G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[FLHX]2018 九州ツーリング その3

その1

その2

 

 

日が空いてしまいましたが、その3行きましょう。

 


さて、今日の行先は長崎から島原を巡り熊本に抜けるルートにしてみる。長崎はいつも雨で大した景色を見たことがなかったこと、島原から天草に渡って熊本に抜けるルートは既に走破済みだったので、今日はフェリーでワープです。天草は2周したことがあるんだけど、意外と時間が掛かったんだよね。あえて今日周回する意味もないので、今回は熊本フェリーに乗ってみます。では出発。

 

 

IMG_6606.jpg

天気が良くて最高のツーリング日和でした

 

 

 

佐賀県小城市のビジネスホテル、AZホテルで簡単な朝食を済ませたら出発です。時間は8時半。既に大半の二輪は出発済み。ちょっと寝坊ですね。最近のビジネスホテルによくあるバイキング形式の朝食を頂いたんだけどクオリティは想像通り。。。コンビニ飯の方がいいレベルなら、次回から朝食は摂らない方が良いかもしれない。

 

 

 

IMG_6566.jpg

 

 

まずは、牡蠣・蟹街道として有名なR207を目指します。ここは交通の主要道路のようで2車線で流れも速い。快適に快走します。まだちょっと天気は良くないけど、雨の予報じゃなきゃ問題なしです。地元のクルマについていいペースで走れます。

 

 

IMG_6567.jpg

どこの町でもこんな感じでメインになってる通りってあるよね

 

 

市街地を抜け、海沿いに近くなると何となくそんな雰囲気になってくる。海風のせいか海沿いの道の路面が凄く綺麗ってのはあまり見ない気がするけど、単純に交通量が多いから路面が荒れやすいんだろうか。。。ひび割れの補修後で地味にガタガタするけどヘビー級のFLHXからすりゃ大した問題じゃありません。

 

 

IMG_6568.jpg

 

 

暫く走って、道の駅を発見。道の駅太良たらふく館というらしい。ひとまず入ってみたけど時間が早すぎて露店はすべて閉まってました。そうだよねぇ、まだ早すぎますよね。何かしら朝ご飯にありつけるかと思ったけどここはサクッと諦めて先に進みます。

 

 

IMG_6569.jpg

路面が濡れてたんで前日ひと雨あったんですかね

 

 

道路沿い、至る所にある海鮮焼き屋を横目に、海沿いの道を走っていると、竹崎城址跡の文字が目に入る。お城は好物なんでフラッと寄り道してみますよ。うねうねと細道にそれたら、こじんまりした城址跡がそこにはありました。全くもってこじんまりという言葉がピッタリなお城だったけど、中々雰囲気あるじゃない。

 

 

IMG_6576.jpg

こう見るとちょっと立派だけどかなり小さいんですよ

 

 

ガラガラの駐車場に停め、テクテク歩いて上ってみると、予想以上に爽快な景色が広がってました。とても大事にされているとは思いにくい雰囲気の小さなお城だったけど、意外と嫌いじゃないよこの感じ。

 

 

IMG_6571.jpg

 

 

IMG_6572.jpg

ご飯屋さんっぽいのは右下の1店舗のみだった

 

 

IMG_6573.jpg

 

 

IMG_6574.jpg

 

 

IMG_6575.jpg

駐車場を見下ろしたところ

 

 

朝から軽く散歩が出来て少し気持ちのいい朝となりました。じわっと流れる汗も心なしか心地良い。やっぱり早起きして活動すると気持ち的にはスッキリするものがありますな。のんびりバイクに戻って先を目指します。

 

 

少し走ると竹崎港に到着。海鮮どころを探してみたけど、どこも閉まってる。漁師さんの朝は早いと思ったけど、小売はやってないっぽいですね。仕方ないので港のほとりで写真撮影。。。

 

 

IMG_6577.jpg

 

 

