G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[FLHX]2018 九州ツーリング その2

その1

 

 

というわけで、九州ツーリングの二日目です。行きのフェリーの中で色々考えた結果、今回はいつも雨にやられてた長崎方面をターゲットにしてみる。宮崎も雨だったんだけど、門司からだと距離があるんで南の方に行く時はそもそもフェリーを変えたほうが良いかな?という思いから、今回は北方面のリベンジとしてみます。

 

 

IMG_6554.jpg

これも波戸岬での一枚。。。

 

 

 

フェリーでの目覚めは7時頃。買っておいたおにぎりを頬張りながら、まだ行先を考えてました。。。笑 で、冒頭に書いた通り今回は門司着ということもあって北方面、佐賀・長崎・熊本をターゲットにしてみることに決める。ぐるっと1周してやってもいいんだけど、中日の5/1〜2が高確率の雨予報となっていたので、そこをどうやり過ごすかも考えないといけない状況でした。どっかの温泉宿に連泊してもいいけど、GWに飛び込みで狙えるかは非常に微妙。。。

 

 

下船まで数時間あるけど、今から綿密な予定なんか立てられないので、今日行けるであろうキャンプ場の目星を付けておく。キャンプ場は基本的に18時くらいまでにIN出来ればいいのでね。波戸岬ってところのキャンプ場がよさそうだったんで、今日はそこまで行って、翌朝は以前行った呼子の朝市を再度楽しんでから明日の行動に繋げればいいかな?というプランにしてみる。

 

 

そんな思いで何となく波戸岬のキャンプ場を調べてみると、なんと閉鎖中と書いてあるじゃないか。。。おいおい、マジなのか。なんでも改装中で半年間クローズだそうで。。。そうなってくるとちょっと話が違ってきちゃうな。

 

 

とかやってると下船の時間となる。キャンプ場のことは後で考えることにして下船の準備。15時間以上の船旅は思った以上に長かった。。。仕方ないとはいえ、初日が半日しか使えないのはちょっとイケてないね。。。

 

 

IMG_6495.jpg

下船準備中

 

 

二輪は連年より少ないとはいえ、そこそこの台数だった。関東圏か以北のナンバー多数。さて、皆さん九州ツーリングを楽しんじゃって下さい。今回はハーレーの大集団は見かけませんでしたよ。

 

 

荷造りにまごつく人たちを横目に、そそくさと下船が済んだらとりあえずパシャリ。さぁ九州ツーリングのスタートです。

 

 

IMG_6496.jpg

お決まりの一枚

 

 

まずは、山口県にちょこっと入り、九州行きの際はいつも寄る唐戸市場へ向かってみる。毎年行く度に実家に鮮魚を送るんだけど、いつも同じ地元の漁師さんのところで買ってたら顔見知りにもなっちゃう訳で。。。最早常連の域に達してしまっているので、第二の故郷みたいなノリで歓迎してくれます。笑 まぁこういう知り合いは全国各地にいても損はないしね。そしてこうやってフラッと立ち寄るのが嫌いじゃない性格なんです。

 

 

IMG_6497.jpg

というわけで、関門橋を渡ります

 

 

何気に親父が福岡出身で、小さい頃はよくクルマで渡った関門橋。北九州の人はちょっと誇りに思っている橋のようで。。。横浜市民がベイブリッジ!って言うのと同じ感覚なのかな。そんなことないか。。。笑

 

 

でもこの橋、今でこそ規模は大したことないけど、昔は圧倒的な存在だったんだろうね。九州と中国地方が自走で渡れるってなれば、そりアツイよね。。。笑

 

 

IMG_6498.jpg

中々奇麗なんですよ

 

 

そのまま下関ICで高速を降りたらそのまま唐戸市場まで。なんとこの出口から渋滞発生中。唐戸市場はテレビにも出るようになって大変な人出になってるってのは知ってたけど、まさかここまでとはね。。。クルマで来てたらガッツリ渋滞にハマって1時間はロスしたことでしょう。。。

 

 

