G-Style

goooさん的趣味blog
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[FLHX]2019 北海道ツーリング記 その2


翌朝4時半。定刻通りに小樽港に到着。下船は順調に進み、思ったより早く下船開始となる。10年ぶりに降り立つ北海道。朝早いせいか既にひんやり涼しい空気感。10年前のワクワクとは違うが、やってきた感とここから始まるドラマに嫌でも期待は膨らむもんだ。はてさて、今回はどんなことが待ち受けているでしょーか?

 

_MG_7705.jpg

はてさて、旅の始まりでございマス

 

 

経路:小樽→北竜→美瑛→富良野→十勝→上士幌

 

2019 北海道ツーリング記 プロローグ

2019 北海道ツーリング記 その1

 

 


船内でばったり再会したメンバーがとりあえずセイコマで朝飯にするということだったので、あやかることにする。セイコマにはHOT CHEFという店内にキッチンがある店舗があり、出来立てのご飯が楽しめるらしい。セイコマにランクがあることなんて知らんかったぞ。

 


走り出してすぐに感じる一般道の流れの速さ。10年前は少々戸惑ったもんだが今となってはそうそうこれこれって気持ちになれる。基本的に普段からちょいとスピード超過気味なのでテンション上げつつ、北の大地の空気を楽しみながらひとまず北上する。

 

 

IMG_7707.jpg

とりあえず付いて行く系

 


何軒ものセイコマを通り過ぎ、ようやく現れたHOT CHEF対応店に到着。定番の手作りおにぎりとカツゲンで栄養補給。こんなでも早速北海道らしい食事にありつけ、幸先のよいスタートが切れた感がある。まぁこの後もセイコマいは大分お世話になるんだけどさ。

 

 

_MG_7706.jpg

手振れ失礼。。。

 


同行者は今日はひたすら北上するらしい。自分は日程的にも今回は道東のみに絞っていたので、もう少し北上したら別れることにする。思いつきで10年前にスルーしてしまった北竜のひまわり畑まで行ってみたいとの思いを伝えたところ、そこまでご一緒することになった。ひまわりなんて柄でもないが、観光ガイドに載ってるところは一通り押えておきたい性分なんです。。。笑

 


一般道を北上しつつ、ホクレンで給油。乗船前に満タンにしてきたから、俺は入れないよ?と伝えたところ、違う違うそうじゃそうじゃない!と鈴木雅之バリに否定され、ホクレンで給油すると旗を買う権利が得られると教えられる。北海道の楽しみ方を分かってませんね?と言われちゃ黙っていられない。すぐさま3リッターくらい給油してホクレン旗をお買い上げとなりました。北海道を4つに区切り、赤、黄、青、緑の4色の旗が集めるのが北海道ツーリングの楽しみでもあるらしい。いつもなら提携のクレジットカードが使える給油所に行くところだが、この旗の為に給油はほぼホクレンで行うというホクレンの戦略にまんまとヤラレたのでした。(単純)

 

 

雨ではないが厚い雲に覆われた空を眺めながら北上を続け、ひまわりの里に到着。向こうの丘に見える黄色地帯に気持ちが高まる。朝早いので観光客はほぼいなかった。駐輪スペースにバイクを停め、ひとまず展望台に上がってみる。掃除していたスタッフに話を聞くと、今年は去年の半分くらいの開花率のようで、悪天候が続いて元気がないとのことだった。確かに黄色より緑が多い気がする。

 

 

_MG_7712.jpg

着きましたよ

 

 

_MG_7710.jpg

中々のモンでしょう?

 

 

台風の影響もあってなぎ倒されているひまわりも多かったが、それでもこれだけの斜面に埋め尽くされたひまわりは圧巻。快晴&満開の際は大層な景色になるんだろうね。それは想像で補うしかないので、次回またいつかリベンジに来ることにしよう。

 

 

_MG_7708.jpg

あまり大きくないんだけどね

 

 

_MG_7714.jpg

花が結構ヤラレてんのが分かるかな?

