G-Style

goooさん的趣味blog
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • [キャンプ]MURACO NIMBUS 4P購入記
    gooo (03/08)
  • [キャンプ]MURACO NIMBUS 4P購入記
    9K (03/06)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    gooo (03/06)
  • [WRANGLER UNLIMITED]富士山キャンプ記
    gooo (03/06)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    カン (03/04)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    てつ (03/01)
  • [WRANGLER UNLIMITED]富士山キャンプ記
    てつ (03/01)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    gooo (02/28)
  • [WR450F]近況と道志の林道探検記
    basix (02/27)
  • [WR250F]モタード化してみた記2
    gooo (02/25)
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[WR250F]袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行記

最近、仕事で色んな方にお会いする機会が多いのですが、人相ってやっぱりありますよね。大体、顔を見て少し話をすればどんな感じの人か分かっちゃうんですけど、性格とか考え方まで見抜けることが多い。。。個人的には統計学の結果だと思っておりますが、人のナリや言動なんかも自然とチェックしちゃってるんでしょうね。これはひとつの才能か?笑

 

 

そんな才能を発揮できる仕事はしていないわけですけど、俗に言う天職ってのは、そういう才能を活かした仕事ですよね。どんな仕事が向いてるかなんて、やってみないと分からんし、中々難しいことかと思います。。。好きなことを仕事にするってのも良くないなんて言いますし。。。

 

 

そんな思いで毎日仕事しているワケですが、週末の楽しみは仕事とは全く違うことでリフレッシュするのが大事です。専ら趣味の二輪で発散してるわけですが、二輪の最たる発散方法ったらサーキットでしょう。。。安全な場所で思い切り二輪の性能を体感できるってのは、公道ではまず出来ないことですからね。サーキット遊びのコスパの悪さ、1秒を競う意味に少し疑問を抱いておりましたが、走れるバイクがあるなら試してみてもいいんじゃないか?ということで、今回はモタードで走り回ってきました。

 

 

IMG_2986.jpg

まずはこちらから。。。

 

 

 

まず最初に行ったのは袖ヶ浦フォレストレースウェイ。ライセンスを取得しよう!とのお誘いがあったので、軽い気持ちで行ってみました。元々は4輪用のコースであり筑波より400m長い2400mの周回ってこともあって、250ccじゃ物足りないだろうと思ったんだけど、初モタード走行としては広くて走りやすくそこそこ楽しめました。

 

 

IMG_2982.jpg

天気が悪かったせいか、ライセンス取得者の人数はかなり少なかった模様

 

 

袖ヶ浦のライセンスは、バイクの音量測定(排気音)と座学(講習)、その後の完熟走行をこなせば誰でも取得できます。音量測定が一番心配だったんだけど、タコメーターがないので「レッドゾーンの半分まで回す」が任意となり、気持ち弱めに吹かしたせいかアッサリ合格。一応、YZの純正マフラーではありますが、結構な音量なのですよ。。。

 

 

座学は1時間ほど。コースの紹介から旗のルールまで、サーキットに共通する内容も含めた袖ヶ浦独自のルール等の説明があります。特にテスト等もないのでしっかり聞いてルール覚えればオッケーですね。完熟走行は先導車に続いて3周すれば完了です。

 

 

IMG_2984.jpg

今回一緒にいった方々。。。

 

 

SSに乗っているなら一度はサーキットでも走ってみたらいいと思いますが、装備とか色々と敷居が高いのも事実。。。ワタクシは中古で一式揃えたので大した出費じゃなかったですけど、全部新品で揃えちゃうとかなりの金額になりますね。まぁその分、カッコイイんだけどさ。。。笑

 

 

IMG_2988.jpg

こんなマシンに乗ってたら、一度は試して頂きたいね

 

 

ライセンス取得後、お腹が空いたので場内のレストランでお昼ご飯。オススメとされていた豚丼にしたんですが、あまりコスパが良くない感じでございました。場内レストランにクオリティ求めちゃいけませんかね。。。笑

 

 

IMG_2987.jpg

吉野家なら300円で食えるレベルでございましたよ

 

 

昼食後、二輪の走行枠で1本だけ走ってみました。土日祝は1走行4200円ですか。平日に比べると少し割高です。

 

 

モタードでサーキットを走るのは完全に初めてだったので、まずはそのポジショニングに戸惑う。。。最初は普通にハングオン。でもやっぱりモタード乗りもしてみたくなり、ぎこちなくIN側の足を出してみたりして、何度かトライしてみたものの自分がどんな感じなのか全く分からず仕舞い。。。こんなんでいいのかな?って感じでアレコレ試してるうちに30分が終了。。。

 

 

走ってみて思ったのは、車体の軽さが武器となってコーナリングはリッタークラスに十分付いていけること。むしろもっと速い速度で突っ込んでここでアドバンテージを稼がないといけませんね。無論、立ち上がりではゴボウ抜きされるんで、直線や登りでは排気量差が如実に現れます。

 

 

新品タイヤだったこともあり無理はせずに周回を重ね、コースを覚えることを目標として楽しく周回できました。残念ながら計測器は持ってなかったのでタイムの計測はなし。サーキットでタイム計らないって、ホント無意味だね。笑 自分がどんなペースで走ったか知る術がありません。。。

 

 

IMG_2990.jpg

ハーフウェットだったので、無理はせずに楽しむライディングに徹しました

 

 

その後は同行した皆さんの走りっぷりを観察。今回モタードの人は他にいなかったので、参考になるような走りも見れずガチなSS乗りの速過ぎる走りを口を開けて見ておりました。。。笑

 

 

走行後のタイヤはこんな感じ。思ったより溶けてませんね。車重がない分、トラクションの掛かりが悪いのかな。もっと激しいライディングしてやればもうちょっと溶けるんじゃなかろうか。

 

 

IMG_2992.jpg

結構バンクさせてたツモリですがフロントはまだ余裕あり。。。

 

 

IMG_2993.jpg

リア側もあと1cm弱くらい残ってました

 

 

とりあえず今回の走行はここまで。アクアラインを渡るので前日に急遽ETCを取付けました。スポーツスターで使ってるワンタッチの一体型ETC。激しいオフ走行では無用の長物なので、ワンタッチ式で正解ですね。USB電源なども勿論つけてないので、ツーリング用途としてはとっても微妙です。

 

 

帰り道、給油するのを忘れて高速に乗ってしまったのでガス残量が心配でしたがなんとかアクアラインは渡りきれました。航続距離が120kmくらいってのも、レーサーならではの不便な点ですね。。。

 

 

そして帰りの国道では、予想通りかなりいいペースで走れます。車体が軽いってのはヒラヒラ走るにはメリットしかないよねホント。すり抜けも快適だし行こうと思ったラインを難なく走れるので、街中最速って話は強ち嘘じゃないですね。

 

 

というわけで、袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行体験記でございました。サーキットはお遊び程度の位置づけにしておりますので、ライセンス取る必要あったのか?と今思えば疑問が残るところではありますが、ふらっと行ける気軽さもあるので少し通ってみようと思います。オフ車の乗り方もまだまだですんでモタード乗りもまだまだだと思いますが、早いトコ慣れて「それなり」に走れるレベルになればいいなぁと思っています。

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274426
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.