何度も来てるだけあって駐輪場も把握してるんで、サクッと脇を抜けて駐輪場にバイクを停め、事前に連絡してあった漁師さんのところに顔を出します。ここも随分栄えちゃって今ではショッピングモール的なものまで出来てて大分雰囲気が変わったよね。昔はマジでTHE市場って感じだったんだけどなぁ。。。若い子連れ夫婦とかデート中の若者たちとか、今っぽい商業施設になってましたよ。

 

 

IMG_6499.jpg

結構な賑わいでございました

 

 

ちわーっすと顔を出すと知った笑顔とご対面。毎年この時期しか来ない関係なんだけど、しっかり覚えられてるのは嬉しいモンです。いつもはおかみさんとやり取りするんだけど、今回はご主人も一緒だったんで挨拶がてら色んな世間話に華が咲く。軽く海鮮でも食べようかななんて目論んでたんだけど、しっかり地物でご馳走して頂きまして感謝でございます。。。いやー、良くしてもらっちゃってすみません。。。

 

 

IMG_6500.jpg

なんとも豪華なお昼となってしまいました。タコ飯が美味かったです

 

 

あまり長居する訳にも行かず、ご飯が済んだらまた来ますと伝えてお店を後にする。またご当地の海鮮が獲れたら送ってくれるとのことだったので、楽しみにしております。

 

 

さて、野暮用が済んだので本当のツーリングがスタートです。再び下関ICから高速に乗って、今度は南下。九州自動車道をひた走ります。今回は観光スポットというより、佐賀県人が選んだオススメツーリングルートとやらを参考に、道にフォーカスして走破してみようと思ってます。まぁ観光地も織り込むけどそこまでのルートをちょいと工夫したって感じですね。

 

 

IMG_6502.jpg

さっき渡った関門橋を戻ります

 

 

IMG_6503.jpg

天気がよくて気持ちがいい

 

 

福岡Jct.で都市高速に乗り換えます。大都市にある環状線ですね。大阪と違って関東に近いマナー感。。。笑

 

 

IMG_6504.jpg

 

 

IMG_6505.jpg

 

 

野芥ICで降りたら一般道へ。R263からR323がツーリングメッカのコースだということでそちらに向かってみる。丁度いいところに道の駅があったのでひとまずそこまで向かいますか。

 

 

今日は土曜日なので普通に地元のツーリングライダーと出会うことが多かった。ハーレー軍団の後ろに付いたので暫く一緒に走りましたがあまりペースが速くないので先に行かせて貰いました。

 

 

IMG_6506.jpg

ケツ持ちはやっぱり迫力ある系になるんですかね

 

 

ウワサ通りワインディングあり道幅が広めで中々楽しめたんですが、クルマに捕まることも多くて中々ペースが上がらない。。。特にキャンピングカーは遅くてダメね。。。幅があるから抜かすにも気を使うし渋滞の原因になってることが多かった記憶です。構造上あまり飛ばせないんだろうけど、法定速度まではしっかり出して欲しいよなぁ。。。

 

 

IMG_6508.jpg

延々と渋滞を先導していたキャンピングカー。。。

 

ペースが上がらないまま快適であろうワンディングをまったり走破します。退屈だけど仕方ない。しばらく走ると目的の道の駅大和そよかぜ館に到着です。ここまでツーリングしている地元のライダーと多くすれ違ったので、佐賀屈指のツーリングルートなのは間違いない感じ。コース自体は楽しく走れました。

 

 

IMG_6510.jpg

トライクの集団がいたり、地元の方々の憩いの場っぽかった

 

 

地物野菜の直売をやってたりするのはどこの道の駅でも同じだと思うけど、ここは惣菜とかもあって中々充実してました。今夜はどうなるかわからんので念の為、あとで食べれるであろう品をゲットしておく。地元のおばあちゃんが作った鳥飯とおはぎにしてみました。笑

 

 

トイレを済ませたら、バイクに戻ります。さて今後のルートはどうしようか。前回行けなかった虹の松原は行ってみようと思ってたんで、とりあえずそっち方面に進路を取る。問題は閉鎖になったキャンプ場だけど、泊まる場所も決めないとどうにもならん。。。日が少し傾き出しているんであまり考えてる時間もなく、まぁなんとかなるかな?と楽観的に捉えて先に進みます。

