の中の錆が酷い! どうやらココをグリスアップしてなかったようですね。ダストシールを外して内部を綺麗に磨きました。オイル溜まりがちゃんと切ってあるので、十分なグリスを入れて、組み付けます。

ウェイトローラは、特に段減りしてるまでもなく、綺麗…かと思ったけど、やっぱりちょっと磨耗してますね。2年半、15,000km以上走った割には綺麗でした。もちろん今回は新品交換です。


品番が変わってましたが重さは同じ。(逆車用)
同じ真鍮製だと思いますが輝きはちょっと違ってたような。(向こう側が新品)

ベルトはドリブン側を回せばそのまま外せます。外したベルトを観察。新車時より数えると7年近い年月が経ってるわけで、経年劣化は当然ありますね。エンジンが冷えてる時、キュルキュル言ってたし。使用限界幅が30.5mmに対して30.9mmでした。ちなみに新品は32mm。幅的にはもうちょっと使えたことになるね。(時間的に無理だけど。笑)

プーリーの掃除と、消耗品(ウェイトローラとスライドピース)を交換して組み付けます。スライドピースは向きがあるので注意。内側に来る面に「−」みたいなマークが付いてます。逆に付けるとちゃんとスライドしなくなります。

ドリブン側のフェイスを開くのに、M6×45mm以上のボルトが必要です。こいつをねじ込んでいくとフェイスが開くので、そこにベルトをセット。プーリー側もセットしたらボルトを外して、回転させてやるとフェイスが閉まってベルトが張ります。これでOK。この時、プーリー側の29mmナットは要装着。留めておかないと、ランププレートが下がってウェイトローラが溝から落ちるので組み直しになります。


ドリブン側に2本のボルトが入ってるのが分かりますか?
コイツでフェイスを広げてベルトを装着します
この後、プーリーを仮止めします

ベルトが収まれば作業は終了。29mmのナットを16kgfのトルクでガッチリ締め付け、カバーを元通りに戻して完了。外装装着前に、エンジンを掛けて異音異臭異変がないかをチェック。うん、大丈夫そうだね。

そうそう、警告灯の解除もしとかないと。こちらはキーONにして警告灯の点灯を確認したら、ドリブンフェイスのちょっと上にあるU字の戻ってるコネクタを一度抜き、警告灯が消えるまで待ちます(3〜5秒)。消えたら再度接続し、キーON/OFFで警告灯が点かなければOK。これでベルト交換の距離がリセットされるようです。


こやつを外して付けて、でリセットできるのさ

全て済んだら元通り組んで出来上がり。作業的には1時間ちょっとでしょうか。アレコレ考えたり観察しながらだったのでちょっと時間食いました。

交換したのはプーリー周りの消耗品。ダストシール上下、外周のOリング、29mmナット、その下のカラーのOリング2本、ウェイトローラ×8、スライドピース×8、ドライブベルト。

お店で頼むと、工賃は1万以上するでしょうね。部品代はベルトが1万ちょっとする関係で15,000円くらいです。詳しい値段と品番は後日アップします。

換えてみての感想としては、変な異音がなくなり静かになりました。特にエンブレ時の低いギャーみたいな音が消えてます。ウェイトローラがちょっと軽いのかスムースに動いているのか、加速の感じも良くなりました。もちろん、冷間時のキュルキュル音はなし。(・∀・)イイ!!(・∀・)イイネ!!

ちょっと敷居の高いメンテナンスかもしれないけど、やって出来ないことはない。特殊工具がなくてもインパクトで作業出来たこともあるので、そこがクリアできれば自分でやる価値はあるでしょう。

ということで、あと2万キロは安泰かな?笑 そんなに乗れるか分からないけど、十分意味のあるメンテナンスでしたv


交換部品:
 5GJ-17641-00 Vベルト 10,710円
 90179-20002 ナット 777円(プーリー留めるナット)
 93210-30611 O-リング(30X) 315円×2(カラーのOリング)
 5GJ-17653-00 スライダ 147円×8(スライドピース)
 93211-44348 O-リング(1J7) 788円(プーリ外周)
 93101-35001 オイルシール 578円×2(ダストシール)
 5GJ-17632-00 ウェイト 336円×8(WR。代替品番:5RU-17632-00)

 上記、合計17,925円。ベルトとWRがちょっとしたかな。

走行距離:
 25,600km
[TMAX]大掃除(洗車)

こんなに天気が良いのなら、マッタリ洗車が心地良い。

メッキパーツをピカールするくらいちょっと真面目に洗車してみる。当然WAXまで込みで。WAXの拭き取りはリード(キッチンペーパー)が一番だね。

年式相応のヤレは仕方ないけど、メッキパーツが光ると全体的に綺麗に見えますな。

中々よい休日を過ごしてます。あ、今日はなんとなく有給休暇取得中です(笑) 平日休みって素敵過ぎる!