犬の散歩をしてる地元のおばちゃんがいたので、この辺で食事できるところはないか聞いてみる。この先のお店ならやってるんじゃない?との回答。やっぱり朝からやってる店は少ないらしい。まぁ当然だよな。

 

 

言われるがまま、教えてもらったお店に行ってみることにする。3kmほど先だったのですぐ到着。向かいにモーテルがあるところと言われたのがちょっと古い表現でほっこりしたのは内緒です。。。笑

 

 

IMG_6585.jpg

こちらですかね

 

 

お店に入ると準備中っぽい雰囲気だったものの、今から食べられますよと大将がお出迎えしてくれる。朝から海鮮って普通の人はあんまやらんと思うけど自分は全然オッケーなのです。笑 んじゃ地物の海鮮とやらを楽しんじゃいましょうか。

 

 

牡蠣焼きと書いてある通り、炭火焼きで海鮮を頂くスタイル。囲炉裏があるんでそこで自分で焼くわけだ。海鮮を適当に見繕ってもらい、焼き方のレクチャーを受けたら黙々と一人で海鮮焼きを楽しみます。。。笑

 

 

IMG_6581.jpg

これで千円くらいだったかな。小粒だけどコスパは高め。

 

 

IMG_6579.jpg

牡蠣はシーズン終わりとのことで少し小さめだとか

 

 

IMG_6583.jpg

サザエと奥はマテ貝の中間だそうで。。。

 


どれも美味すぎます。。。まぁ生きてるやつをそのまま焼くので不味いわけがない。新鮮だからってちょっと生っぽくても攻め気で頂きます。これが後々後悔することになるんだけど。。。笑

 

 

一つずつが小ぶりなので一口ずつ調子よく頂きます。レンタルしてくれた軍手のダウニー臭がキツすぎてちょっと食欲がなくなったのはここだけの話。。。笑 

 

 

実家に竹崎カニとやらをがっつり発送して店を後にする。大将も感じがよく家族で営業されている雰囲気だったけどいいお店でした。楽しいひと時をありがとうございました。また近くまで来た際は寄らせてもらいます。

 

 

さて、朝の楽しみが終わったので、本日のメインイベント、長崎の野母崎灯台を目的地とする。途中、海岸線には軍艦島が見えるルートです。軍艦島は昨今の廃墟ブームでかなり有名になってるんで、ちょっと観光船もありかなぁなんて思ったけど、時期が時期だけに飛び込みは無理っぽかったので諦めました。遠くから眺めるだけでもいいんでちょろっと行ってみますか。

 

 

R207で海沿いを走破したら諌早ICから長崎自動車道に乗ってワープ。長崎市街には目もくれず、一気に野母崎を目指してみます。市街地を抜けた先はR499で海沿いを流しますがクルマがどんどん少なくなって快走です。

 

 

野母崎港を過ぎ、少し分かりにくい山道を上っていくと灯台まで歩ける駐車場に到着です。ちょっとお腹の様子がおかしくなってたんで公衆トイレで用をたしましたがバッチリ下してました。。。笑 朝の海鮮チャレンジは見事に敗北です。笑

 

 

遊歩道をてくてく歩くと見えてくる灯台。山の上にあるので灯台自体はそんなに大きくないけど、日本の端っこに居る感は十二分にあって絶景を眺めながらここまで来たことを実感します。

 

 

IMG_6603.jpg

こじんまりした灯台でした

 

 

IMG_6586.jpg

見渡す限りの絶景

 

 

IMG_6587.jpg

 

 

IMG_6588.jpg

天気が良くてホント最高でした

 

 

IMG_6589.jpg

あれは五島列島ですかね。。。

 

 

IMG_6591.jpg

ステンレスの近代的な謎のオブジェもありました。。。

 

 

IMG_6592.jpg

トンビさんがおにぎりを狙っています。。。笑

 

 

IMG_6594.jpg

 

 

IMG_6593.jpg

 

 

 