 

 

オススメロードとなっていたR323。確かに快走路でした。ワインディングは少ないけど快走できる感じ。地元民が選ぶツーリングルートになるのも納得ですな。

 

 

IMG_6511.jpg

ご覧の通りいいペースで走れるんですよ

 

 

IMG_6512.jpg

飛ばしちゃうでしょ?笑

 

 

IMG_6513.jpg

スピードは気持ち控えめに。。。笑

 

 

以前佐賀に来た時は、早朝だったこともあってスルーしてしまった虹の松原。流石は国の特別名勝とあって、日本三大松原のひとつに数えられる景勝地だけあるね。長さ約4.5km、幅約0.5kmにわたり、約100万本のクロマツが群生してるってだけでその規模が伝わるでしょうか。歴史も深いみたいで、その雰囲気はバッチリでした。三保の松原なんかとは比にならないくらい広かったかな。

 

 

IMG_6519.jpg

4.5kmは伊達じゃなく暫くこの景色が続きます

 

 

IMG_6520.jpg

 

 

途中、立派な石碑があったので立ち寄ってみる。ひっそりと佇むその石碑は、特に何があるってわけでもなく人も少ない。。。何かしら意味があるんだろうけど、あまり考えず軽く参拝してみる。

 

 

IMG_6521.jpg

 

 

 

IMG_6522.jpg

鳥居なんかもあったりして

 

 

IMG_6523.jpg

さっきの写真は逆光だったのでこっちの方が雰囲気伝わるね

 

 

実はここに来るちょっと前に、からつバーガーとやらがお店を出していた。流れに乗ってたので急に止まれなかったこともあり、一旦スルーしたが丁度良いUターン場所があったのでサクッと戻ってみましたよ。

 

 

IMG_6524.jpg

移動販売しているようで、結構有名みたいですね

 

 

メニューを見るとどれもお値打ち。全部載せで490円だったかな。都内で1000円超えのバーガーが当たり前になっている身には迷うことなく全部載せをオーダーしました。そんなに空腹じゃなかったこともあり、とりあえずメインのバーガーだけをオーダー。サイドはポテトやドリンクが300円くらいで良心的な価格設定でしたよ。

 

 

車のナンバーを聞かれ、出来上がったらお届けしますというプチサービスも好印象。バイクなんでそこで待ってるよと伝え、オーダーされてから作っているバーガーを暫く待ちます。先ほどの石碑のところと違ってここは次々クルマが入ってくるので人気なんでしょうね。皆さんバーガーを楽しんでましたよ。

 

 

先客が何名かいたもんで、10分ほどして手渡ししてくれたからつバーガー。さて、お味はどんなもんでしょう?

 

 

IMG_6525.jpg

大きさはちょっと小ぶりな感じです

 

 

IMG_6526.jpg

目玉焼きにベーコン、チーズなど全部載せならではの充実感

 

 

大きさがそれほど大きくないし、お値段を考えたらこんな感じの手軽なバーガーが丁度いい感じですかね。変に上品じゃなく、純粋に挟んでBBQソース掛けました感がまたシンプルで良い。お味は特別うまくないけどコスパ的には十分ありだと思います。ツーリングの途中のおやつとしてはいい仕事してくれる感じですね。

 

 

こんな時間に食べちゃって大丈夫かなと思いつつも、今夜はどうせキャンプだろうし、特に食を楽しむ予定もないので気にしません。まぁこのくらいはおやつレベルなんで満腹にはなりませんよ。笑

 

 

さて、目的をひとつ果たしたのでそのまま唐津方面へ向かいます。R204で海沿いの道を走るのも悪くないけど、今日はちょっと時間がないのでショートカットしてk340から山道を進みます。

 

 

IMG_6527.jpg

虹の松原を抜けてすぐ見える唐津城

 

 

IMG_6529.jpg

こじんまりしてるけどやっぱりお城はかっこよくて惹かれます

 

 