[TMAX]シガーソケット追加記
長距離キャンプツーに行くとなると、困るのが電気機器の充電。携帯、デジカメ、iPodやゲームなど、旅のお供になる電気機器は結構あります。なので、シガーソケットを追加してみました。

買ってきたのはヒューズから電源を取るタイプの二口ソケット。(780円) 普通にオートバックスとかで売ってますね。ヒューズはミニタイプなので、それをチョイス。

取付け&配線は実に簡単です。バッテリーのところにあるヒューズボックスのヒューズから取るだけ。今回はファンのヒューズに咬ませてみました。


予備のヒューズもバッチリです

ソケットはメットインの中に両面テープで設置。イグニッションONで電源が入ります。これなら抜き忘れても大丈夫だね。

試しに携帯を充電してみました。ちゃんとランプがついて充電されます。問題なしですね。


チャージャーのイルミと携帯の充電ランプが点灯してます



ところで、この充電器なんですけど、今はいろんな種類が出てるんですね。車でPCの充電が出来るUSBタイプのものとか、DS用とか何種類もありました。そんな中、先日手に入れたPSPも充電できないかなぁと思ってたら、出来るんですねぇ〜。なるほど便利な時代になりました。

で、どうしたかというと、USBminiB端子のあるチャージャー(willcom用)を買いまして、その先のソケットを別で買えば使えるんですねぇ〜。携帯だけでも、docomo/Softbankとauで形状が違いますもんね。刺し口だけ変えれば使えるなら便利じゃないですか。


これが先っぽ変換コネクタ付のチャージャー(980円)
付属してるのはFOMA用とCDMA用の二つ

ローソンストア100に行くと、この変換コネクタが数種類売ってます。もちろん100円。確認した中では、FOMA/Softbank、au、PSP、DSLite、iPod、Willcomがありました。全部買っても600円。どれでも充電できると考えれば安い買い物ですね。

自分の場合、iPodはトランスミッタ対応の充電器があるので、あとは携帯とPSP及びDSの充電ですね。基本的に走ってる時はゲームしないし音楽も聴かないので挿して放置で問題なし。携帯に関しては…メットインの中じゃなくて手軽に取れるところにあったほうがいいけど(荷物満載時はメットインを開けるのに荷物を降ろす手間がある)、走ってるときは充電時間と割り切れば必要十分かなと。

何か問題があればまた記事にしますけど、恐らくこれで快適になるでしょう。

唯一の問題はデジカメかなぁ。こちらはPC経由などの充電が出来ないので、100Vコンセントが必要になりますね。電気系が強くないTMAXには100Vはちょっとツライかと思い今回は見送りです。デジカメはそこまで電池消耗激しくないしね。予備バッテリーがあれば足りるような気もします。

というわけで、旅の準備は着々と進行中。って、出発はもう明日なんだけどね。笑 台湾バッテリーが急に死亡しないことだけを祈ってます。
[TMAX]オイル交換とバンク角増幅 記
そろそろ換えないと…と思い続けて時間がたってしまいました。調べてみたら前回は去年の9月?え!?笑

分かりやすいおとぼけ具合でこんにちは。というわけで、長距離ツーも控えてますのでサクッと交換です。

オイルはいつもの通り、オートバックスのそこそこ品。エンジンに優しいぜ!が売りのCastrol Magnatec FE(3990円)です。今回はフィルターはそのまま。

軽く近所を一回りして油温を上げ、受けをセットしてドレンを外す。ホントはここのアルミワッシャ、新品交換なんだケド…次回はちゃんと交換してやらないとなぁ。軽く車体を傾けてなるべく全部排出します。


新品オイルさんと排出中の図

オイルが抜けたら新品オイルを注ぎ込んで完了。分量は窓の上限一杯まで。軽く近所を走って、異常なしを確認。所要時間20分ってところですかね。

現在の距離は18600kmだったので、前回から5500km走っちゃったようです。イカンですねー。ちょっと油断してましたね。去年は年末とか良く走り回ったからなぁ。まぁオイルに酷な夏が来る前に換えられたからいいか。

