G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[キャンプ]信州川上郷 廻り目平キャンプ記

副腎疲労って知ってます? 自分も初めて聞いた時は、いつもの如く「何それ?うまいの?」って反応だったんですが、どーやら副腎とやら不調になると、アレコレ支障が出るようで。。。なんだか疲れんなーという毎日を送っているそこのあなた。ストレスだからしょーがない!と諦めているかもしれませんが、意外と副腎さんがお疲れモードなことに起因しているかもしれませんよ。。。いや、ワタクシは規則正しい生活が一番の特効薬だと思ってますけどね。。。笑

 

 

さて。。。ワタクシの友人には中々面白い方が多いとは思ってるんですが、最近クルマを増車した方がいらっしゃいまして。。。クルマったら普通は多くても1人1台、家族で1台だと思うんですけど、その方はえーっと、何台保有してんだっけ?ってお方なんでございます。しかも、4駆ですよ4駆。後にも先にも4駆複数台持ちなんて聞いたことがありません。。。笑

 

 

そんな彼が憧れの4駆を納車したのでキャンプにでも行きましょう!とお誘い下さったので、今回はおクルマでキャンプに行って参りました。

 

 

_MG_3048.jpg

Mercedes-Benz G-Class ゲレンデヴァーゲンでございます。。。

 

 

思えば彼の愛車遍歴は4駆一筋でして、青春時代はランクルを乗り回すという生粋のクルマ好き。世代的に燃費だ維持費だって話でクルマを選びがちな中、「好きなクルマに乗る」のは中々簡単なことじゃありません。居ましたけどね、毎日カップラーメン食べてるR32 GTR乗りの友人とか。飲み会やBBQがあると残り物を全部詰めて持ち帰り、これでまたタイヤ代に回せます!とか笑顔で言われると、ホント好きなんだね〜と感心した記憶があります。。。笑 今の若い世代はこんな考えのやついないよね?笑

 

 

そんな彼が、4駆の最高峰であるゲレンデヴァーゲンを手に入れました。昔からの憧れだったんなら、もちろん買うべきでしょうし手に入れて後悔なんてしないでしょう。性能云々じゃなく「好きなクルマ」である以上、他に理由は要りません。。。それでこそクルマ好きであり人生楽しんじゃってるのは大変結構なことだと思うんです。。。笑

 

 

ま、そんな彼の事情はおいといて。ハーレーも乗るしキャンプも一緒にする趣味友ですから、キャンプ場選びもツボが合うのでいつも何かと絡ませて頂いておりますが、今回は前からチェックしていたという廻り目平に行ってみようということになりまして。ちょっと足を伸ばしてドライビングを楽しみつつ、エレクトリックな大都会東京で擦れた心を癒しましょうと銘打って軽めのキャンプに出かけてみました。あぁ、前置きだけでこんなに。。。笑

 

 

9時過ぎにお宅訪問し、ワタクシのラングラーアンリミテッド ルビコンから荷物を載せ変えます。実は2台並べてフィールド写真でも撮りたかったんですがこちらはロンリー1人乗りですし無駄に2台で行くこともないでしょうということで、G様に便乗させて頂くことにしました。いつもすみませんが宜しくね!

 

 

サクッと出発したら厚木ICから圏央道、中央道を駆使して甲府昭和ICまで一直線。途中、渋滞してたり快走だったりと色んなシチュエーションを走破します。初めて乗る右側助手席は、対向車に近くて何気に怖い。。。怖いというか、当たりそうな感覚は何度かありました。いや、実際結構ギリギリだったと思うよ?笑

 

 

お昼をどこかで食べてから現地入りかなーと話していたところ、この辺のお昼といえば清里の某カレー屋の話が出ましたが、そちらはこの夏に火事で焼失してしまっておりまして。。。(帰りに寄ってみたら現在は仮店舗で営業してました) 他を当たろうと出てきた候補がなんとぼんち食堂。。。笑 いや、そこは苦しい思い出しかないだろ?と思ったんですが、思いの外味が良かったので、量を間違えなければいけるんじゃね?という目論見の元、寄ってみたのです。笑

 

 

IMG_2983.jpg

いきなりですが到着でございます

 

 

丁度お昼時だったんので、大混雑も覚悟してましたががらーんとした店内に拍子抜け。お子様がいるので座敷席にして頂き、きちんと量を考えた上でオーダー。お腹が空いてたこともあって、少し多かったけど何とか完食することが出来ました。

