G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[FLHX]2018 九州ツーリング その5

その1

その2

その3

その4

 

 

怒涛の更新です。。。雨で出かけられない時は、こういう時間に使うのが有意義な気がします。最近は携帯ゲームとかもあるので時間が取られちゃうんで、そういう系もあんまりやらない方が良いですね。。。笑

 

 

熊本で楽しい夜を過ごし、朝はすっきりした目覚め。結局今日は、阿蘇から由布岳を見に行き、大分の親戚のところにちょこっと顔を出して門司から帰ることにしました。明日からの本格的な雨は明後日まで続くとの予報を受けてのことです。キャンプ場を雨の中過ごしても仕方がないし、どこかの温泉宿で1日時間を潰すのもちょっと微妙だったのでね。。。何度も走っている九州ですが、たまにはこんなプランでもいいじゃない。その分、帰り道に能登方面か紀伊半島をぐるっとしてみてもいいしね。

 

 

というわけで、本日は20時前に門司に戻るというエンドを決めて動き出します。

 

 

IMG_6678.JPG

しっかり楽しんで参りました

 

 

 

 

出発は7時半。昨日の教訓を生かし、朝食はナシにしてもらってさっさと出発です。チェックアウトしたら荷物を持って駐輪場まで歩いて行き、そこで荷造りします。この時間だと早い方のようで他県ナンバーのバイクはまだ沢山停まってました。駐輪代はホテルの割引券を使って600円くらいの支払いの記憶です。楽しかった熊本、また遊びにくるよ!

 

 

まずはベタな国道を経由して一路阿蘇方面に舵を取ります。

 

 

IMG_6645.JPG

路面電車が走ってるとついつい撮影しちゃいます

 

 

IMG_6646.JPG

関東圏に住んでると馴染みがないんですよ

 

 

ちょっと記憶が薄いけど、恐らくR57で向かったと思われます。クルマの往来がソコソコあるルートだったんで。。。震災のせいで、道が分断されており、いろんな箇所が迂回になってた数年前と比べると復旧も進んで普通に走れるようになってました。流石に時間と共に復興は進んでますね。

 

 

IMG_6647.JPG

 

 

IMG_6649.JPG

 

 

既に適度なワインディングを楽しみながらの快走。これから走破する大自然の前哨戦として十分期待が高まる瞬間です。途中、大きな橋を渡ったんですが、その両崖がすごいことになってまして。。。掘削してるんだと思いますが中々見ることのできない景色でした。

 

 

IMG_6651.JPG

この橋なんですけど、正面の削られ具合も凄いんだけど、、、

 

 

IMG_6652.JPG

 

 

IMG_6653.JPG

こっち側はもっと凄く。。。崩れちゃったわけじゃない感じですよね

 

 

そのままうねうねと走ります。以前は迂回させられたところも綺麗に補修されて道が繋がってました。この調子ならずっと走り抜けられるかな? ひとまず阿蘇山を目指すことにします。

 

 

IMG_6654.JPG

こんな感じで道が新しくなっているところは補修されたところですね

 

 

去年来た時は、阿蘇山は噴火中で立入禁止でした。阿蘇山は常に噴火?してるんで、日によっては火山ガスの影響で火口までいけません。こればっかりはタイミング次第なのでどうしょもないんですが今日はどうでしょう。

 

 

熊本方面から向かうと最初に出てくる阿蘇スポットは米塚です。なんてことない禿山?なんだけど、初めて見た時は驚いたよね。流石に何度目かになればいつも通りだけど、阿蘇に来たなってのを実感できる瞬間だったりします。

 

 

IMG_6656.JPG

中々見ない景色でしょ?