ちょっとペースを上げて呼子方面へ。山道を抜けると見えてきました、呼子大橋。3度目の訪問なのでちょっとだけ懐かしい感情になりました。何も変わらぬその姿を見ると、田舎に帰ってきたようなホッとした気持ちになりますな。

 

 

IMG_6530.jpg

大分暗くなっちゃってるけど。。。

 

 

そのまま、風の見える丘公園にたどり着いて気がつく。ここ、やっぱり前回も来てるね。。。記録に残してない自分が悪いんだけど、なんとなく来たことあるかな?と思ってた記憶は正しかった模様。。。その時はソロじゃなかったんでまたちょっとイメージが違ったんだよなぁ。。。この景色を見て、ここ来たよってハッキリ思い出しました。初老を実感する瞬間ですね。。。笑

 

 

IMG_6533.jpg

ここからの景色は中々良いんですよ

 

 

展望台で海を眺めて黄昏たら、今夜の宿を取ってないことを思い出す。笑 はてさて、どーしたもんかな。。。波戸岬キャンプ場から一番近いキャンプ場を調べると、唐戸市役所自然ふれあい塾びぜんというところがある模様。とりあえず電話してみると、今日は超満員でソロの1張りも厳しいとのこと。。。この辺はキャンプ場少ないから波戸岬に行けなかった面々が集まってんのかね。。。

 

 

キャンプ場がないとなるとどっか近くに素泊まりするしかない。でもどうせ素泊まりするなら温泉に入りたいな。。。そんな欲を出して、駄目元で武雄温泉とか伊万里方面の宿に片っ端から電話してみるもどこも空いてない。仕方ないので諦めながらビジホにシフトしてみるもやっぱりどこもいっぱい。こりゃいよいよ駄目か。。。観光地は全滅だと思い、少し離れた佐賀県小城市のビジホに電話してみるとアッサリ予約が取れる。やっぱりマイナーどころのビジホしか選択肢はなかったよね。。。

 

 

宿が取れたら後は日が沈むまで観光するだけ。チェックインは20時過ぎと伝えたので、夜は移動時間だと思えばそれもアリでしょう。

 

 

そんな思いで波戸岬を見に行ってみることにする。ピストンになるので少し時間を食うけどここまで来て何も見ないのもね。。。呼子の朝市も諦めたし、何かしら思い出でも作ろうってのが正直な動機です。笑

 

 

IMG_6538.jpg

前回、イカの活き造りを楽しんだ海上料亭の萬坊。今日も結構な賑わいでした。

 

 

県道を駆使して殆ど往来のない細道を快走。こんな夕暮れ時に岬に来るなんて近くの宿泊客か地元民だけでしょう。。。でも、お陰で綺麗な夕日を眺めることができました。

 

 

IMG_6539.jpg

 

 

IMG_6540.jpg

灯台なんかもあって、中々の観光地だね

 

 

露店が並んでおり、牡蠣とかサザエ、イカ焼きなんかを楽しめそうだけど皆さん店じまい中。。。流石にこの時間だと厳しいかな?と思ってフラフラしてると、まだ食べられるよ!と女将さんが声を掛けてくれたので遠慮なくお邪魔してみる。BBQ形式で、目の前で海鮮を焼いてくれるっていうんで、アワビにサザエ、イカをオーダーしてみました。さっきバーガー食った記憶は既に消えております。笑

 

 

IMG_6543.jpg

地物の獲れたてというだけあって味は抜群でした

 

 

シンプルな炭火焼が一番美味いのは分かってますが、実にそれを地で行く美味しさ。ちょっと醤油を垂らすだけで十二分に上手いんだから贅沢な話です。海鮮好きの自分には大変満足出来る間食となりました。。。笑

 

 

そうこうしてると日が沈んでしまうので、岬の先っぽまでバイクを走らせてみる。ここ、昼間は観光客が沢山歩くであろう歩道のような細道だったので、本来は車両乗り入れ禁止っぽかったけど、特に記載がなかったのでそのまま先端まで行ってみました。

 

 

IMG_6547.jpg

沈む夕日

 

 

IMG_6552.jpg

波戸岬の先っぽで愛車をパシャリ

 

 

IMG_6550.jpg

基本的に綺麗なんだけど、ゴミが溜まってるところは溜まってるんだよね。。。

 

