G-Style

goooさん的趣味blog
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[XL1200]一足早い年末休み
今年も無事にお仕事納めとなりました。一足早いお休みを頂けたんですが、今月は休日出勤も続いてたんで代休という形を取って頂けました。いやぁ、今年も色々あったじゃんね。。。
 

朝から部屋の片づけをして落ち着いたところで、フラっと近所を流すことにします。特に目的もなく流すのもナンなので、お世話になってるショップさんのところにお邪魔してみます。



IMG_0508.jpg
今年は沢山の洋服をお買い上げしまくりました


続きを読む >>
[XL1200]スポーツするならスポーツスター
季節の変わり目は体調を崩しやすいと聞きますが、皆様お元気でしょうか。コチラはまんまと風邪にヤラれてハナタレモードに突入しています。。。今年はハナと喉ですかね。鼻声全開で、場末のスナックのママみたいな雰囲気になってます。。。(お元ん気ぃ?笑)


運動不足だと騒がれて久しいわけですが、こう見えて運動は好きなほうなのでチャンスさえあればしっかりやりたいとは常々思ってるんですよ。でもさ、一人じゃアレだし、中々機会がねぇ〜とか言って、結局何もやらない日々が続いていたわけです。外食を少し減らすようにして、若干体重が減った気がしたけど、多分それも誤差レベル。そんなんじゃ〜すぐ戻るし問題は解決してません。

そんな折、以前よりちょいちょいお誘い頂いていた草野球。野球は我流で多少かじってることもあり、ちょっと練習でもしようかと、キャッチボールくらいからお願いする事になりました。甲子園球児であった某氏の本格指導です。おおぅ、こりゃプロになれっかもしれん。。。笑


とりあえず近所のコンビニに集合。今日は気軽にスポーツスター出動。やっぱり運動するならスポでしょう。関係ないけど。笑



積載力ゼロなのでリュック持参です

続きを読む >>
お散歩と黄昏時
なんでも最近は汚ねぇ雨が降ると専らの噂ですね。。。そりゃーカラカラに乾いた時にちょろっと雨が降れば、車体に付いた汚れが動いて汚くなるのは自明の理ですが、ここんとこの雨は、雨自体が汚い、との見解です。前日に洗車して、綺麗な状態で降られてもドロドロになる、という。そんな結果が、某所の研究で明らかになったようです。。。怖いですねぇ恐ろしいですねぇ。。。(中野)


さて。空がイマイチな日曜日。最近乗っていなかったスポーツスターで散歩に出ることにする。ま、目的は最近お世話になってるカスタムショップに行くことなんだけど。もうすぐ車検なので、その相談と、最近のハーレーの新車事情なんかをね。

決して速くはないものの、この鼓動感と重量感はやっぱり楽しい。。。いつもより少しだけ高い気温も心地よく、ひゃっほぅ〜と自然に笑みがこぼれます。。。笑

一通りだべったらちょっとだけ遠回りして近所を徘徊。あれ、ここ森じゃなかったっけ?ってところが家々になってる姿を各所で見ました。○○ヒルズとか、大層な名前まで付けちゃってねぇ。。。

ちょっくら撮影しよーと思ってたのでスポット探しながらウロウロするも、結局いつもの農道に落ち着く。。。ん〜、とてもヨコハマとは思えないこの景色が、ウチの近所の売りなんです。笑


だーれもいない農道〜〜〜♪
そのシミは俺んじゃないぜ!


ちょっと距離を置いてこの姿をしみじみ眺めてみる。。。うーん、悪くない。って、むしろイイ。笑 やっぱりよく出来たデザインだよなぁ。。。幼き頃、このバイクを一目見て惚れたあの感覚は、やっぱり間違ってなかったよね。。。笑

今は好きでこんなカッコになってますけど、コレはコレで十分アリ。まだまだ手を入れたい部分はあるけど、これだけで大分スッキリして好印象だよね。。。


流行っちゃー流行に乗ったスタイルだけど。。。
ハンドルからリアタイヤまでの流れるラインがタマラン。。。笑


マフラーの形もいい感じの曲線だし、古い雰囲気が出てていいよね。


あー、なんだか自己満のキモ記事になってきたので、今日はこの辺で。。。笑 コイツとお別れすることを考えなきゃいけないのは、とても忍びないです。。。えぇ、まぁ、いずれ、いずれの話だけどね。。。