 

 

_MG_7711.jpg

一人だけやる気ある感じ

 


たまにパラつく雨があったりと、イマイチ気持ちよく太陽が顔を出さない天気。上着がないと肌寒いくらいなので、10年前の失敗で学んだ「思ったより寒くなる場合がある」件への備えが早速役立つこととなった。

 

 

一通り鑑賞&撮影が済んだら、ここで同行者とは別れ、一人道央へ向かうことにする。札幌付近は素通りし、富良野周辺のザ・北海道の景色を楽しんでくるとするかな。富良野は10年前も雨でロクな観光が出来なかったので、そのリベンジという意味でも今回押さえておきたかった。

 

 

_MG_7718.jpg

ぱっとしない天気でございます。。。

 

 

富良野周辺といえば、なんちゃらの木や丘が有名だが、何気にあまりハッキリとした記憶がない。まぁ出展が随分前のCMだったりTVだったりするので、今となってはそれを見れないから当然だけど、それなりに理由があって撮影に使われただけに、どこも有名な撮影スポットになりつつある。確かにソコにしかない景色なので、北海道に行ってきた感を出すには丁度いい撮影ポイントではあるね。でも近くに観光バス用の駐車場が整備されてたり、聞こえてくるのは中国語・韓国語ばっかりだったりと、10年前とはやっぱり雰囲気が違うなぁ〜ってのは嫌でも感じる現実です。

 

 

_MG_7719.jpg

マイルドセブンの丘。右手方向に観光バスが来てるんですよ

 

 

_MG_7720.jpg

反対側は晴れてきてる。。。

 

 

_MG_7722.jpg

こっち側もね

 

 

_MG_7724.jpg

お約束のケンとメリーの木。もうこの大きさにはビビらないよ?笑

 

 

_MG_7734.jpg

マイルドセブンの木の手前。笑

 

 

お次は地図上で見つけた、パッチワークの路。見渡す限りの富良野平原とか記載されてたからちょいと期待してみたものの、行ってみると寂れたただの展望台しかなかった。ここは有名なのか? 観光地としてちょっと整備されていた感はあったけど、わざわざ見に来るレベルじゃなかった。ここでも中国人が大はしゃぎ。この人たちはどんな観光ガイドを見てココに来てるんだろう?とちょっと疑問に感じた。笑(後ほど調べてみるとラベンダーの季節がヤバイとのこと。8月中旬では季節的に終わってたみたい)

 

 

_MG_7726.jpg

こんな展望台がありまして

 

 

_MG_7727.jpg

こんな景色が

 

 

_MG_7728.jpg

見渡せるんですけどね。。。

 

 

_MG_7730.jpg

緑部分がカラフルだったら迫力ありそうね

 

 

_MG_7731.jpg

駐車場からもいい眺めが見れます

 

 

ここにも出店があり、なんかつまみ食いしようかな?とか思ったけど観光客狙い全開の佇まいだったのでやめました。笑

 

 

次の観光スポットへの移動中の田舎道で、雰囲気がよさ気な場所があったのでちょこっと撮影。やっぱり地図上に記されたスポットもいいけど、走ってて見つける自然の景色ってのも結構いいなと思う場所があるんです。ソロだとこうした途中撮影が自由気ままに出来るってのもお気楽で良いよね。

 

 

_MG_7735.jpg

あー、広い!広大ですよ!

 

 

_MG_7736.jpg

こんな田舎道をノンビリ走るわけ

 

 

_MG_7739.jpg

今日のベストショットです

 


そして次に向かったのはジェットコースターの道。起伏のある直線路のことなんだが、北海道ならではの直線路がキツ目のアップダウンを繰り返す道。ってのは誰もが知ってると思います。ここもライダーに有名なスポットかと思いきや、普通の観光客(クルマの人)も多く、路駐して撮影している人も多かった。走ってみると大した起伏には感じないんだが、随分先まで見通せると大分非日常感のある写真が撮れる。国道から一本入った支線だけどこんなに往来がある支線は珍しいんじゃないだろうか。

 

 

_MG_7742.jpg

写真だとちょっと伝わりにくい

 

 

_MG_7743.jpg

こっちの方が迫力あるね

 

 

_MG_7745.jpg

こんな感じで走り抜けます〜

 

 

往復して楽しんじゃうほどの人もいるようだけど、自分はワンウェイで十分でした。意外と距離があるので戻ると若干タイムロスになります。

 

 

ルート的にちょっと微妙になってしまったが、次は四季彩の丘に行ってみることにする。ここも富良野らしい花と丘のコラボレーションが楽しめそうな雰囲気っぽいぞ。とりあえず行ってみよう。ちゃんとした駐輪場らしきものがなかったが、園のすぐ前にある空き地にちょこっと停めさせてもらう。ここは若干テーマパーク感があって、ちゃんとしたゲートがある入口から入る模様。今までの観光地からするとちゃんとした商業施設感がありました。