 

 

正面には阿蘇山がどーんと聳えています。阿蘇山に向かって走っているので、進行方向には雄大なその景色を望むことができます。いやー天気もいいし最高だね。山の景色はいつ見てもその壮大さに感服させられます。

 

 

IMG_6657.JPG

今から向かいますからね

 

 

そのまま走り続けると草千里が出てきます。ここは広い原っぱみたいなイメージで、ちょっとした池もあるとっても雰囲気のある場所です。普段はスルーしちゃうところだけど今回は朝が早くていいペースで走れていることもありちょろっと立ち寄って撮影してみました。

 

 

IMG_6658.JPG

 

 

IMG_6659.JPG

向こうの煙が立ってるところが火口です

 

 

IMG_6660.JPG

 

 

ランニングやチャリダーは何人かいましたがクルマは皆無。二輪も殆ど見ませんでした。まぁ今日はGWの中日、平日だもんな。朝からこんなとこ走ってるのはロングツーリングしてる人だけでしょう。。。

 

 

阿蘇周辺は基本的に全部牧草地みたいになっており、ところどころで放牧している姿も見られます。牛達が自由に草を食む中、Vツインの鼓動館を楽しみながら走るのは本当に最高ですよ。阿蘇ツーリングがやめられないのはこんなのどかな景色と雄大な山、そして走りやすい道にあると思います。

 

 

IMG_6662.JPG

常に見通しがいい直線路が続きます

 

 

火口入り口の駐車場に着くと、今日は火口まで行けると書いてあります。ゲートのおじさんに聞くと今日はオッケーとのことで先に進みます。ダメな時はここで引き返すしかないんです。

 

 

IMG_6663.JPG

ここから先は火山灰だらけのちょっと異様な景色に変わります

 

 

頂上の駐車場にバイクを停めてテクテク歩いて火口まで。観光客の数はそれほど多くなく、すんなり見て回れました。何度目か忘れましたが、いつ来てもこの物々しい雰囲気はここだけのものだと思います。

 

 

IMG_6665.JPG

いたるところに避難壕があるのはここくらいですよね

 

 

IMG_6664.JPG

モクモクと上がり続ける噴煙

 

 

IMG_6666.JPG

 

 

IMG_6667.JPG

 

 

IMG_6668.JPG

 

 

火口の中を覗き込むとブクブクと湧き続けています。これこそ初めて見たら驚く景色だよね。九州ツーリングのレポートはいつも序盤で途切れてしまっているので、当ブログで紹介するのは初めてになりますが、まぁググればなんでも情報が手に入る時代ですから特に珍しいもんでもないですかね。。。笑

 

 

火口を通り抜けてそのまま反対側をぐるっと回って駐車場に戻るルートなんですが、そちらの景色もまた凄い。噴火した際に緑はすべて吹っ飛ばした感じの荒野となっていて、本当に火山なんだなってのを実感する景観です。

 

 

IMG_6669.JPG

 

 

IMG_6670.JPG

 

 

IMG_6671.JPG

 

 

IMG_6673.JPG

 

 

去年立入禁止になっていたこともあり、このところの噴火の影響があったんであろう景色が以下になります。ガードレール的な丸太の柵なんですけど、いとも簡単に吹っ飛ばされたような壊滅具合でした。いやー、こりゃマジで噴火したら相当なエネルギーだね。こんなごつい杭がボロボロですよ。。。

 

 

IMG_6674.JPG

 

 

そんなこんなで一通り見て回ったら駐車場に戻ります。ちょっとずつツーリングバイクも増えてきてました。朝から仕事しているであろうバイク仲間にこの写真を送りつけます。諸君、しっかり働いてくれたまえ!

 

 

さて、次の行き先は大観峰方面にしようかな。阿蘇は広いのであっちこっち走り回れます。

 

 

IMG_6676.JPG

先ほどの火口入り口まで降りていく景色がまた凄いんだ

 

 

駐車場でトイレ休憩したらそのまま走り出します。k111、阿蘇パノラマラインを下っていきます。天気が良いので見晴らしも良く気温も快適で実に心地よい。気になったところで写真を撮りまくってのんびり下山することにしました。

 

 

IMG_6677.JPG

 

 

IMG_6679.JPG

 

 

 

IMG_6681.JPG

 

 

IMG_6682.JPG

この一枚はツーリングの楽しさが伝わる写真だね〜

 

 

IMG_6683.JPG

 

 

IMG_6684.JPG

 

 

IMG_6685.JPG

 

 

IMG_6686.JPG

 

 

IMG_6687.JPG

 

 