[XL1200]ちょっとした迷い
先日、都内をプラッと走る機会がありました。そうだ、アレは確か秋葉原で通り魔事件があったその日ですよ。丁度そのくらいの時間、上野辺りを走ってました。今日はやけに警察多いなーヘリすげーなーなんて思ってたらそういうことかよっていうね。微妙に紙一重な場所に居たんだねぇ…。なんか前もそんな経験したな。。。

で。溜池辺りを走ってた時のこと。一台のハーレーの後ろにつきました。後姿で車種が分かるほどハーレー達者じゃないんですけど、恐らくソレはFX系のダイナと呼ばれる車両でしょう。乗ってる人もなんか刺繍革ジャンみたいな気合入った方でしたが、それよりマフラーがドラッグパイプの爆音だったんですね。それがまた面白い程の3拍子を奏で、自分の排気音が丸で聞こえないわけですよ。

友人の883のドラッグパイプもいい音してまして、自分のバンス管に比べると高音のやかましい音が混じって乾いた感じになるんですが、そのダイナさんも思いっきりそんな感じでして。

今のバンス管は、低回転時はドゴンドゴン言う感じで太鼓叩いてるイメージの音がして、アクセル捻るとドババババって低めの直管の音に変わります。2インチのせいか全体的に低い音なので、やかましくはない感じなんですが、ちょっと抜け過ぎてる感も否めないのは正直なところ。これはこれでいいんだろうけど、うーん、もうちょっとだけ、刺激が欲しい?<聞くな

3拍子が欲しいならコイル換えろって話ですが、その前にちょっとまた1-3/4インチも試してみたいなぁなんて気になっているのです。スポーツスターには1-3/4インチがベストだ!なんて話を聞いちゃったりするとまたムズムズしちゃうわけで…。

ぬー。こんな直管マフラーに性能も何もないと思いますが、もちょっと暫く少しだけ考えてみます。(既にウォッチしてんだけどね。笑)
[XL1200]ぶらりと通勤
今日は午後から用事があって半休にしたのでバイクで通勤してみました。有料駐輪場が会社の近くにあるんだけど、台数的にはたかが知れてるのでちょっと早めの出発です。

環状2号から1号にでて、山手通りを曲がれば到着です。25kmくらいかな。45分くらいで到着。太めの道を選んで路駐車線を使えばペースはそこそこに走れますねぇ。気温も温暖になってきてるし、寒さを感じることなく快適に流せます。ドバババって走る感覚は、やっぱり度々味わわないとダメみたいで、どうしても乗りたくなっちゃいますね。(中毒だなー)

朝のシグナルレースは、いつも凄いなぁと思うけど、前車が飛ばすと無意識に飛ばしてしまいますなぁ。通勤はやっぱり楽なスクーターが多いので、全開走行してるのが多くペースも速め。車間距離とりつつ付いていくのがちょっと面白い。

午後からもマッタリ都心を流して用事を済まし、早目に帰宅して週末使うバイクの修理。うーん、なんとものどかな時間の使い方ですな。好きなことやって楽しめてるのが一番の贅沢だと感じるこの頃です。
[XL1200]ハーレーは人を集める?
ハーレーに乗って人との繋がりが増えた!なんて話、よく聞きますねぇ。まぁバイクを通して知り合った仲間は数知れませんし、普通に遊べる仲になってる人も居ますけども、先日、そんな出会いがありました。出会いったら、可愛い子が!?なんて想像しちゃうけど、全然違うからな。笑

友人宅でバイクを前にして談笑してたところ…ヨチヨチ歩いてくるお爺様発見。そのままこっちに寄ってきて一言。

「ちょっと見せてやぁ」

ほっほーハーレーか。なんしーしーだ。俺も乗っとった。べーんーびー(BMW)のほうがいーだろ。

なんだかんだで15分くらい絡まれました。笑 まぁバイクが好きだってぇから成り立つ会話ばかりなので、別にいいんですけどねぇ。挙句にちょっとエンジン掛けてみろって言うんですよ。近所迷惑になるからって言ってもちょっとだけだからって。

ドルン!と掛けると「うるせーっ!」

俺はこの音は許せないとか散々言いながら消えていきました。結局なんだったのかよく分からなかったけど、帰り際に俺を抜いていけと支持されたので後ろから抜いて排気音を聞かせてあげました。親指立てて笑ってました。