 

少し戻って、一人撮影会。日が落ちたこともあって、明るさが足りず、ちょっと微妙な写真になっちゃったけど、人がいないだけあって写真は撮り放題。。。自由にあれこれ楽しんでみました。笑

 

 

IMG_6553.jpg

 

 

 

IMG_6554.jpg

 

 

IMG_6558.jpg

 

 

 

IMG_6559.jpg

 


夕日を見に来てた地元の女の子グループに変な目で見られても気にしません。。。笑 こちとら横浜からバイクで旅してんだよ。横浜って言えば殆どの人がハイカラ人みたいな目で見るんだけどね。。。そんなことを伝える由もなく、一人で撮影を楽しみました。笑

 

 

さて、日が沈んじゃったのであとは宿を目指すのみ。ここから宿まで2時間くらい掛かるけど、まぁ仕方ない。携帯のナビを距離優先にして田舎道を爆走します。途中、波戸岬のキャンプ場のすぐ近くを通るので中の様子を見てみました。重機が沢山停めてあって、改装中なのは間違いない感じ。浜辺では勝手に入ってキャンプしてるっぽい地元の若者が音楽ズンズンで楽しんでたけど、やっぱり今日ここに泊まることは諦めて良かった感じだね。テントサイト的には区画されてる綺麗な感じで、眺望が良い自然なキャンプ場というよりは人工的な感じが強いキャンプ場でした。

 

 

これで今日のすべての目的は制覇。宿に向かって田舎道を一直線です。

 

 

IMG_6560.jpg

夜の田舎道は対向車すら皆無で完全に一人ワープ状態

 

 

街灯が少ないところも多く、ちょっと気を使う。距離優先にしたせいか、googleさんは容赦なく細道や山道をチョイスしてくれるもんで、オイオイそっちはマジで真っ暗じゃねぇか!みたいな道を案内されつつ、とにかくペースを上げてみます。後で走ったルートを確認すると、8割がワインディングの県道でした。。。この時間なら空いてるからメジャーな国道経由で良かったよね。。。笑

 

 

ホテルの近くで給油。明日は朝から動きたいのでそんな時は前日に給油するに限ります。正直なところ、この時間にやってるスタンドが全然なく、燃料計の残を気にしながら走ってたんだけどね。笑 やっぱりロングに出る際は、燃料計が残り1/4までに給油するくらいじゃないと心もとない。

 

 

IMG_6562.jpg

24時間営業のスタンドはホントに少ない

 

 

ビジネスホテルに到着して駐車場にバイクを止め、カウンターでチェックイン。この付近には居酒屋はおろか、コンビニもクルマじゃないと厳しい距離だと聞いてやっぱり関東の感覚ではダメなんだなと今更ながら思い知らされる。まぁ半分分かってたことだけど、ここ小城市は特にそんな感じっぽい。

 

 

クソ高いホテルの自販機で缶ビールを手に入れ、一息ついたらシャワーを浴びてマッタリ。外に出るのも面倒なので、昼間、道の駅で入手しておいた鳥飯とおはぎを晩御飯とする。おはぎは振動でひとつの塊になっちゃってたけど、小豆の味がしっかり分かる優しい甘さでございました。鳥飯はまぁ可もなく不可もなく。。。笑 さっきからつまみ食いばかりしてたんでそんなに空腹でもなかったから、これで十分満腹でしたよ。今日1日を思い返してみると、結果的によく走ったね。。。

 

 

IMG_6565.jpg

 

 

というわけで、九州ツーリング2日目が無事に終了。昼に門司で上陸してから唐戸市場を経由してここまで来たことを考えると、そこそこのペースだったんじゃないかと。今回は観光地というよりツーリングルートを楽しむのが目的だったけど、今まで色んなところを走ってきた身からすると、感動するレベルの道ってのはあんまりないもんだね。国道系より広域農道系の方が自分にはしっくりくるなぁ〜と思った次第。まぁでもそれを知れただけでも収穫なんで、明日もまたガッツリ走り回りたいと思います。

 

 

その3へ続く。

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274447
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.