写真の羅列ばかりで申し訳ない。説明を入れようと思っても似たような文句になっちゃうんで余計なことは書きません。笑 これらの写真を見て何かしら感じる人がいれば是非走りに行って同じ気持ちになってみてください。九州ツーリングで阿蘇は外せないと多くの方が言う理由がわかると思います。

 

 

さて、時間は10時前。まだ早いなぁと思ったところでちょっと閃く。阿蘇では有名ないまきん食堂っていう赤牛丼のお店があるんですが、そこで開店一番に入れればちょうどいい朝ごはんになるかな? そうと決まればちょろっと寄ってみましょう。

 

 

有名すぎるいまきん食堂ですが、混みすぎてるのと大したことないとの噂を信じてあまり本気で行ったことがありません。地元の人は行けても赤牛丼は頼まないという贅沢なチョイスをしているようで、なんでこんなに混むのか分からない様子だったのもあってちょっと敬遠してるんですよね。今回は開店1時間前には着きそうなのでもしかしたらワンチャンあるかな?という淡い期待を抱いて向かってみたのです。

 

 

IMG_6688.JPG

結果、こんなでした。。。笑

 

 

開店一時間前でこの行列。しかもお店はそんなに広くないとのことだったので、1巡目でのご案内は厳しい感じ。だとするとここで1時間以上潰すのはもったいない。。。というわけで、今回もいまきん食堂はお預けとなりました。。。笑

 

 

はてさて、続く目的地は大観峰です。サクッと走ればすぐに到着。ここもツーリングスポットとしては超有名ですね。山々に囲まれた阿蘇の街が一望できる景色はここだけじゃないでしょうか。阿蘇山と挟まれた平地に碁盤の目のように並ぶ田畑がまた見事なんです。

 

 

IMG_6689.JPG

 

 

IMG_6690.JPG

 

 

IMG_6691.JPG

 

 

IMG_6692.JPG

有名なんで観光客多数ですが、まだ朝早いこともあり駐車場はまだ余裕がありましたよ

 

 

一通り景色を楽しんだら、露店でちょろっとつまみ食い。朝から何も食べてないので小腹を満たします。じゃがベーコン巻きだったかな、特に名物とかその手の類のものではなく、完全なるつまみ食いでございます。

 

 

IMG_6694.JPG

見た目通りの味とボリューム。。。笑

 

 

お腹が満ちたら何するわけでもないので出発します。ここはライダーが溜まってるので関東ナンバーだと声かけられたりすることが多いんですが今日はそんな隙を一切見せずにサクッと退散です。。。笑

 

 

帰り際、未舗装の駐車場でちょこっと映える写真を撮ってみる。砂利になるだけでやっぱりちょっと雰囲気変わるよね。

 

 

IMG_6695.JPG

 

 

IMG_6696.JPG

奥がさっきまでいた大観峰です

 

 

考えることはみんな一緒で、何気に写真待ちの列ができてたのは内緒です。。。笑 うまいこと周りの人を入れずに撮影できました。

 

 

一人だとあまりゆっくり観光しないんですが、そんなノリで次の目的地を目指します。このまま北上して長者原を経由し、大分方面に向かいます。

 

 

IMG_6697.JPG

こんな景色がずっと続くわけです

 

 

IMG_6698.JPG

あ〜気持ちがいい。。。

 

 

長者原へ向かう道中の道も中々いい感じなんですが、だーっと下ると絶景の一つ、長者原に到着です。ここは誰もが写真を撮るスポットなんですが、今回はレンタカーにフル乗車したチャイニーズの方々が道路の真ん中で寝転がったりして大変楽しそうに撮影しておりました。。。アガる気持ちはわかるけど、やりすぎじゃね。。。笑

 

 

IMG_6700.JPG

チャイニーズ御一行がどいてから撮影。。。笑

 

 

阿蘇方面から走ってくるとこの写真の奥側から来ることになります。大分方面からだとこの景色がどーんと現れるのでその方が驚きは大きいかも知れない。初めて来た時はまさに走ってたらこの景色が突然現れたんで感動した記憶があります。

 

 