 

 

IMG_2985.jpg

名物であろう、うま煮そば。これで800円しないんだから驚きだよね

 

 

IMG_2990.jpg

ワタクシは初オーダーとなるから揚げ丼。から揚げがフライドチキン(この違い分かるよね?笑)の味で美味しかった。。。

 

 

IMG_2987.jpg

餃子は2皿。。。1皿でも良かった気がします。。。笑

 

 

隣の席では初来店だったのか、チキンカツカレーをオーダーしておりまして。。。出てきた姿に絶句しておりましたよ。。。笑

 

 

ちなみに今回もやっぱり満腹すぎる展開となり、若干具合悪い。。。笑 味がいいのはいいんだけど、己の学習能力の低さにちょっと落胆して、多分もう自ら進んでは来ないであろうと思ったのでした。。。笑

 

 

満腹すぎる昼食が済んだら目的地までは快走路である県道を駆使して八ヶ岳周辺を快走します。途中の買出しは、この状態なのでもちろん最小限。。。笑 満腹で買出しすると、どーでも良くなっちゃうのはお約束ですね。。。

 

 

現地に到着すると、しっかりとしたゲートで管理されちょっと物々しい雰囲気。どうやらココはロッククライマーやボルダリングを楽しむ方々のメッカのようで、それ系の方々が多数見受けられました。キャンプ場も山岳系が多く、大学の山岳サークル的な面々も多い。。。ファミキャンだけしに来てたのは我々だけのような雰囲気でした。

 

 

_MG_2997.jpg

やっと見つけた平地にさくっと設営。。。

 

 

_MG_3001.jpg

日本のヨセミテとか言われている断崖絶壁が目の前に。。。

 

 

目を凝らすとこの目の前の岩山を人が上っているわけですよ。おいおいマジか。クリフハンガーの世界を目の当たりにして、なんかちょっとすげーとこ来ちゃったね!?みたいな空気でございました。自分の知らない世界に触れるとコーフンするのはいつものことです。。。笑

 

 

設営やら夜の準備やら色々やってると、あっという間に暗くなる。。。早いトコ焚き火をスタートします。ここは直火OKのようなので、先人が作ったカマドをちょいとリセッティングして、ワイルド焚き火のスタートです。

 

 

IMG_3003.jpg

小枝を集めてきてファイヤースタート。

 

 

火が落ち着くまで、暫くこのままマッタリ焚き火を楽しみます。。。うん、コレがしたかったんや。火の明るさと暖かさ。何だろうねぇ、この感覚。電子制御された街で暮らす身に、ナチュラル要素がふんだんに染み込んでいくのが実感できます。。。

 

 

幸いお腹はまだ空いていないので、暫く焚き火を楽しませて頂きました。パチパチ燃える火を見つめてるだけなんだけ。。。気を使ってか、あまり余計な話をすることなく、至福の時間が流れていきます。。。

 

 

IMG_3002.jpg

最初のつまみは、レタスアイスクリーム。。。

 

 

そういえば、売店で売ってたレタスアイスクリーム。なんだかこの辺はレタス推しのようで、色んなところでレタスレタス書いてあった気がしますが、アイスはどんなもんか?と買ってみたけど、なんてこたぁない。。。レタスというより、氷のが混ぜ込んであり、しゃきしゃきした食感のアイスクリームでございました。みんなの口には合わず、ほぼ1人で完食。。。笑

 

 

辺りが暗くなり、ちょっとずつですがお腹も空いてきました。この間、スモークでもしてつまみを作ろうと思ってたんですが、火の加減がイマイチで大失敗。。。上手くいくとすげー美味いのになんか微妙でアレだったな。やっぱり炭じゃなくバーナーでやったほうが手っ取り早くて確実ですね。

 

 

IMG_3007.jpg

焼鳥開始!

