G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[Ninja1000]サーキット初体験ツーリング記
ちょっと動くと汁が滴る季節になってきましたね。。。


色々気にして久しい30代なんですが、悪あがき的にマラソンなんぞをちょいちょい実施しております。。。なんだって好き好んで苦しい目に遭いたいのか全く理解できないマラソン。。。体力づくりにはもってこいかと思いますが、なんていうかまぁ、運動不足の解消という観点でね、無理強いしながらチャレンジしているわけですよ。結果は全然出てないけど。笑


そんなオッサンの唯一の楽しみが二輪だったりするんですが、今回、ひょんなことからサーキット体験が出来るイベントに招待されまして、かなりのドタ参だったんですが枠があるとのことで試しに行ってみました。サーキットね。二輪に乗ってりゃ一度は走っておきたいステージじゃないか。何事も経験ですから、いつかは走ってみたいと思ってはいたものの、中々機会に恵まれず。。。普通、サーキットはそれなりの装備が必須なので、その準備だけで数万円が出家してしまうのです。マジでやるかもわからないモノに数万ってのはなかなか難しいわけで。。。

で、この辺のハードルを低くしてくれているのが「体験走行」ってやつなんですね。本格的な装備じゃなくても走っていいよ的な、ツーリング装備でOK!という企画なので、参加できることになりました。


IMG_0030.jpg
今回はこんなところにお邪魔してみましたよ




というわけで、現場までは普通のツーリングなのでいつも通りの出発。マシンは当然忍者君。ついにお前の真価を発揮する時が来たようだ。


IMG_0002.jpg
んじゃ行って参ります


集合は東北道蓮田SAに7時前。この時点で5時起き確定なんですが、こんなに早起きして出掛けるの久々だなぁ。例によって前日はガッツリお仕事モードだったので、自宅作業が長引き、あまり寝れてない状態だったけど、テンション高めだったのでスッキリ目覚めて出発。最寄りのICから首都高に乗って、蓮田SAまで一直線で参ります。


横羽線からのこの景色。東京っぽくて何気に好きなんだよな。パトカーがピカピカさせながら先導してくれてたせいで、思うようにペースが上がらなかったけど、まぁ時間には余裕があるのでそこまで焦らんでもね。。。


IMG_0006.jpg
このビル感が東京らしいっしょ?


特に渋滞もなくすんなり首都高を抜け、定刻前に到着したら、はじめまして〜のご挨拶。今回は友人の紹介だったので、お連れ様という立ち位置で紛れ込ませて頂きました。皆さん気さくな方ばかり。そしてマシンはほぼほぼSSというラインナップ。今日はサーキットイベントとのことだったので、メンバーの中でもそっち系の方々が多かった模様。うん、今日は色々教えてもらう体で大人しく後ろからついていきますよ。


IMG_0014.jpg
オケツが上がったマシンばっか。。。笑


最初の休憩所、上河内SAまでフリー走行。想定通り、いいペースでフリーに走ります。思ったほどアレじゃなかったけどソコソコいい感じでしたかね。すり抜けなんかに関しては特に抵抗ないので適度な距離感を保ちつつ、リッターマシンの加速を堪能します。ん〜〜、はえーね。。。笑 よー加速します。。。


上河内SAに着く頃には、天気はすっかり快晴。。。雨がパラつくとの予報は一体何だったの!?レベルで青空が見え隠れしております。持ってきた合羽はただの荷物と化した瞬間で御座います。積載少ないんだからやめてほしい。。。笑


IMG_0016.jpg
少々暑い位の陽気になって参りました


少々駄弁ったら次は那須ICまでフリー走行。この辺まで来ると、本走行への備えなのか皆さま適度な巡航速度。。。なになに、こうやって戦い前に備えちゃったりするわけだ?とか勝手に考えてたのは秘密です。にしても2名程ガチなツナギで来てたりして、マジな人はマジなんですかね。もちろん自分と同じ初体験な方も何名かいたんですが。


IMG_0027.jpg
フリーなのに仲良く千鳥走行


那須ICで降りたら下道をしばらく走る。15分もしないで到着すると、小さなトンネルを抜けてサーキット内へ。何だかテンションあがります。小さいサーキットだったけど、しっかりレースっぽいじゃないの。この音と雰囲気。おおお、上がるね。


IMG_0065.jpg
那須モータースポーツランド、であってます?笑


IMG_0029.jpg
いい音させて走りまわっておりますよ


時間に余裕があったので、経験者からアレコレレクチャーを受けます。初めてだからって緊張すんなよと。舗装が綺麗な峠みたいなもんとのアドバイス、大分分かりやすかったです。笑 特に特別なわけじゃなくただの道だと思えばいいと言われ、ツーリングの延長のつもりでとの言葉で変な緊張が解けました。笑


時間が来ると受付を済ませてスタッフさんの説明を聞きます。今回は体験走行なので、装備も普段着でOKだし追い越しは直線のみなので、競争というよりは楽しく走ろうという趣旨です。軽い感じで行きましょうだって。って、言われても、やっぱりちょっと意気込むよね。笑


IMG_0034.jpg
みんなで聞き入るわけです


経験しちゃえばなんてこたーないんでしょうが、やっぱり未体験ゾーンへの突入はそれなりにワクワクします。この年でワクワクとか大分アレですが、経験だよね、経験。新しい経験は、脳を活性化させ、老化防止に覿面なんですよお父さん。笑


というわけで、早速行って参りますかね。無駄な装備品は全部外して、列に並びます。20分の体験走行のみなので、20周くらい出来れば御の字のようです。


IMG_0019.jpg
連れのR1も初体験。お互いの初体験はどんな結果になるかしら?