 

 

_MG_7752.jpg

綺麗は綺麗でしたけどね

 

 

中に入ると花が咲いているのは建屋の周辺のみで、遥か彼方に縞模様が美しい丘が見えるのみ。あそこまで歩くのは、、、と躊躇していると、有料のトロッコが出ている模様。。。一人で乗ってもアレなので、ここからズームで写真を撮るのみに留め、今回は建屋周辺のみ散策して後にした。ここは今日一番の混雑具合で、家族連れやらカップルなどで大変な賑わいであった。関東にも良くあるなんちゃら牧場みたいな雰囲気といえば伝わるだろうか。

 

 

_MG_7747.jpg

遥か彼方に綺麗な縞模様が。。。

 

 

_MG_7748.jpg

精一杯のズームで良しとする。。。笑

 

 

_MG_7746.jpg

こんなトラクターがトロッコ引っ張ってたんです

 

 

_MG_7749.jpg

歩ける範囲の花をパシャり

 

 

_MG_7750.jpg

なんだか騒がしい花でした

 

 

それらしい写真を何枚か撮れたので、特に何も買わず四季彩の丘を後にする。お次はベタな観光地である青い池に行ってみます。前回は雨だったこともあり完全スルーを決め込んだので、今回はちょいと遠回りになるけどしっかり見てきますよ。向かう途中にある「小麦畑と青い池」とかいうカフェの駐車場に入ってしまったが、完全に間違えたぞ。お陰で裏側からアクセス出来たけど。

 

 

青い池もちゃんとした駐車場が完備され、露店が幾つか並ぶ観光地となってました。池を見るにはぐるっと回るルートを一方通行で案内されます。途中途中で撮影ポイントがあるのでそこでパシャパシャやります。雲が多かったせいで湖面はグレーでしたが、青空の時は真っ青になるっぽいね。これはこれで見てよかったと思える景色だったので良かったです。最後まで歩くと結構な遠回りになることを知り、途中離脱して駐車場まで戻りました。こちらも結構な数の観光客が来てましたね。地元ライダーも多かった印象。

 

 

_MG_7755.jpg

見えてきましたよ

 

 

_MG_7756.jpg

おおっ

 

 

_MG_7757.jpg

おおおっ

 

 

コレは中々見れない景色を見られた感があって、ちょっと満足度高かったね。快晴ならもっと青いことは間違いないだろうけど、こんなにアクセス良いところにこんな景色があるのはちょっと驚きでした。

 

 

バイクに戻って地図を見ると、すぐ先にしらひげの滝とやらがあるらしい。ついでなのでそちらも写真に収めます。

 

 

_MG_7760.jpg

橋の上から撮影。滝はやっぱり涼しげで好き

 

 

_MG_7761.jpg

意外と立派でした。。。笑

 

 

そんなこんなで、青い池周辺の観光を終えたらここから十勝岳方面に向かってワインディングを楽しむことにする。

 

 

うねうね走っていると現れた「十勝岳望岳台」の文字。ほほぅ、ちょいと寄り道してみましょうか。十勝ったら小さい頃から牛乳のパッケージに書いてあるイメージで、身近な響きですからね。標高もそこそこあるし、いい景色が望めるんじゃないかな? 結果、まぁまぁ気持ちの良い景色を楽しめました。登山客が多いようで駐車場がいっぱいな割りに人が少なかったですね。火山っぽいゴロゴロした岩がずっと続いてまして、中々の景色でしたよ。でも観光客はあまり来ておらず、人気がある感じではないようです。この辺は温泉旅館も多いし、登山に来るのもアリですね。

 

 

_MG_7768.jpg

大分天気も良くなって気持ちが良い!

 

 

_MG_7766.jpg

ちょっと寂しい感じはありつつ

 

 

一息ついたら出発。ここからのワインディングが中々楽しかった。キャンプ場の看板が幾つかあったので、この辺で宿営しても楽しそうだなとか思ったけど、結構肌寒かったのでそれなりの装備があったほうがよさそうだね。富良野観光のベースとしては良さそうな感じです。

 

 

基本的にGoogleMapによるナビで目的地まで移動しているが、Googleさんは気を使いすぎるのか、結構な細道を案内してくれます。例によって今回も国道と併走する細道を案内してくれまして、いいペースで走れてはいたんですが、地元民の抜け道的な道路で快走できる。するとどうでしょう、民家の影に隠れる青服の白馬の王子様がいらっしゃるじゃないですか。そんなところで何をされてるんですかね。快走する二輪を虎視眈々と狙うその姿、バッチリ拝ませて頂きましたよ。