 

 

スーパーで調理済みの焼き鳥をスキレットで加熱。使っているのは某ホームセンターで500円だったというスキレット。お手軽なスキレットが色んなところで買えるようになりましたね。。。

 

 

IMG_3011.jpg

焼き鳥の次は本日のメインディッシュとなる焼き芋です

 

 

秋の味覚の王様といえば、コイツでしょう。火の回りに置いておくだけの手間いらず。それでいて十分美味しくお腹も満たされる。これこそシンプルで色んなコスパ最強の食料だと思います。いや、あったまるしホント美味しいのよ。。。

 

 

IMG_3017.jpg

黄金色に輝くお芋。。。ホントこれだけで幸せです。。。笑

 

 

食事は実に簡単に。特に火器類に頼ることなく、すべて焚き火の有効利用で調理しました。手の込んだ料理をぞろっと出すのも嫌いじゃないですが、こんなシンプル調理が実は本来の姿なのかもなぁ。。。こうなってくるとクッカーとかも持ってこなくなりそうな予感。。。笑

 

 

IMG_3014.jpg

外気がかなり冷え始めたので焚き火が本当に心地よい。。。

 

 

ある時間を超えた辺りから、一気に寒さが襲ってきます。近所でプラキャン想定だったので、そこまで防寒対策してこなかったのがちょっと失敗だった。。。念の為に持ってきたダウンが脱げないレベルの寒さ。。。焚き火が済んだらそそくさと解散してそれぞれのテントに退散します。22時ごろだったと思うけど、薪が終わってしまったので本日はここまででございます。。。

 

 

22時だとすぐには寝付けなかったので携帯をいじりながら眠くなるのを待つ。。。今日のシュラフはYETI(快適-3℃)だったけど、これで丁度良かったな。。。外気は恐らく0℃近くまで下がっていた模様。。。ちゃんと計測しとくんだった。。。

 

 

IMG_3020.jpg

念の為に持ってきたストーブを使うことになるとはね。。。いや、なくても全然おっけーだったんだけど。

 

 

 

翌朝。5時ごろ目が覚める。。。トイレを済ませて一回り散歩。。。朝はやっぱり冷え込むね。。。まだ回りは寝静まっているので、自分もテントに戻って二度寝。。。うーん、このシュラフあったかいわ。。。笑

 

 

うだうだやりながら回りの音で再び目が覚めたのが6時半ごろだったかな。7時くらいには起床して、朝のコーヒーを楽しみます。

 

 

IMG_3022.jpg

朝方のテント内の気温は3℃でした。。。

 

 

IMG_3023.jpg

目覚めに熱々のコーヒーは最高ですね。。。

 

 

少しマッタリしたら朝ごはんの準備。今回は先の500円スキレットを活用したホットサンドを作って頂きました。初回、2回目、3回目と味と仕上がりが向上するのはいつものことでございます。。。笑

 

 

IMG_3024.jpg

玉子とベーコンのシンプルホットサンド

 

 

朝食もシンプルだったね。。。いや、ホントこんなんで十分だと思う。笑

 

 

朝ごはんが済んだら、ちょろっと身体を伸ばして日向ぼっこ。絶景を目の前に澄んだ空気の中の日向ぼっこは最高の時間でございます。。。日向は、完全にぽかぽか陽気で暖かい。あ〜、このまま眠ってしまいたい。。。。

 

 

 

 

IMG_3027.jpg

椅子に座ってマッタリ。。。

 

 

IMG_3026.jpg

今回のサイト全景。斜面だったので少し座りが悪かったね。。。

 

 

IMG_3025.jpg

光の当たり具合によって色が変化するG様。。。

 

 

今回は結果的に色々とシンプルになったので、洗物も少ないし撤収も楽。お子様がいたのでそこまで手の込んだことはしたくないってのがあったんだけど、それにしてもやっぱり普段はアレコレやり過ぎなんだなーってのを実感しました。いや、それはそれで楽しいから全然問題ないんだけどね。。。フラッと来て焚き火して帰るくらいのシンプルキャンプなら、色んな面倒が減っていいのかもしれない。

 

 

チャリンチャリンと金属音をさせながら歩く人が多く。。。ロッククライマーの方々ですかね。リュックにぶら下がる大量のロープ、頭はヘルメット、見るからに完全武装のその様相は、あの断崖絶壁に挑む者たちの勇姿ですね。

 

 

IMG_3028.jpg

気を付けて楽しんできて下さい。。。笑

 

 

見上げた絶壁に挑む。。。ある意味ロマンなんでしょうが、とってもリスキーな遊びであることには違いない。大自然に挑む人間たちって感じで、ちょっとカッコイイ部分もあるけど、個人的にはそれより自然の雄大さの方に感服します。。。人を魅了し続ける存在。そういう人に、わたしはなりたい。。。笑

