G-Style

goooさん的趣味blog
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • [キャンプ]MURACO NIMBUS 4P購入記
    gooo (03/08)
  • [キャンプ]MURACO NIMBUS 4P購入記
    9K (03/06)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    gooo (03/06)
  • [WRANGLER UNLIMITED]富士山キャンプ記
    gooo (03/06)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    カン (03/04)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    てつ (03/01)
  • [WRANGLER UNLIMITED]富士山キャンプ記
    てつ (03/01)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    gooo (02/28)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    basix (02/27)
  • [WR250F]モタード化してみた記2
    gooo (02/25)
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[キャンプ]道志の森でデュオキャン記
人生色々。男も色々。


全くその通りですね。。。人と比べたって何にもならないのは分かってても、そうなってしまいがちなのが弱いところ。このフレーズが大ヒットした方が最近亡くなりましたが、人の死ってのも空しいものがあります。突然この人生が終わっても、それはそれなのかなぁ。。。なんて思いますが、誰も止めようがないものだもんね。おっと、重たい話はこの辺で。。。


そんなわけで、前回の続きみたいな感じですが、別記事として更新します。ネタとしてはキャンプ色が強すぎるので、ツーリングカテゴリにはせずあえてのキャンプタグで書くことにしました。はい、実にどうでもブログ管理事情ですね。


キャンプの約束をしてたぢめんと12時半に集合し、軽く3人でダベったらそのまま出発です。てっちゃんはバイパスの途中でサヨウナラ。そこからは矢の如く空いた東名を疾走します。クルコン最速設定に近い、かなりいいペース駆け抜けます。ぴったり付いてくる白いスポ。。。厚木ICで降りたらあとは宮ヶ瀬経由のマッタリとワインディングです。


道志みち入って暫く行ったセブンに着いたのが14時前だったのかな。時間は定かじゃないですが、早目の現地入りが目標だったので、ここまで一切休憩なしでございます。ちなみにここのセブン、キャンプ用品が充実してます。紙皿や軍手、キッチンペーパーなんかも良心価格で取り揃えてあるのは嬉しいですね。そしてもう定番となっている淹れたてコーヒーで一息ついたら出発です。


IMG_0036.jpg
いつにも増して荷物満載なのにはわけがあります


どうしたらそうなるの?ってくらいのスピードで走る行列の先導車。。。抜くに抜けず、だらだらと付いていくのみなのは、折角のワインディングが台無しですね。これも何かのタイミング。しゃーなしです。


道の駅にすら寄らず、目的地である道志の森へ。連れのぢめんが、ココの常連レベルで調査済みなので、オススメサイトは基本的に限られています。しかし彼は少しストイックなので、素人にはオススメ出来ません。なんせ「誰もいない、他人の灯りも見えないとこ」がベストスポットらしいので。。。笑


前日の台風の影響が出ているとアレなので、水はけの良さそうな場所をチョイス。秘境感漂う奥の方のサイトを確保しました。日・月での宿泊なので、先客は誰もおらず貸切状態です。


IMG_0037.jpg
上の方は落ち葉があって、半紅葉って感じでございました


ここ、川のすぐ近くなんですが、かなり雰囲気いいです。このキャンプ場の最上流なので、水源を押さえた感じですね。何か流せば、全員に届くポジションです。違うか。。。


前日の雨のせいでかなり水かさが増えており、水の音がうるさかったんですけど、まぁそれも楽しみの一つです。常連さんによると、この水の量はハンパじゃねぇ!んだとか。そーなんですね。。。笑


IMG_0042.jpg
夏なら間違いなく水遊び確定なサイトです


サイトが決まったら荷物を降ろして早速設営開始です。今回は、幾つかニューアイテムの投入があるんですが、その第一弾として、ドーム型テントをリニューアルしてみました。今まで使っていたコールマン ワイドツーリング X/2は、大変合理的で使い勝手もよく、収納サイズや値段もバランスのいい製品です。テント歴では二代目のテントですが、かれこれ4年くらい使ってる割に、撥水性とか未だに全然問題ありません。良くできてます。


ですが、焚き火による穴なんかもあり、幾分くたびれてきた感は否めないので、そろそろ引退させてもよいかなぁと思ってました。そんな折、欧州ブランドのNORDISKのテントが展示品で半額になっているのに出会ってしまい、勢い半分で飛びついてみたのです。これも何かのタイミングでしょう。。。