IMG_0021.jpg
走行前のリアタイヤをパシャリ。よくあるサーキット後みたいに、溶けちゃうのかな?


IMG_0020.jpg
メットはいつものBELL REVOLVER。大分傷んできました。。。


まずは一周、先導車についていく様子見走行。なるほど、思ったより道幅は広くないのと、路面が超絶キレイってわけでもないんだね? この辺はちょっと意外な感じでした。そしてコースの感じを覚えながら色々見てるとあっという間に1周し、ピットに入ってそのまま通過、そしてスタートです。


かっ飛んでいく周りに釣られず、まずは普通に走ってみる。うん、まぁ、普通に走れば普通だね。笑 アウトINアウトのライン取り、スローINファーストOUTなど、実に忠実な乗り方を色々と試してみる。うん、なんてことない、実に普通だ。笑

前車に続いて少しずつペースを上げ、クネクネやりだすと、距離が詰まる。いやいや、ここのライン取りはこーじゃない?なんて思いながらついて行き、直線で全開にしてやってもマシン差で抜かせない。笑 くっそ、R1はえーじゃねぇか。でも、ツッコミでは余裕で前に出れたので、適当に抜いたりして走ってみる。ほほぅ、なるほどね。こりゃ楽しい。


自然の摂理さえ無視しなきゃ、転倒や事故になることは少ないという持論があるんですが、まぁそんな感じでアレコレ考えながら周回を重ねる。なるほど、ここのコーナーはこっちから入った方が走りやすいね。。。この切り替えしは、インベタかな?って感じで。


観覧者に撮ってもらった写真があるのでちょいと載せておきます。経験者、ツナギの方々を除けば、そこそこいいペースで走れたんじゃないかな。まぁなんだ、初にしちゃ普通に走れた気がするよってのが正直な感想ですかね。


IMG_0045.jpg
連れを突っつきまわしております。。。笑


IMG_0049.jpg
ツナギの人に追われております。。。笑


IMG_0055.jpg
前のR1に食らいついている図


とまぁ、こんな感じで普通には走れてたんですが、コースが小さいせいかずっと2速でいい感じだったので、シフトチェンジをほぼしなくて済むというアクセルワークのみな感じでございました。


そのお陰もあって、ステップにつま先乗りでバックステップ状態だったので、思う存分倒せたし、タイヤのグリップ感とかセルフステアの感じとか色々と試しながらブリブリ走れたかと思います。。。


上の写真を拡大すると、こんな感じだったんだけど、このままケツずらして足出せばらしくなるんじゃない?って雰囲気でございました。


IMG_0055-2.jpg
後ろの人がお手本です。笑


後ろの人はこの中で一番速かった人なんだけど、なんとまぁ綺麗なこと。ライン取りやら姿勢やら、後ろから見ているとかなりカッコよかったね。そして真似して付いていくとそれなりに走れるという。。。理想ラインが見えれば、誰でもそこそこやれるんだなぁってのは今回感じたことですね。


流石にコケたりヒザ擦ったりしたら一張羅がボロボロになるのでセーブしてましたが、それなりの装備があればもっと攻めれそうだなぁとは思いました。あとはマシンの限界がやっぱり高いんで、まだまだやれるんだなってのも実感。やっぱりこういう走りをしても全く問題なくこなしてくれるんだから、国産スポーツバイクすげーねってのを更に実感することになりました。


無心で周回してると、あっという間にチェッカーフラグ。ちょっと息が上がってきたかな?位のタイミングだったので丁度よかったね。いやぁ、楽しかった。こりゃハマる理由が分かる気がする。


ピットに戻りお疲れさんと挨拶しながらマシンをチェック。右のバンクセンサーが擦ったのは意外だったけど、ここが擦るようだとバックステップ必要だね。。。笑 そして、タイヤの方はどんな感じになったかな?