 


こちらが気付くと微動だにしない王子様。結構スピード出してましたが、気付かないヤツのみ狙ってんだね。流石にいろんな経験値が上がってますので、今回の旅では検挙されることはなかったですが、ネズミ捕り的なトラップやら待ち伏せやらは結構な数遭遇しました。ツーリングライダーは常に狙われておりますね。

 

 

_MG_7771.jpg
飛ばすなって言う方が無理な直線路ばっかりですもん

 

 

12時も回りお昼ご飯のことも考えつつ、前回雨で勇退した富田ファームも寄ってみることにする。10年前は朝早かったことと土砂降りだったことが原因で、観光客がほぼいない寂しい雨の中をテクテク歩いた悲しい過去しかないので、今回は期待出来るでしょう。天気も良くなってきたし!

 


そんなこんなをやり過ごし、富田ファームに到着。なんとまぁ立派な施設になっちゃったのね。カフェとかあってオサレ感すごいじゃないの。飲食できる別館的なものがあって、この10年で随分と変わったんだね。最早ファームというより普通の商業施設になってましたよ。

 

 

_MG_7772.jpg

バルーンまで飛んじゃってますね。。。笑

 

 

ここでも同じく中国語や韓国語が飛び交う。花壇の中にズカズカ入っていって写真を撮る姿も珍しいもんじゃありません。ツアーレベルで来てる団体も多く、それらに巻き込まれると進みも悪いし煩いしでゆっくり見れたモンじゃない。適当にやり過ごしつつ、思ったところで写真を撮りながら後にしました。

 

 

_MG_7774.jpg

さっきと似たような写真だけど

 

 

_MG_7776.jpg

展望台からもね

 

 

_MG_7777.jpg

十勝岳が良く見えます

 

 

_MG_7779.jpg

大分天気よくなってました

 

 

_MG_7781.jpg

ラベンダー畑はオールグリーン。。。笑

 

 

昼過ぎということもあり、バーガーやら軽食やらに惹かれたものの、特に決め手となるメニューがなかったので、お食事は別の場所でとることにする。そういえば、朝一緒だった同行者がこの近くにある「くまげら」がヤバイと言っていたので、ひとまずお昼はそこにしてみよう。ところでくまげらは、北の国からのロケ地になったという有名店みたいですね。残念ながら北の国からはちゃんと鑑賞した事がなく、田中邦衛さんのモノマネレベルの知識しかナイので大変恐縮ではありますが、美味いローストビーフ丼があるとなれば行ってみるしかないでしょう。

 

 

人気店なのは間違いないようで、駐車場が離れたところにあり、ほぼ満車状態。こりゃ無理かと思いながらも入店してみると、カウンター1席なら即OKでございました。タイミングよかったな。勿論ローストビーフ丼をオーダー。ご飯の増量は無料とのことだったので、増量して頂きました。

 

 

_MG_7782.jpg

ででん!

 

 

ローストビーフというより、牛刺しって感じですね。わさび醤油が良く合います。しかし肉が薄すぎてちょっと物足りないかなぁ〜。肉の暑さは2mm以下と言っても過言ではないレベル。熊本の赤牛丼の方が食べ応えある感じです。この肉の薄さに対して増量したご飯はちょっとアンバランスでした。笑 でも溶けるレベルの高級牛の味はしっかり楽しめました。これで2000円なんだけど、個人的には相応かなって評価でした。ご馳走様でした。

 

 

_MG_7785.jpg

ご飯のぎっしり感は文句なしでしたけどね。。。笑

 


さて、めぼしいところの観光はこれで終わり。道東を目指してもうちょっと移動しておけたら御の字だなとの思いから、進路を東に取る。途中、歩道に乗り上げたパトカーを遠目に発見。コレこそ10年前にお世話になったネズミ捕りですよ。法定速度+αまで減速してやり過ごす。北海道のネズミ捕りはパトカー自体が停車してて速度を測ってることが殆どですね。路肩に停まるパトカーには要注意です。

 


日も傾きだした頃、このペースなら白樺並木道まで行けるんじゃ?と思い立つ。並木道はどっちかっていうと日中の晴れたタイミングで撮影したいところだけど、これもまぁいいんじゃない?ってノリで目的地まで一直線。途中、「らしい景色」が現れたタイミングで軽くパシャパシャやりながら目的地を目指します。