まっとうなイイワケとしては、インナーサイズの長辺が230cmあることですね。大概の製品は210cmが殆どですが、これだと形状によっては微妙にインナーに触れるんですよね。ワタクシ、多少平均より長めの寸法が必要な身体なので、結露したインナーがシュラフや顔に触れるのは非常にアレなんです。。。


今回導入したNORDISKのJernberg(ヤーンベリ)は、クロスした4本ポールで自立し、構造的に耐風性が高く、グランド・フライの各シートも耐水性が高め、そしてインナーの形状が高くて広い点がメリットとなりました。前室が殆どないのは欠点ですが、小さいタープを併用することでその点はカバーですかね。1人の時は室内に置けないこともないし。。。


IMG_0045.jpg
型落ちなので、この色はもう絶版だそうです


お値段がちらっと見えてますが、これが半額ならアリかと思います。定価だとちょっと手が出ないというか選択肢から外れる製品ですよね。


早速設営します。公式サイトに設営方法のYOUTUBEがあったので、一応見ておいたんですが、インナーにポールを刺していく方式で4本のポールを通せば自立する状態になります。



IMG_0047.jpg
下のブルーシートはお約束


ポールは色分けされているので通し間違えることはありません。ワイドツーリングX/2に比べると、一回り細いポールでしたが、4本あることを考えると強度は十分かと思います。


ただ、このタイプは雨の日の設営には向きませんね。ひっくり返してポールを通せばそーでもないのかな? でもそうすっとインナーが汚れるよね。あ、そもそも雨の日はほぼ張らないか。。。笑


IMG_0049.jpg
フライシートを掛けるとこんな具合


風のことを考えての形状かと思いますが、モスラの幼虫みたいなこの形状は好みが分かれるところでしょうか。前後に前室があるので、それなりに荷物は置けますが、応急用ってレベルで煮炊きは無理なスペースです。


使ってみて思ったことは、入口が意外と狭いので、テントに入る際、フライに背中が引っ掛かります。。。これはワタクシのサイズの問題かもしれないけど、決して間口は広くないと言っておきましょう。。。笑


IMG_0052.jpg
一緒に購入したNASAのエマージェンシーシートを敷いてみた図


もう少しあったか味のあるレジャーシートにしようと思ったんですが、サイズ的にイマイチなので、ピッタリだったこいつを同時に買ってみました。あったかさと言うよりは、地面からの底冷えを防ぐ目的の断熱シート。でも今回はコットにしたので恩恵は微妙ですかね。。。

インナーの広さは、ご覧の通りです。っても、ピンと来ないと思いますが、230cm×140cm×107cmはかなり広く感じます。高さがあるのと左右対称なので、端まで使えていい感じですね。


IMG_0183.jpg
翌朝撮影。。。なんだか画的&色的にアレなのはご容赦ください。。。笑


てな感じの、インプレッションでした。ペグがちゃっちいとか、袋がペタペタするとか、細かいところは日本製に軍配な部分もありますが、欧州の極寒企画のテントは、日本の湿潤気候にも耐えうるクオリティかと思いました。この辺は色んな季節に使ってみて感じたことを都度書きたいと思います。


IMG_0051.jpg
って、なんで2張りあるワケですか?笑


このセール情報をぢめんに伝えたら、ソッコーで買いに行って違うタイプをゲットしてました。。。笑 今使ってるのは譲ってもらったテントなので自分のが欲しかったようです。感性が近い彼は、やはり同じ感じのポイントを気にしており、ぴったり来たみたいなのでお買い上げに至ったようです。今思うと、彼のタイプは前室が大きくて使い勝手は良さそうでした。



やっべ、テントの話だけで長過ぎた。。。まだ続くんでお付き合いくださいませ。。。


続きまして、次のニューアイテムはコットです。先日の記事で紹介したモノですが、フィールドデビューは今回が初。初も何も別になんてことないですが、長いマット生活に別れを告げてのデビューとなりました。


IMG_0053.jpg
コイツでございます


収納サイズ71×18×7.6cm、重さ3.85kgと、そこそこの荷物ですね。でもコットってどれもこのくらいのサイズと重量だし、ましてこのGO-KOT(ゴーコット)はマトモな方かと思います。とかいってるけど、一番の決め手は「耐荷重158kg」だったのはココだけの秘密でございます。。。笑


お値段は多少の割引があって1.5万円。他製品に比べてもそこまで割高でもないし、スペック的には妥当な感じだと思います。Made in USAってのも好きな人にはタマランのではないでしょーか。。。笑