 

 

_MG_3037.jpg

挑みたくなる気持ちは分からんくはないですが。。。笑

 

 

少し落ち着いたら、周辺を散策。何気にあの絶壁に挑むスタート地点がどんな感じなのか気になります。。。まぁその現場を押さえる必要はないんだけど、さっきから聞こえているせせらぎ音の川を見に行ってみてもいいじゃんね。というわけで、ちょっと森の中をお散歩がてら周遊してみます。

 

 

森を抜けると、結構な奔流を発見。この高度でこの水量。。。自然は凄いなホントに。。。当然ながら水の透明度は半端じゃありません。。。自然の浄水システムには驚かされるばかりですが、こんな景色を目の当たりにして何も感じない人はいないでしょう。。。

 

 

_MG_3041.jpg

ざ・渓谷って感じの景色。。。

 

 

_MG_3038.jpg

言葉を失う気持ちは十二分に分かります。。。笑

 

 

_MG_3040.jpg

石の間を流れ落ちる清流。。。なんともいえません。。。

 

 

IMG_3030.jpg

 

 

IMG_3031.jpg

 

 

IMG_3033.jpg

似たような画像で恐縮ですが、ホント好きです、この画。

 

 

IMG_3034.jpg

こうした自然のシステムには驚かされるばかり。。。システムって。。。笑

 

 

_MG_3042.jpg

森はかなり深い感じだったけど、所々張れそうなスペースがありました。

 

 

IMG_3029.jpg

なんでもない水溜りもこの通り。。。

 

 

暫く清流の眺めを楽しんだら、遊歩道を歩いてもう少し奥地へ。。。すると、ボルダリングを楽しんでいる方々がいました。布団みたいな大きなマットを背負った人に何度もすれ違ったんだけど、こーやって楽しんでるわけですね。ボルダリングジムは何度か行った事あるけど、人工物に飽きたらやっぱり自然に挑みたくなるんですかね。

 

 

ちなみにこの手の巨石は幾つかあるようで、それぞれに名称が付いており早い者勝ちで楽しめるようです。グループ単位でチャレンジしている感じでした。せいぜい5mないくらいの岩だけど、登ったら降りるの大変じゃないのかな。。。とかどうでもいいことを考えながら観察してみる。。。笑

 

 

_MG_3043.jpg

引っ掛けるところなんて皆無なので難易度はかなり高そうです。。。

 

 

一回りして駐車場に戻る。山小屋のすぐ手前の広場からは相変わらずの絶景。って、早速登ってる人がいるじゃないか! ウェアが蛍光色とかが多いので、人が登っているとすぐ分かります。なんとも小さな存在ですが、踏破する達成感は半端じゃないんでしょうね。途中でトイレ行きたくなったらどうするんだろう。。。笑

 

 

_MG_3045.jpg

左側の岩肌と、真ん中辺りの絶壁に人がくっついているのが分かるかな?

 

 

廻り目平の全体を楽しめたら、サイトに戻って撤収です。引退したら時間を気にせずこういうところで数日過ごしたいところだけど、明日は普通にお仕事です。笑 こうした自然の空気を吸ってリフレッシュすることで、また来週からの激務に耐えうる活力が充填されるってもんです。自分に合ったリフレッシュ方法をしっかり知っておくのは大事ですね。。。

 

 

 

_MG_3049.jpg

山荘の向こうにも雄大な山々の姿が見えます。。。

 

 

というわけで、帰路。駐車券の手続きをしないとゲートが開かないというので、受付にて処理を済ませて出発です。ありがとう廻り目平。今回はいつものプラキャンと違って、自然を十二分に満喫できました。予想以上の冷え込みだったけど意外とそれも楽しめちゃったので、また機会があれば訪れてみようと思います。今度は来る時はもっと早く来て平らな場所に設営したいね。。。笑

 

 

チェックアウトは19時までという他にはないルールの為、ゆっくり出発したのがお昼過ぎ。どうせならご当地グルメを楽しんで帰りましょうということで、帰路の途中にあるお店を検索。レストラン141という、何ともいえない店名のお店を発見したので寄っていくことにしました。店の名前だけ聞いたら、ちょっとどうなの?って感じだったんだけどネットの評価はそこそこだったんで突撃です。。。笑

 

 