一息ついたら、そのまま北進。快走できるワインディングはずっと続きます。九重連山を眺めながら走り抜け、由布岳に到着。ここはあえて大分道を使わず下道で行くとこの景色を見ることができます。こちらも由布岳どーんなのでちょっと感動しますよ。

 

 

IMG_6702.JPG

 

 

IMG_6703.JPG

 

 

このまま走り抜けると、由布岳のすぐ下を通るんですが、こちらも阿蘇に似た裾野を望むことが出来、中々の雰囲気です。あまりこの手の山肌は関東圏だと少ないんで珍しいよね。知ってる限りご近所だとビーナスラインまで行かないと見れない気がします。

 

 

IMG_6704.JPG

 

 

IMG_6705.JPG

 

 

IMG_6706.JPG

 

 

IMG_6707.JPG

 

 

ちょっとでも雰囲気が伝われば。。。笑 まぁこんなの見てないで行く方が確実です。ツーリングでこの空気感を感じに行って下さい。クルマで感じるモノとはちょっと別なんだよな。バイク乗りにしかわからないかも知れないけど。。。

 

 

この後、大分の親戚の家に顔を出してお昼をご一緒し、駅前の高層ビルの屋上にある天空の湯?とやらでひとっ風呂浴びたらお土産を色々と手に入れて、帰路です。そう、今日はこれからフェリーに乗って大阪に戻ります。なんとも短い九州滞在だったけど、明日から二日間雨に打たれることを考えたら仕方なしです。

 

 

フェリーといえば大分からも出てるんでそちらに電話したものの全く繋がらない。マジで何度かけたか分からんレベルで掛けたけどお掛け直し下さいになったんだよな。電話が繋がらないって、営業してんのかね。。。出来れば大分から船に乗れればここで時間潰すだけだったのになー。そんなわけで、帰路も名門大洋フェリーになりました。こちらはすんなり予約OK。予約もそうだけど運賃も安いんでまぁいいでしょう。そうと決まれば門司まで一気に走り抜けますよ。

 

 

IMG_6708.JPG

ひとまず大分道に乗っていけるとこまでいきます

 

 

IMG_6709.JPG

ガラガラなのでいいペースで走れました

 

 

東九州自動車道に乗り換え、そのまま爆走。ここ、昔は高速繋がってなかった気がするけど、、、どのくらい前の話かなー。以前は門司まで戻るのに下道使った気がするんだよね。

 

 

IMG_6710.JPG

対面通行区間が昔の名残かも知れないなぁなんて思いながら爆走

 

 

パラパラ雨が降り出す中、どうにかやり過ごせるかなーと思ってるとここでトラブル発生。。。左にバンクさせるとガリガリと擦れる音が響きます。うおおお!?何事だ!?ひとまずバイクを直立させてそのまま次のPAに到着。何事かと見てみると。。。

 

 

IMG_6711.JPG

マフラー落ちてました。。。

 

 

IMG_6712.JPG

2本のボルトで止まってるはずがどちらも無くなってます。。。

 

 

いやいやいや、嘘でしょこの展開。。。時間がない時に限ってこれだもんなぁ。。。ひとまず車載工具を引っ張り出してどうにかならんかと思案してみる。。。なぜか1つだけ入ってた鉄の輪っか的な部品があったので、そいつを使って応急処置。この輪っかがまたかなり硬いので加工に苦労したけど、ひとまずぶらぶらしてるよりはマシレベルの応急処置をしておきました。

 

 

IMG_6713.JPG

こうみると全然付けれてない感じがするけど、意外とハマってます。。。笑

 

 

先日車検の際にマフラーを外してるはずなので、その時の取付に問題があった模様。。。というか、このマフラー、エキパイの部分がしっかり閉まらず思い切り締め込んでも走ってると傾いて来るのよね。。。オーバル形の真ん中にステーがないのも構造上の問題だと思うけど、どう締めてもまっすぐにならないって欠陥品だと思う。笑 オーバルの迫力は好きなんだけど、円形のマフラーに変えようかなぁとか思っちゃうよね。この形状のせいでバンク角も犠牲になってるしな。

 

 