IMG_0062.jpg
見事にでろでろでございます。。。


おおお、やっぱりこんな風になっちゃうんだねぇ。。。滅茶苦茶綺麗な路面じゃなかったように思ったけど、やっぱり速度域とコーナーの倒し具合の違いなんでしょうか。公道じゃこんな風にはならんよね。。。


そして今回ちょっと問題だったのはコチラのフロントタイヤ。。。既に溝がなくて交換しないといけない状態だったんだけど、更にトドメをさしてしまいました。。。


IMG_0063.jpg
右半分がスリック状態。。。


これはいけません。。。そもそも走る前に止められるレベルだったようですが、今回はお試しなので許して頂けたようです。確かに、フロントの限界感(コーナー中にタイヤが無理だと言ってる声)は感じてましたけどね。。。帰ったら即交換だなぁと思いつつ、とりあえずは無事に走行体験出来たので良しとしますか。


お連れ様は何だかびびってしまったようで、恐怖の方が多かったと言ってました。確かにある程度慣れみたいなもんは必要だしね。高回転キープの走り方なんて、こんなところじゃないとまずしないだろうから、みんなに色々聞いて慣れていけばいいと思います。意外と慎重なタイプなのでじっくり経験を積んでいけばいいんじゃないかしら。


というわけで、サーキット体験はここで終了。いい経験が出来ましたなぁ。これがクローズドコースでの楽しみ方なんだね。みんなが良く言ってたことが、全部ホントなんだと実感した瞬間で御座います。これで自分も同じことが言える立場になった。笑


ここから先は、普通のツーリングに戻り、マッタリと田舎道を流して緩めのツーリングになりました。まずは小腹を満たすべくジェラート屋さんへ。既に暑かったこともありこの選択は丁度いいリフレッシュになりました。


IMG_0066.jpg
サーキットで速かった人の背中が大きく見える。。。笑


15分も走らず着いたお店はこの辺じゃ有名なところらしいです。最近はこういうリサーチもサボり気味なので、こうした企画を立ててくれると大変うれしく思います。。。笑 昔はすげー調べて色々企画してたもんなぁ。。。


IMG_0069.jpg
この辺じゃ有名みたいですよ


IMG_0072.jpg
無難にミルクをオーダー。すっきりしてて美味しかった。


木陰で適当にダベリながらあれやこれやと談笑し、途中離脱する人を見送ったりしながら、お次はお昼処に向かいます。ジェラート食ったばっかだけど、お昼食えないことないでしょ?に、即答で全然食えます!は模範解答です。


那須のリゾート地はクルマが多くて混雑気味。軽く渋滞して流れが悪いけど、新緑の中を走るのは気持ちがいい。。。この辺はお店が大きくて駐車場が広く、ゆとりがあっていい感じです。


目的のお店は移転してしまったようで閉まっていた為、その手前の店がうまそうだからここでよくね?となり、そのままイン。お昼前ってこともあり待たずに入れたのも無駄がなくていい感じでした。


IMG_0073.jpg
雰囲気の良い小奇麗なお店


牧場系のお食事が有名なわけで、ここでもしっかり和牛ステーキやら和牛ハンバーグなんかが売りになってました。チーズケーキやら牛乳やらはホントよく見かけますね。


まぁね、ランチで万券出すほどセレブじゃないので普通にソースなしハンバーグをオーダーし、わさび醤油で頂くというちょっとオサレ気取りの上品な味わいを楽しみながら美味しいランチを楽しみました。当然ですがその辺のファミレスと比べりゃそりゃうまいわけで。。。みんなの食べてるのを見る限り、ミックスプレート的なやつが正解だった模様。。。笑


IMG_0074.jpg
150gじゃ少ねぇよ!と思ったけどいい感じに満腹でございます


お食事が済んだら、ツーリングコースのメインになるもみじラインへ。何度か走ったことあるけど、中々楽しいワインディングだよね。フリー走行だったので、前車と適当な距離を置いて自分勝手に楽しんでみる。んー、やっぱりサーキット後ということもあって、考え方が変わりますな。具体的にどーこーじゃないんだけど、なんかちょっといつもと違った気がしました。


頂上付近の駐車場で一服したら、あとは帰路。日光宇都宮道路から東北道を経由し、佐野SAで解散となりました。この時点で17:00を回り、意外といい時間になっちゃったね。



IMG_0076.jpg
みなさん、今日はお疲れ様でした


朝早かったせいもあり、少々眠気を感じつつも、だーっと加速すりゃ全部吹っ飛ぶわけで。。。笑 お連れ様とSENA(インカム)で仕事の近況とか話しながら、いいペースで東北道を走破し、首都高を縦断して葛西Jctでお別れしてあとはソロモード。そういえばこのBlueToothインカムは大変便利で、走りながらSiriに命令してメールしたり、WEB検索したり、電話したりとやりたい放題。笑 急ぎの仕事の連絡をツーリング中に出来ちゃうってのは、中々アツイじゃねぇかと個人的に上がりました。笑


というわけで、結局トータル500勸幣總ったのかな。あまり距離を伸ばしたくない忍者君ですが、サーキット通いに使うとなるとそんなこたぁ言ってられません。帰りにタイヤ交換しちまおうかと思ったけどお店の受付時間に間に合わなかったので諦めたくらい、もう暫く頑張ってもらう気満々です。笑 わりぃけど、あとちょっと付き合ってもらいます。笑 まぁ、これも何かの縁でしょう。まだ見ぬ世界を見る為に、もうちょっと遠回りしてきますね。笑
 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274351
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.