IMG_0054.jpg
早速開封してみましたの図


中身はコット本体と脚のみです。足はスチール製なので少々重いですが、本体はアルミなのでそんなに重たくありません。三つ折りに畳まれてるので、左右に開いて広げ、脚を穴に入れていくだけで簡単に設営出来ます。英語の説明書を読んだ限りでは両サイドから脚を組むとスムーズだよ!とのことですが、正にそうでした。


IMG_0055.jpg
真ん中は脚が2本ずつになり、耐荷重を稼いでいるんだと思われます


コットの組み立ては特に力は要りません。非力すぎる方はアレかもですが、ぐっと押してやればすっと入ります。Made in USAの加工精度が多少心配でしたが、特にガタつくこともなく、全く問題ないレベルの精度でした。あまり期待していなかったんですが、意外とモノがいいですね。


で、今回はついでにもうひとアイテム追加してあります。。。まぁ基本的に不要かと思ったんですが、コチラも半額になってたのでついでに、、、みたいな感じですね。コット用のマット?なんですけど、コットの素材感が気になるならお試しアレ的なアイテムのようです。


IMG_0056.jpg
これもちゃっかりNORDISK製品ですけども。。。


コットに敷いて、ベルクロで留めるだけのなんでもないモノなんですが、寝心地を少しでも良くするアイテムのようです。あってもなくても大差ないかもしれないけど、折角買ったんで巻きつけてみます。


IMG_0057.jpg
んん〜〜〜、なんだか微妙?笑


まぁ、色的にちょっとアレになってしまいましたが、寝具として考えたらアリなんじゃないですかね。。。必須アイテムではないと思うので、今後の出番は微妙な気がしますが、より快眠するって意味では、使う機会もあるかと思います。。。


で、GO-KOTですけど、気になる点が一つだけ。コットに乗り降りする際や、寝返りを打ったりすると、幕とフレームが擦れてギコギコ音がします。ギコギコって表現は微妙な気もしますが、ピンと張った幕が擦れる音と言うか、ギチギチ音というか。他のコットをお使いの方々にはこんな音しないよ?と言われたので、このコット特有の問題なんですかね。フレーム部分に何かしら布でも巻いとけば解決するレベルの問題かと思いますが、気になる方は気になると思うので明記しておきます。


個人的には使ってみて全く不便を感じなかったし、音も全然気にならなかったので、個人の感性によるところも大きいと思いますが、収納袋が本体と脚で仕切られてたり、肩で担げるようになってたりと、何気に嬉しいポイントも多いので、予算の都合が付く方はオススメかと思います。


ふぅ、コットの説明も長すぎるね。。。笑 こりゃ別コンテンツにしたほうがいいくらいかな? キャンプ道具レビューってカテゴリを新設しようか迷うレベルですね。。。笑



そして、お次のニューアイテムは、スノピの焚き火台Sですね。ずーっと前から欲しくてチェックしてたんですが、周りにどんどん先を越されて遅れを取ってしまいました。でも使ってみて納得の良さがあったんで、ご紹介しときます。


IMG_0058.jpg
バイクへの積載が条件なのでサイズはS一択でした


コンパクトでワンタッチに折り畳めることに相当尽力してるであろうスノピ製品ですが、コイツも例に漏れず収納時のコンパクトさが光ります。また、導入に至った理由の一つに、グリルとしても使えるオプションがあることが大きかったですね。焚き火とグリルの両立は、コンパクトにやろうとなると中々難しいんですけど、この焚き火台はそれを実現しています。焚き火台ったらユニフレームのファイヤーグリルを使ってる人が多いと思うけど、収納サイズが嵩張るなぁと思っているなら、コイツをオススメしときます。重量は少し増すと思うけど、燃焼効率と姉妹寸法だけでお釣りが来る出来だと思います。


IMG_0173.jpg
実用性とデザイン性を両立させた、ナイスな商品だと思います
ちなみに奥は焚き火に欠かせないユニフレームのファイヤースタンド2


というわけで、ニューアイテムのお披露目は以上になります。何気にペンタも中古で譲って頂いたりして追加したんだけど、これ以上長くなるとアレなんで、キャンプの話を進めましょう。。。



設営してアレコレやったら、辺りが暗くなってきました。17時で真っ暗ですね。もう完全に冬モード。今夜のメニューは予め決めておいたすき焼きです。食材のカットも全部家でやってくると言う徹底ぶり。いや、何気に買い出しから現場でやると時間掛かるのよねぇ。。。



IMG_0060.jpg
相方が譲らなかった鹿児島風のすき焼き。基本的にすげー味が濃いです


IMG_0063.jpg
といいつつも、生卵と絡めたらとってもマイルドで美味!