_MG_3050.jpg

30分もしないくらいで到着。ライダーも沢山来てますね。

 

 

なんでもありの定食屋さんのようですが、味噌カツが売りのようです。。。A5ランクの和牛を劇推ししておりますが、実際どうなんでしょうか。お値段はそれ程高いわけでもなく、どっちかっていうとお安い感じでした。

 


和牛っていうからハンバーグとかステーキとか焼肉定食辺りがいいなぁと思っていたんですが、初見の店はオススメを食すべしというマイルールに則って味噌カツをオーダー。そしてここでもレタスがやたら推されていたので、みんなでシェアすべくシーザーサラダも頼みました。
 

 

_MG_3051.jpg

凄いボリュームのシーザーサラダが登場。。。

 

 

このサラダ、確かにレタスがしゃきしゃきで美味しかったです。量も4人分くらいはあり、3人だとちょっと多いくらい。メインが来る前にお腹が膨れてしまいますよ。。。笑 
 

 

そしてメインの味噌カツはコレだっ!
 

 

_MG_3053.jpg

ごくごく普通のソレでございましたが。。。

 


牛推ししてたもんで、まさか牛カツってことはないよね?と少し期待してしまったんだが、普通のトンカツでした。。。笑 味の方は可もなく不可もなく、普通です。笑 添え物のサラダのボリュームが結構あったんで、シーザーサラダは要らなかったかもね。。。なんて思っての後の祭り。普通にこれだけで十分なボリュームでございました。。。次回は牛肉の何かを頼むことにしよう。。。笑
 

 

お腹が満たされたら、後は帰るだけ。県道や広域農道を駆使して快走するのはいつものこと。タイトコーナーから高速コーナーまで、バラエティに富んだドライブコースで、G様の運転にも慣れてきた様子。往路では、アクセルを踏む右足の疲れを感じていましたが、帰りはそんなこともなく普通に操っておられました。左ハンドルの走り方も大分スムーズでしたよ。

 


ぶっちゃけ、新車で1000万円するこのクルマってどうです?と聞かれたんだけど、うーん、まぁ、ラングラーと変わんない?ってのは共通の感想。高年式車と比べるのはナンセンスかもしれないけど、G様は基本性能が大きく変わっていないので最新年式でも大差ないとのこと。排気量の差で登坂路とかの頑張ってる感はどうしようもないけど、憧れのGに求めるのはそうした性能ではなくて、もっと別のもの、長く乗った時に感じる共生感とか、そういう部分なんでしょうかね。この点に関してはオーナー様自らがしっかり実感し、新たな相棒として今後も楽しんでいってくれると思います。

 

 

というわけで、二日間のロングドライブ&キャンプを存分に楽しめました。いろんな意味で楽しい経験が出来ました。いつもありがとう! 今思えば、仲間内ではハーレーの複数台所有ってライフスタイルが当たり前になりつつありますが、今度は四輪の複数台所有の波が来るかもしれません。。。笑 いやいやいや、流石にそれはないと思いますが、自分が好きなものを本気で楽しむってのをまたひとつ教えてもらった気がしましたとさ。。。笑
 

 

コメント
from: GUN   2016/10/25 7:14 AM
その節はありがとうございました!
噂どおり助手席って怖いんですね、

岩山と渓流が素晴らしかった!

ゲレンデはさらに週末で500キロほどドライブし、だいぶ馴染んできましたがラングラーが寂しそうにしています。。。
from: ぢめん   2016/10/25 8:19 AM
フクジンは、ちょっと漬物の方しかわかんないっすねー!
from: gooo   2016/10/25 7:20 PM
> GUN様
行きは何度か怖かったよ&#12316;。笑

お。そろそろ自分のものになっちゃった?笑

育メンの練習も出来たし、またお願い致します!


> ぢめん様
ねぇ、そこなの?笑
from: tsussy   2016/10/25 10:54 PM
悪い!
ほとんど読んでない…

キャンプ場でレタスもらったかい?
前にそこ行った時は、
登山家とクライマーだらけだったけど、
普通にキャンプ出来るんだね〜
from: gooo   2016/10/26 9:05 AM
> tsussy様
レタスくれるんですか?
山に染まった緩い兄ちゃんが事務的に処理しただけでした。。。

読んでくれたら分かりますが、
登山家とクライマーだらけでしたよ。笑
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274420
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.