IMG_6595.jpg

柵があって写真映えはしないけど、まぁこんなもんですかね

 

 

ひとしきり景色を楽しんだら駐車場まで戻ります。地元ナンバーの方が数名ツーリングに来てましたけど、やっぱりバイクで走りに来るにはいいスポットだね。近くに住んでたら走りに来るのも納得の良い景色でした。

 

 

地図を見ると隣に樺島という半島がにょっきり出ています。んじゃそっちも行ってみましょうか。

 

 

だーっと降りたらまただーっと登ってあちら側へ。こちらは写真スポットなのか何人かの観光客がいましたね。おじいちゃん達がカメラ片手にウロウロしてます。どうやら花とか鳥を撮りに来てるっぽかったです。

 

 

展望台まで歩いて行くと、こちらも絶景が楽しめました。

 

 

IMG_6604.jpg

こちらも似たような灯台です

 

 

IMG_6598.jpg

さっき居たのは正面の山の頂上ですね

 

 

IMG_6600.jpg

更に奥に展望台があったんだけど行かなかったよね。。。笑(右の山の頂上)

 

 

IMG_6601.jpg

30分以上掛かりそうな距離だったもんで。。。笑

 

 

IMG_6602.jpg

離れた岩礁の上に釣り人の姿が。。。

 

 

IMG_6596.jpg

釣り船ですかね。。。海の透明度が高いんで底が見えてるけど何が釣れるんでしょう。。。

 

 

いやはや、綺麗な海と青い空、最高じゃないですか。暑さも忘れるこの景色、ずっと見てても飽きません。長崎は雨が多くていつも市街観光しかしなかったんでここまで来れて満足でございます。

 

 

さて、あまり時間の余裕もないので来た道を戻ります。途中、軍艦島が見えたりしてたので写真でも撮りながらのんびり戻ることにしますよ。

 

 

国道R499まで戻り、後は適当に景色の良さそうなところでパシャパシャやりながら走ります。基本的にどこも快走ですね。クルマが少ないので海沿いを流すのは実に心地良いです。ハーレーのVツインサウンドを楽しみながら適度なワインディングを楽しみます。

 

 

IMG_6608.jpg

 

 

IMG_6606.jpg

海も浜もすごく綺麗なんですよ

 

 

途中、漁師の祭りでもやってたっぽい跡があったので乗り入れてみる。特に何もしてなかったけど、鯉のぼりが泳いでてちょっと良い雰囲気。少しだけ遠くに来た感が楽しめました。

 

 

IMG_6609.jpg

 

 

軍艦島が左手に見えてきたところでどこかで写真を撮ろうと思ってたら、祀ってある夫婦岩があったのでそこで撮影。ここも地元のツーリンググループぽい方達が小休止してたので便乗してひとり撮影会を楽しみます。

 

 

IMG_6611.jpg

 

 

IMG_6612.jpg

真ん中、向こうに見えるのが軍艦島です

 

 

IMG_6614.jpg

軍艦島とクジラっぽい島

 

 

念願の軍艦島を撮影。少しモヤってるけど、なるほど軍艦に見えるわぁと実感しました。今度来る時はちゃんと観光船の予約をしてがっつり見て回りたいね。

 

 

IMG_6616.jpg

目についた景色は遠慮なくパシャリ

 

 

長崎まで来て市街を全く見ずにスルーするってのも、何度か来てるから出来る芸当だよね。まぁ一度に全部見ようとするとうまく行かないもんだからこうやって何度か楽しむのがロングツーリングの醍醐味なのかもしれない。達成感はその都度感じるくらいが次に繋がってちょうど良い気がします。

 

 

色々満たされたところで、次の目的地は島原です。雲仙普賢岳を臨む景色もさることながら、今回はフェリーで熊本に渡る予定なのでルート的には必然ですね。来た道を一気に戻って島原半島を半周する感じで一気に走破します。

 

 

その4に続きます。

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274448
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.