 

 

_MG_7788.jpg

テンション上がるでしょ?笑

 

 

白樺並木道の入口に到着。タイミング悪く中国系の観光客が並木道を歩き出しており、暫く視界から消えそうになかった。。。うーん、これ、いなくなるまで待つのもダルイし何よりかなり時間が取られそうだな。。。仕方なく並木道を進んで彼らを追い越してから撮影することにする。並木道は未舗装路なので重量級のハーレーで突撃するのはちょいと不安がよぎったが、オフロード経験してることもあってこの位ならフラットでしょ!の思いで突撃。基本、垂直姿勢を保てば荷物満載でもなんてことはない。跳ねた石がボディに当たる音がちょいと気になったが、そこそこのペースで無人エリアまで駆け抜けて撮影してみる。

 

 

_MG_7790.jpg

右のハイエースから7人ほど降りてきてテクテク。。。

 

 

_MG_7795.jpg

中国人をやり過ごし、ホコリを立てながら砂利道を走るハーレー。。。笑

 

 

_MG_7797.jpg

すると今度は車がやってくるではないか。。。

 

 

_MG_7801.jpg

やっと撮りたい写真が撮れました。。。

 

 

大分日も傾いてきたので本日の宿営地を目指すことにする。今の位置からいけるところは、、、国設ぬかびらキャンプ場まで行きたかったが、時間的にちょっと厳しそうなので、手前の上士幌航空公園キャンプ場に決める。市街地が近そうだったので雰囲気がちょっと悪かったら嫌だなぁな気がしつつも暗くなってから設営するよりはマシだよね。

 


特に迷うことなく到着。管理人さんは不在だったので、適当に張らせて頂きますか。乗り入れ不可の芝サイトだったので、駐車場に程近い場所に陣取り設営完了。一息ついてると管理人さんが登場したので、近所のお風呂情報とご飯情報を聞き出しました。ご自身もバイクには乗るらしく、その仲間が始めたラーメン屋がオススメとのこと。利用料は500円。ゴミ捨て可(分別BOXあり)。トイレは仮設だが綺麗に管理されてます。炊事場が1箇所?しかないようでちょっと歩きましたけど、この広さだから仕方ないね。

 


念の為テント内で蚊取り線香を焚いてバルサン作戦。コット&シュラフを広げて寝床の準備が出来たら、そのままお風呂&食事です。お風呂は10分程の距離に「ふれあいプラザ」なる温泉(300円)があるのでそこで済ませる。泉質も良くて気持ちの良いお風呂でした。ただ、シャンプーやリンスが無かったのでお湯洗いとなりました。。。笑 シャンプーリンスのミニボトルを忘れたのが痛かった。

 


夕飯は何軒かのオススメ店で頂こうと思ったけど、どこも軒並み閉まっていた。日曜は定休日か?と思ったけど、理由は別にありました。町の中心地にある広場で盆踊り大会的なものが開催されてるじゃないの。町を上げてのお祭りとなれば、お店が閉まってるのも納得だね。

 

 

IMG_7804.jpg

随分と賑やかだったもんで。。。

 

 

IMG_7805.jpg

仮装盆踊りなんかやってまして、ほっこりしましたよ

 


出店で何か買おうかと思ったものの、タイミング悪く完売。暫くお祭りを眺めた後、すぐ近くのセイコマで夕食を買出してキャンプ場に戻り、一人静かな夜を楽しみました。。。笑

 

 

IMG_7806.jpg

結局コレで十分だよね。。。笑

 

 

ポツン狙いの離れた場所に設営したのに、すぐ近くに道民らしいおじ様×2が張っていてワイワイ楽しんじゃってます。。。まぁそれも旅のヒトコマ。コットに横になりながら明日のルートと天気を確認。今日はそこそこ走ったけど、寄り道が多かったせいか少しペースが遅かった気がするな。まぁ移動が目的じゃないのでそれでいいんだけど。笑

 

 

朝早かったこともあり23時には就寝となったのでした。


 

 

コメント
from: すいっこ   2019/11/28 11:16 PM
待ってましたよ!
北海道やっぱりいいですね!
from: gooo   2019/12/03 11:11 AM
> すいっこ様
二日で力を使い果たした感もありつつ。。。
続編お待ち下さい。。。笑
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/1274462
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.