すき焼きは間違いないですね。いつ食べてもうまい。まずかったことがない。日本料理の代表になるのも頷けます。鍋は野菜が沢山食えるのであまり肉々しい感じもなくて良いと思います。笑


先ほど紹介した焚き火台S。その形状のせいか、何気に燃焼効率が高く、少しの風で十分な火力が得られます。炭の燃え尽き方も綺麗さっぱりで中々良い感じです。ちなみに純正の炭床は使ってません。車載するには重すぎるので。。。代わりに100均の焼き網が丁度いいとの情報があったので今度探してみます。



IMG_0065.jpg
メラメラと炭火が持続。ダッチも置けるグリルネットは高さの調整も出来て便利



ちなみに今日はそれぞれペンタを駆使して、ダブルペンタスタイルでやらせてもらってます。イマイチだけど、案外悪くない組み合わせだったと自負しております。。。笑


IMG_0145.jpg
これぞ、ダブルペンタスタイル。笑


お湯割りを楽しみながら下らない話で延々と盛り上がり、辺りは深々と冷え込んできます。流石は紅葉の季節、野宿するにはちょいと寒いよね。こーなってくると本格的な焚き火のスタートです。焚き火オンリーなら、ユニフレームのファイヤースタンド2が適役。こいつもお気に入りの道具の一つです。どんな炭も粉になるまで燃え尽きます。


IMG_0070.jpg
本気の焚き火マンがいると薪から本気です。。。


燃える火を見て、物思いに耽る。。。なんつーか、何にも考えてないんですけど、ぼーっとして炎の揺らめきを眺めていると、何かが感化されますね。都会の日常にはない何か。。。それって何だろう? そもそも火ってなんだろう? え?危ないですか?笑



IMG_0078.jpg
手元では残飯の保温とお湯沸かしを欠かしません。笑


色んな火の表情を見てると、不思議ですね。写真を撮るとその瞬間が切り取れますが、一瞬にしろ、凄い表情をしてることがあるのがちょっと面白い。。。これ何に見える?と聞かれた適性検査よろしく、何かに見えたらなんちゃらみたいな診断をやるともっと楽しめるかも知れません。。。笑


IMG_0089.jpg

IMG_0122.jpg


薪が若干湿気ていたせいか、勢いはさほどなかったようにみえるけど、十分な火力の前にすべてが焼き尽くされていきます。。。ちなみにこれらの薪は、薪屋で買った立派なもの。その辺の支給品とは、火持ちが違います。


森の隙間からは満天の星空。台風一過の晴れ具合、期待してましたが想像以上でした。撮影した写真はアレだったんでお見せできませんが、星空撮影中に撮れた不思議な写真がコチラです。


IMG_0156.jpg
なんてこたぁない写真ですが。。。


手元のライトの灯りが枯れ葉に反射して幻想的?な世界が写せました。長時間露出撮影では、こんな面白いものも撮れたりしますね。初だったのでちょっと驚きました。



そんなこんなで、焚き火が終わる少し前に、先に寝ることにしました。焚き火マンはいつまでだって焚き火したいんでしょうから、あとは自由にやってくれってことでおやすみなさいです。フィールドに出る目的の一つに、ゆっくり寝るってことがあるんですがあれこれやってるとあっという間に0時を回ってしまいますね。。。そして寒かったりすると熟睡できず結局疲れるという負のスパイラル。それはイケてないので、寝具に妥協は許されません。。。とにかく、おやすみなさいまし。。。笑


IMG_0132.jpg
アルコールランタンの優しい灯りに見守られながらの就寝となりました。。。



 * * *



翌朝。完全な熟睡のあとの目覚めでした。この環境で寝れないとかあり得ない!ってレベルの装備です。これで寝れなかったら布団でも寝れてない可能性が出てきます。そのくらい心地よい睡眠でした。。。


といっても、起床は7時くらい。とても早いとは言えない朝ですが、なんだか物音が聞こえます。キャンプ場ではあまり聞かない音。。。


キュイィィィン・・・キュイィィィィィン・・・コトコト・・・


未来型のロボットでも攻めてきたか!?と思い、テントを出てみると、白い物体が動き回っています。。。な、何だあれは!?



IMG_0167.jpg
三菱社製のパジェロじゃないか!


なんと、相方がこの為だけに持参したラジコンでした。。。バイクキャンプでこのサイズのラジコンを持ってくるあたりに本気具合を感じて頂きたいのですが、4本の予備バッテリーを持ってきており、キャンプ場内をウロウロするお供には最適なペットとなったのでした。



IMG_0172.jpg
流石はパジェロ、走破性の高さは折り紙つき。笑


ラジコンをしながら場内散策。下の方のサイトまでぐるっと視察に行きます。流石に平日なのでガラガラですね。そして動き回るラジコンへの反応も上々。。。案外みんな興味はあらうっぽいね?