バイク好きはいつまでもバイク好きなんですなぁ。ただやっぱりこのマフラーはちょっとヒンシュクモノっぽいですねぇ…汗
[XL1200]これぞアメリカンクオリティ?
ウキウキなのは察しの通りなんですが、別に用がなくてもプラッと出掛けようかなって気になるんですよ。そんなわけでガサゴソ用意してると、姉貴が元町に用事があるっていうんで乗っけていくことになりました。初タンデムです。

低重心のせいか後ろの人が全く気になりません。サスもフルボトムすることもなく実に快適なタンデムでした。後ろも安定感があって全然怖くないとのこと。(VMAXの時は悲鳴が絶えませんでした…)

元町に到着して一通り買い物を終え、んじゃ港北方面に行こうかなとエンジンを掛けた時に事件が起きました。笑 セルオンでバックファイヤ。バスッと言ったかと思うとキャブが外れてます! ゆっくり立ち上る白煙。えぇぇぇぇ!ですよ。

以前に聞いた、キャブは挿さってるだけだって話は、まさかこういうこと!?と思ったんですが、こんな簡単に外れちゃうのは工業製品としてオカシイだろと思い、元々どーゆー作りなのかを電話で聞いてみました。

gooo「キャブって挿さってますけど、どこにも止ってないんすか?」
友「そんなわけないじゃん。普通は止ってるよ。」

そ、そりゃそうだよな!笑 いくらなんでもそんなに安易な作りなわけないし。とりあえずウチだけの問題っぽいのであとでチェックするとして、キャブを元通り組み付けてみると無事にエンジンが掛かりました。

っほ。まったく誰か居る時に限ってトラブル起こしやがる…。笑 姉貴に悪い印象持たれちゃうじゃんかよ…。(ハーレーは壊れる!っていうか壊れてる!みたいな。笑)

そんでちょっと気をつけながら走りつつ港北での買い物も終え、さぁ帰宅って時に、信号待ちから発進でバスッ!笑

で、出たな!笑

3車線の真ん中に居たから焦りましたよ。謝りながら路肩に寄せ、再度装着。その後はエアクリをニープレスして帰ってきたのでした。ふぅ。なんか疲れた。笑

あとで確認してみたところ、どうもエンジンがあったまると、熱でゴムの部分が柔らかくなってきてこうなるっぽい。っていうかその前にそもそもネジ止めされてるハズだってことなので、エアクリ部分のチェックが必要だね。

出先のトラブルは慣れたもんだけど(今まで色々ありましたからね…笑)、ほぼ純正でこれはちょっと驚くね。きっと前オーナーがなんかやったんだな。一度総点検したほうがよさそうだなぁ。
[XL1200]自分なりのインプレ
まだちょっとだけど色々使ってみての感想を書いてみようと思います。

ハーレーの入門車として見られがちのスポーツスターですが、値段やスタイルからしてもそれは言えることだと思います。中古車であれば国産とさほど変わらない相場ですし、ネイキッドスタイルに近い乗車姿勢。この辺は万人受けします。これがスポーツスターがハーレーの世界へ入りやすくしている所以と思います。

大型免許を取って久しいですが、今まで乗ったことのある車種は、RZ350、ゼファー400、CB400SF、ドラスタ400、エリミ250SE、TW200、CB750(教習車)、VMAX、S1ライトニング、シャドウ750、TMAX、XV1600などです。それなりにハイパワー車の経験もあるので、今回のインプレ参考にして下さい。

エンジンをかけてすぐに感じるのは、この独特なアイドリング音と鼓動感。国産では出せない伝統の雰囲気ですね。低くて響く、そしてゆっくりしたアイドリングは、ハーレーであることを感じさせます。リジットマウントなのでこの時点で車体は共に揺れています。国産じゃありえないですね。

跨ってみると足つきは良好。184cmある自分ですからバイクに跨って足が付かないことはないです。外人体型なのでポジションもしっくりきます。標準的な日本人体型ですとちょっとハンドルまでが遠いかもしれないですね。自分でも真っ直ぐ両手を前に出した辺りにグリップが来ますので。

シートは固めでコシがあり、段差があるので加速時に身体を抑えてくれます。ペラペラの薄いシートだとオシリが後ろにズレそうです。長距離はまだ未経験ですが、国産のシートと比べると結構固めなので疲れにくいと思われます。