という感じで、ちょいとトラブルがあったもののそのまま走ります。雨はちょいと小雨レベルになってきました。フェリー乗り場には出港30分前位に着いてギリギリくらいなので、なるべく早い方が良いです。

 

 

といいつつ、相変わらずの爆走のおかげでちょこっと時間に余裕が出来たので、九州最後の食事として博多ラーメンを食べてから向かうことにする。通り道にある店という条件で評判が良さそうな店を調べてサクッと寄り道です。ラーメンだけ食べられればそれで満足ですから。

 

 

IMG_6714.JPG

地元の方に愛されているとの評判だったこのぎょらん亭にしてみました

 

 

IMG_6715.JPG

絵に描いたような博多ラーメンを頂きました

 

 

シンプルにうまい。最後にちゃんとした博多ラーメンが食べられて良かった。これで思い残すことはないなー。

 

 

小雨の降る中、一気にフェリー乗り場まで行くと、他の車やバイクは殆ど乗船済みでした。まぁ元々の台数が少なかった感じもしたけど、駐車場のおっさんに手続きはこっちだよ〜と促されてチケット購入。そのまま乗船となりました。

 

 

IMG_6716.JPG

錨をあげろ〜

 

 

IMG_6719.JPG

さらば九州、また遊びに来るよ

 

 

というわけで、中3日というショートステイになってしまった九州ツーリング。今回は以前走ったところを再訪した感が強いルートだったけど、「走って楽しい道を走ってみる」が目的だったのでそれなりに楽しめました。やっぱり阿蘇は最高です。全国色々行ってるけど、ここにしかないものがありますね。熊本の街も楽しいし、美味いものも多いし、見所いっぱいですよ。今度は事前にビジホ予約して空荷で走り回るってのもオツな気がして来ました。あの荷物を積んで走るから旅感が出るのは間違い無いんですが、結局九州で一回も荷物開けてないからね。。。それもどーなの?っていうね。笑

 

 

フェリーの後はそのまま大阪から一気に帰ることもできるけど、そんな野暮なことしませんよ。帰路に色々寄る予定で早く切り上げたんだから。でも、雨雲はフェリーと一緒に移動してる感じだったので、大阪でも快晴は期待できない。。。だとすると大阪観光するしかないかなぁ。。。そんな次の予定をフェリーの中で考えつつ、今日も早めに寝落ちしたのでした。

 

 

その6へ続く。

 

 

コメント
from: GUN   2018/09/19 6:48 PM
やっぱり、九州はダイナミックでいいなぁー。
その景色見ちゃうと、
心揺さぶる快走路は本州にナカナカないですよねー。

阿蘇、湯布院系の山々はいつか再訪したい。

妖怪ボルト緩めに取り憑かれてますね(笑
from: gooo   2018/09/21 11:26 AM
> GUN様
毎年のように行ってるのはあの景色が見たいから。。。
そんな思いで恒例行事としております。

んー、今回の件は自然に緩むのは考えにくいんだけどねぇ〜。
ハーレーならではの体験が出来たってことで。。。笑
from: ヒナ   2018/09/25 12:56 PM
ご無沙汰です。
その1からその5楽しく読ませていただきました。
この行程っていつかのGWに2台でいったものと近いですかね?
高千穂で流しそうめんしたり雨の中キャンプしたり、熊本の夜楽しんだり、いいチャンポンに巡り会えなかったり、廃校に衝撃受けたり、唐津でイカ食べたり、、あの頃は何もなかったけど何もない分、楽しかったなーと過去を美化しつつ色々思い出しながら楽しませていただきました。

その6も楽しみにしています!
from: bana   2018/09/26 11:17 PM
来年こそは旅に出たくなりました!笑
テント張ってる写真お待ちしております。笑
from: gooo   2018/09/28 6:58 PM
> ヒナ様
そう、あれは3回目くらいに九州行きした時だったねぇ。
記録に残してないけど記憶にはバッチリ残ってます。笑
予報が悪くて北か南か迷ったけど結局南にしちゃいました。


> bana様
同じ場所に行ってもその時々で景色は変わりますからね。
今後も続けていこうと思っています。
テントは事情に左右されるんで約束できませんね。。。笑
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274450
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.