G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[TMAX]気まぐれツーリング
先日はスポーツスターで走り回ってきたわけですが、やっぱりこうワインディングを攻める感じではなかったので、自分の中でモヤモヤが残ってしまったようです。(多分) そんな気持ちから、気まぐれ的にちょっと走りたくなったので、あるサイトで見つけたルートを走りに行ってみることにしました。ワインディングが好きな友人を誘うと予定ナシとのことだったので2台で気楽に行ってみます。

ルートは、小田原から南足柄広域農道を通って御殿場方面に抜け、山中湖まで行って道志系で帰ってくるプラン。往路は初めて走るので探検しながら進むことにします。

7時に1号の原宿付近に集合。ちょっと早い気もしつつ、早め早めの作戦で出発です。1号はさほど混んでいるわけでもなくいいペースで流せました。時間が早かったお陰かな。

小田原の90度カーブを曲がってすぐ、箱根口を右折して小田原駅方面へ。そこから小田厚の荻窪IC方面に向かいます。こっから今回初ルート。うねうね走ると右手にいこいの森が出てきます。暫く行くと信号のない交差点。車はみんな左折してました(箱根の裏へ抜けられるようです)が地図で見た限りでは直進の予定。かなり細くて薄暗いけど大丈夫かな…と思いながら進むと、いきなり砂利道になってました。汗

ゆっくり慎重に進みます…。いきなりコレってちょっと先が思いやられますな…。気を取り直して直進。道が細くて荒れているので快適には走れません。この道は失敗ですね。

広い道に抜けると村のようなところ(舟原?)にでて農家が散在しています。その道を左折。道なりに進み、フラワーパーク?方面へ左折。ここから足柄街道のようです。ここは制限速度が40km/hの対面通行で道は綺麗でした。緩めのカーブと適度なアップダウンが続き快適に流せます。この道は気持ちよかったです。

信号を二つほど通り過ぎ道なりにずーっと進むと、大雄町でT字路に当たります。左折したあとすぐ右折。その先の十字路を左に行って林道を目指してみましたが、指定車両以外通行禁止とか書いてあったので断念。結局十字路を直進です。快適に続くワインディングロード。車も少なく道も綺麗。見通しも良い。自然の中は涼しくて気持ちがいいです。

突き当たるとそこは県道78号(再び足柄街道)。これを左折します。この道も初めは緩めのカーブでいい感じですが、徐々に山中に入っていくとうねりのあるヘアピンカーブが連続しペースが落ちます。自転車がチラホラいるので油断は出来ません。

上りきったあたりで気が付くと県道365号。いつの間にか静岡県に入ってました。この道はセンターラインが無い細い道で深夜はドリ車で賑わってるような跡が多数あります。うねうね抜けたら県道149号を右折。のんびり走って小山町役場で349号を右折。ちょこっと走って橋を渡ってすぐの147号を左折です。ここものんびりコース。一回右折があるけど看板通りだし特に迷いません。

ちょっと道が荒れているものの見通しのよいワインディングが続き快適。山に雲が掛かってて雲の中を走りました。寒い! 明神峠、三国峠を抜け、山の裏側に出ると澄んだ青空が! 眼下に広がる山中湖を見て思わずバイクを止め撮影。富士山が見えたら絶景ですね。


思わず撮りたくなる絶景


走ってきた道

一息入れたら山中湖湖畔まで降りてマリモ通りをぐるっと走り138号を右折。通称ファナック通りを右折して忍野村に入ります。ホントはここでお昼の予定だったんだけど時計はまだ10:30。早すぎでどこもやってないので進むことにします。

道志道はよく走るので今回は139号から都留に抜けることにします。これがちょっと失敗で、途中までは2車線でスイスイだったものの途中から渋滞。すり抜けも出来ません。おまけに灼熱の陽気とあって弱りました。ここで休憩も兼ねて道路沿いにあるうどん屋に勝負してみる!笑


ざるうどん450円

かけうどんが200円とか書いてあったけど暑いので却下。ざるうどんはコシがあるものの味は普通でした。安上がりだったからセーフかな。大失敗じゃなくて良かった。笑

さて。気を取り直して35号線を右折。勝手にリニア線と呼んでますがここは何度か通ったことがありスイスイ走って(76号や517号、518号を通ります)道志道のスタート地点ヤマザキまで。そこで露店が出てたので、忍野村で買えなかったとうもろこしと桃を購入。どちらも甘くてうまかったです。

っと、ここで連れのSRXが不調を訴えだします。なんか変な音がする…って一番嫌なパターンじゃないか。しょうがないので帰路を急ぎます。

宮が瀬を抜けて順調に快走。かと思いきや、飯山付近でSRXがストップ。どうやらレギュレターがパンクしたらしく過充電状態になり、バッテリー死亡の様子。幸い、学生時代の後輩が近くに居るとの事で引き取りに来てもらい、ドナドナされたのでした。


さよならSRX

仕方ないのでここからはニケツです。SRX君を送りに鎌倉へ向かい、その後帰宅となりました。

走行距離は250km程。燃費はリッター20kmくらい。いくつも山を越えた割には良かったかな。タイヤもそこそこ端まで使えたようでいい感じに減ってました。往路は初めての道だけに何度か戻ったりしたものの、走りやすい道を沢山見つけられて楽しかったです。今度はみんなを引き連れて来れそうかな。


よく走りました

コンクリートジャングルで生活する自分には、こうして自然の中を走り回り、冷たい空気を肌で感じて絶景を楽しむという息抜きが、やっぱり必要なんだなと感じたツーリングでした。今度は富士山一周系を行ってみようかな。
コメント
from: コリン   2008/07/28 2:18 PM
ざるうどん、大好きデス!
喉越し最高ですよねっ?

富士山も大好きなので…行く時はタンデム希望します(笑)
from: gooo   2008/07/29 8:31 AM
あのざるうどんはダメです。笑
微妙なチェーン風だったし、
別に地元関係なくね?って佇まいでしたし。

タンデムもいいけど自走もいいですよ。
操る爽快感を感じて下さい。笑
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/750924
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.