走り出してみると、加速感はそれなりにあって遅くはないと思います。重い塊が進んでいくイメージの加速感です。(ふわーっと来るスポーツ車の加速とは違います) 引張ると次第にドコドコ感が細かい振動に変わり、車体全体がバイブレーションするような感じになります。ビィィィィといった感じの細かい振動。手が痺れます。大体4000rpm以上になると激しくなります。(ちなみにS1ライトニングの時はこの振動が全く感じられなかった)

でも街乗りで4000rpm以上回すと結構な速度になると思うので、2000rpm前後でドカドカ言いながら走るのが楽しくて気持ちがいいです。排気音もさることながら、太いトルクで「流してる」感が凄く楽しいです。流すとは言え、100km/hまではあっと言う間なので、交通の流れは十分リードできます。

意外にもブレーキは利くと思います。パニックブレーキや絶対的な制動距離で言えば国産の比にはならないんでしょうが、安全な車間距離や速度で走る分には全く問題ありません。リアブレーキがかなり良く利くので、うまく使いこなせると役立つと思います。

ワインディングなどのコーナー性能は、そもそも求めてないのでなんともいえませんが、純正タイヤだとかなり固めみたいなので、ほとんどゼロと言ってもいいみたいです。スポーツ系にイジるならそれもありかと思いますが、これだけ重い足回りをどうにかするよりも、別車種を検討したほうがいいでしょうね。ホイルだけでかなり重たいです。

積載量は皆無です。リアシートにゴムで縛るくらいしか出来ません。書類や純正工具すら積むスペースなしです。小さな革のバッグをヘッドライト下やフレームの下側、リアに大きなバッグをつけるのが一般的みたいです。

現在多いエボリューションエンジンからは故障が少ないようです。オイル漏れが当たり前の外車の印象が強いと思いますが、EVO以降ならそんなに心配要らないとのアドバイスを頂きました。実際自分のマシンも1万キロノートラブルだとか。

あとは…やはり「ハーレーに乗っている」という自負じゃないでしょうか。信号待ちで並ぶとチラっとでも見られますし、以前は自分も不思議と見てしまっていました。ある意味でステータスにもなるそれは、決して不快なものではありません。自信持っていいと思います。笑

長々書きましたが、結局のところ「雰囲気」で乗るバイクなのかなって気がします。実用的な「足」として使うなら国産がオススメですし、そのほうが何かと安心、無難です。道具として使うなら×、趣味や楽しみとして使うなら◎です。乗って楽しいと思えるバイクってそうそうないと思いますが、ハーレーはその楽しみを感じさせてくれるかもしれません。
[XL1200]XL883との比較
今日は、自分がハーレーの世界に入るきっかけになった友人のXL883と会合してきました。まだXL1200を買う前にちょっと乗らせてもらったXL883。人生初ハーレーとなったそれは、鼓動感、音、トルク感、その全てが楽しいものでした。意外と走るじゃん!が最初の印象。

普段TMAX(500cc)に乗ってますが、XL883でも十分じゃね?と感じたのは、速度感やらなんやらと色々あるとは思いますが、一応900cc近くあるバイクですから全く遅いわけないですよね。

でもXL1200にある程度慣れてしまうと、やっぱりその差は感じてしまいます。トルク感は全然違いますし鼓動感もまるで別物。よくスポーツスターを買う時に1200と883ってどっちがいいの?って迷う人が多いみたいなので、拙いながらその差を書いてみようと思いました。

●車両データ
[XL1200]
97年式、シングルプラグ。エンジンはリジットマウント。
基本的にスクリーミンイーグルのライトカスタムで、マフラー、シートなど。
ドレスアップパーツが多く機関系は無改造。

[XL883]
04年式、ラバーマウント。
ダイナS、ドラッグパイプ、社外エアクリ、ローダウン、アップハンドルなど。
一通りカスタムしてあり、ほぼ直管で乾いた音が響く。

●トルク感
全く持って別物。1200はトルクもりもり感があり、走りに余裕がある。追い越しや再加速の際にアクセルを捻った分だけ前に進んでくれる。対して883はいっぱいいっぱいな感じが否めず、ガンバレー!って感じの加速をする。遅いわけじゃないけど速くはない。全開に出来る時間が長い感じで、いい意味で使いきれてる感はある。でも低速トルクはかなりあるので、40km/hくらいでもトップギアから頑張れる。(この時の音が凄くいい感じ)