マトモに触ったことがない自分でも、それなりに運転を楽しんでみる。敢えて悪路に突っ込ませたり急な坂に挑戦したりすると実車さながらの動きをするのでリアルで楽しいです。んん〜、意外と悪くないかも。笑


テクテク歩いてサイトまで戻ります。まずは熱いコーヒーを淹れて目を覚ましましょう。


IMG_0176.jpg


ドリップパックとは言え、美味しいコーヒーを楽しんだら、朝食の準備。朝ごはんはやっぱり和定食。このところの定番です。最近すげー味噌汁がうまく思えてなりません。スープの類は色々飲んできたけど、味噌汁の安定感は半端じゃないですね。年取ったのかなぁ。。。


IMG_0177.jpg
昨日の残飯も一緒に処理します


チキンが一枚余ってたので、ニンニクと一緒に香草焼きにします。しいたけはそのまま焼いて、朝食プレートの付け合わせに。なんでも焼いただけでうまいんだから、大地に感謝な瞬間です。大げさか。。。笑


IMG_0180.jpg
そして、ド定番のアジの干物


少しだけリッチな干物を準備していたので、焦がさないようこんがり焼き上げます。アジの干物は最高ですね。シンプルで大変おいしい。金目や鯖も嫌いじゃないけど、やっぱりアジが好きなんです。


ご飯もばっちり炊けたので、プレートにして朝ごはんの完成。ご飯の炊き上がり時間を見誤ったのは失敗だったけど、納豆も追加して豪華な和定食を楽しめました。大自然の中の朝食は気持ちが良くて、たまらんね。


IMG_0181.jpg
やっぱりコレが一番です。。。


お腹が道たら、ちょっと見せてくれとゴーコットに興味を示す相方。早速ごろんとして寝心地をチェックしております。。。


IMG_0184.jpg
ゴーコットに興味津々の相棒


相変わらず、先人のいいとこ取りをして世渡り上手な相棒は、早速このコットを吟味してました。寝心地やら強度、重さやサイズなど、やっぱり現物を見るのが一番だもんね。


そんなこんなで、楽しい時間を過ごした後は撤収です。道具が多くて片付けが大変ですが、これもすべて楽しみの代償。片付け自体は嫌いじゃないですが、やっぱり色々持って来すぎている感が否めないので、もう少しシンプルなキャンプをする方向にシフトしたいと思います。とか言っても、大勢来るとなると、張り切っちゃうんだけどね。。。。



IMG_0185.jpg
結果、すっかり秋キャンプとなったのでした



結局、現地を15時くらいに出発し、帰りにちょろっと寄り道して18時には帰宅したのでした。東名が集中工事の影響で少し混んでたけど、あとはすいすいだったんでなんてこたぁなかったね。平日はやっぱり色々と空いてていいなぁ。。。


ただの一泊キャンプで、どーしてこんなに記事が長くなるのか甚だ疑問ではありますが、読書好きな当ブログ読者の皆様には読み応えがあったんじゃないでしょうか。え?普通にめんどいって?笑


とりあえず、今後は文章はなるべく少なくしていこうと思っていますので、どうか生温かく見守って下さればと思います。。。皆さまのご愛読に感謝しております。。。笑

コメント
from: ぢめん   2013/11/14 9:37 PM
死ぬ前にバイクの名義変更なら預かるぜ??www

ラジコン買った??笑
次回は、デュオラジ楽しみにしてるよ〜♪
from: gooo   2013/11/15 2:16 PM
> ぢめんさん
根こそぎ持ってくつもりですか。。。
遺書にテントは譲るように明記しとくよw

ラジコン、未だノーチェックです。
長い目で見てて下さい。。。w

from: ぴーちゃん   2013/11/18 12:50 PM
キャンプの朝ご飯は前日の残りが定番ですがここまでしっかり作るのは凄いですね。
正直驚きです。

機材といいバイクで行ってるとは思えません。
from: gooo   2013/11/18 7:25 PM
> ぴーちゃん
和朝食、最近のブームです。笑
いつも食材は買いすぎるので、
事前に家で用意していくと無駄がなくていい感じです。
もう何度もやってるのによーやく気付きました。。。笑

そして、あのバイクだからこそできる所業ですね。
まだ余裕があったりするんですよね。笑
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274237
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.