というわけで、作業完了! 長距離使用にあまりいじりたくないですが、メンテナンスは大事ですからね。とりあえずエンジンはこれで大丈夫でしょう。


で、タイトルにある、バンク角を増やしましょうキャンペーンのお話ですが。

大したことないんです。ただ単純にセンタースタンドのストッパー(ゴム製)を半分にするとバンク角を増えるよ!というネット情報を試してみました。


このストッパーを外して


半分にカット

数ミリの違いですが、根元にあるストッパーなのでスタンド的にはもうちょっと上がる感じになりますね。

タンデムや荷物満載時に倒しこむとちょいちょい擦ってたので、これで幾らかマシになるかなぁ。サスがヘタってる可能性もあるので、出来たらそのうちサスも純正品に変えたいところ。


というわけで、小細工的なプチカスタムでした。

[TMAX]ユーザ車検記
というわけで、ユーザ車検を受けてきました。

横浜の陸運局はユーザ車検の予約が一杯なので一週間前に取得。なぜだかいつも混んでますね。金曜日の朝一番にしました。午前中にしとけば何かあった時に再検査できるので。

朝からマフラーにバッフルつけて、緩んでたナンバーのボルトを付け替えて出発。9時前に陸運局入りできました。


こういうところの雰囲気って
あんまり得意じゃないよねぇ〜。笑


バッフル付けました

まずは3号館で書類と証紙を手に入れます。継続車検用紙が25円、重量税が5000円、検査手数料が1400円。用紙に証紙を貼ったら隣の建物に行って納税証明の印を押してもらいます。この時、納税証明書が必要。押してもらったら、2号館隣の代書屋で自賠責保険に加入。2年で13400円でした。安くなったよね。ちなみに前回(2年前)は20240円でした。結構な値下げだね。

3号館で書類を記入してOKなら検査開始です。ここまで特に問題なし。まぁ分からなければ職員に聞けば全部教えてくれます。

出来上がった書類一式を持って車両をラインへ。まずは灯火系のチェック。ブレーキランプ、ホーン。ブレーキやらをコンコンチェックされます。

ここでマフラーの音量チェック。社外品なら当然だよねぇ。純正の時は測らなかったけど。センスタ立てて後輪を浮かせます。

検査員「はい、じゃあ、3500rpmキープしてください〜」
gooo「えーっと、タコメータないんですけど。汗」
検査員「ええっ!?・・・・じゃあ、大体でいいや。」
gooo「大体でいいの!? ( ゜∀゜).∵.グハッ!!」

結局適当に吹かして(ちょっと控え目に。笑)、暫くたったら「はい、いいよ〜」との返事。こんなんでいいんですか。笑 まぁメーカー的には車検対応を謳ってるし、いいっちゃいいのかな。笑

次はスピードメーター、前後ブレーキチェック。どちらも問題なし。その次は心配だった光軸。タイヤをガッチリ挟まれて向きを調整されるけど、構造上意味ないんよねぇ。。。大丈夫かよ。。。と思ったらアッサリ○。っほ〜、よかったぁ。前回川崎で受けた時は、進入角度のズレでも×だったからねぇ。しかし一発でよかった。

その後は排気ガスの濃度を調べられてそれもOK。これは濃かったらもうどうしょもないよね。

全て一発で終了して駐車場にバイクを止め、2号館の受付に終わったよ〜と書類を出すとすぐ隣の窓口で新しい車検証を貰って終了! ここまでで正味30分。不慣れでアチコチで聞きながらでもこんなにすぐ済んじゃいました。

続いて住所変更。こちらは3号館で用紙を買って、裏の代書屋?で納税書の請求先の変更、その後、2号館で書類に記入して窓口に出せばOK。5分後くらいに呼ばれて新車検証が出来上がります。

二つの処理をやっても1時間ちょっと。自分で整備出来れば、車検も自分でやるのがお得ですね。予備検査を受ければ不安なところはなくなるし。来月はスポーツスターも車検なのでまた自分でやろうと思います。


やっぱりカッコイイ。笑


アッサリ終わって良かったね

■トータルコスト

<車検> 19,825円
 ・検査手数料 1,400円
 ・重量税 5,000円
 ・自賠責 13,400円
 ・用紙代 25円

<住所変更> 25円
 ・用紙代 25円

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.