●排気音(リズム)
これも全く別物。883はダイナSが組んであるせいか、かなり低めのアイドリングでしっかり3拍子を奏でる。ドラッグパイプなので音の歯切れもよく、ハーレーらしいアイドリング。でも音質の太さや低さはやっぱり排気量のある1200に分があるかな。1200もアイドリングをどんどん下げていくと3拍子っぽくなる(500rpmまで落とすとかなりナイスな音になった)けど、回転が低すぎるとよろしくないなんて話もあるので、下げすぎは現実的ではないかな。(純正のアイドリングは950rpmだそうで) ボアとスクロールの比から考えて1200で883のリズムを出すのはやっぱりちょっとキビシイのかなぁ。

●振動
1200はリジットマウントのせいか回すとかなり振動が来る。ドルルルルと震える感じ。4000rpmくらいまでが実用域かなぁ。それ以上は振動が激しくて手が痺れる。一方の883はラバーマウントのせいか実に快適。振動らしい振動は伝わってこない。でも歯切れのよい音はちゃんと聞こえます。
883のアイドリング時のエンジンの鼓動はちょっと感動する震え具合。まるで生きてるみたいにブルッブルッと動きます。その点1200は車体全体がブルブルしてる感じで、エンジンが生きてるみたいには見えないかな。アイドリングの低さで変わるんだろうけど。

●総合的に…
例えるなら、883はしっかりハーレーしてますが、1200は国産車にちょっと近い感じです。883と乗り比べるまでは1200の振動も鼓動みたいで心地よいと思ってましたが、883に跨ってアイドリングしてる時の鼓動感はまるで別物。これぞハーレーじゃね!?と素直に思いました。実際に走ってみた時の鼓動感はそんなに変わらないので、トルクのある1200のほうが扱いやすいし「大型」に乗ってる感じは出ます。回転が上がるとビィィィ!っと来る振動がキツいですけどね。

簡単でしたけど、インプレでした。全く同じベース車での比較じゃないのでホント参考程度ですが、883が好まれる理由が分かった気がします。ハーレーらしさという意味では883に分がありますね。1200はハーレーらしい鼓動感を捨てて、実用的なトルクをつけた感じだと思います。ボアしか変わらない車両とは思えない違いには少々驚かされました。

とはいえ、やっぱりハーレーに乗るからには止まりそうなアイドリングや鼓動感などを味わいたいので、給排気を色々いじってみて、ハーレーらしさを出して行こうと思います。
[XL1200]これぞハーレー
先日の日記の反応が薄いこと薄いこと。まぁアレだけじゃあ車種がなんだか分からないでしょうから無理もないと思いますけど、あれ、ハーレーですからね。(マジで) ついにお前もここまで来たか…って感じですよ。


ほらね。笑

なんでまたこうなっちゃったのかって? まぁ色々考えました。ホントに色々考えました。外車は見栄で乗るものだと思ってました。高性能、高剛性、安全性や操作性に至るまで、全ての点で国産車に死角はありません。それだけ優等生。壊れないしメンテナンスにかかる費用も比較的安い。安心ですよ。

それに比べて外車は、そもそも車両自体が高い、部品が高い、よく壊れる、維持費がかかる、等などデメリットばかりが目立つわけです。一昔前まではホントにそうでしたから、そういうイメージが出来てもおかしくないでしょう。

でも日進月歩の工業製品。数年前から全く進歩がないなんてあり得ないじゃないですか。それは当然外車にも当てはまるわけで、今の外車は昔ほど壊れないし、日本にディーラーがあれば部品の供給もそこまで時間がかかるわけでもないわけです。

そんな折、身近なバイク乗りがハーレーに目覚めます。正直、驚いたし、正気の沙汰とは思えなかったんですが、その選択肢はカッコ良すぎたのです。笑 その方の親戚がハーレーのお店のオーナーと聞けば、何かあっても安心じゃないですか。こうやってどんどん不安要素が消えていったのです。

ここまで書いて思ったけど、どんな薀蓄を語っても何の意味もないのです。乗れば分かる楽しさがある。ホントにコレだよ。コレ。乗らなきゃ分からないんだって。だから乗ってみたらいい。

そんなわけで、バイク乗りの極地とも言えるハーレーに到着してしまいました。自分が求めていた、憧れていた、鼓動感やバイクとの一体感。色んなバイクに乗りましたけど、乗ってるだけで楽しいと思えるバイクは初めてです。五感を刺激するこの感覚は、ハーレーだけなのかもしれません。(病気)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.