G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[TMAX]西伊豆制覇ツー
関東圏のツーリング快適道路として名高い、伊豆スカイライン。都心からのアクセスもそう悪くなく、快走ルートとして人気が高いわけですが、こいつの西バージョンがあるんですよ。って、むしろ西のほうが快走度は高いって話ですが、西伊豆スカイラインとやらも気になってました。

前回の伊豆攻めの時は、伊豆半島の東半分を主に走ったので、今回は西攻め。上から下まで西尽くしで攻めてみようと思い立ち、そそくさと起案し行って来ました。

ホントはツーリングチームの「どぶ汁ツアー」に行きたかったんだけど、夕方からの予定がずらせず今回は断念。さっさと帰ってくるぜ!を目標に行って参りました。明日は雨だって言う予報も、決断を迫る一因に。笑

朝6時半、まだ薄暗い中、出発。帰宅時間が決まってると落ち着かないので、ちょっと早めに出発です。三ツ沢から横浜新道へ。200円で戸塚まで抜けて渋滞の原宿交差点。この時間で既に並んでました。今日は混雑の予感ですよ…。(;´д`)

R1を快走。直接風が当たらないスクーターはやっぱり快適。そこそこのペースでR134に入ります。こちらは流れてはいるものの微妙に渋滞しだしてて、この時間でこれじゃ昼間はガッツリになっちゃうわけですね。


西湘バイパスに入れば快走。
天気は曇り。寒さは12月にしちゃマシなほう。

あっという間に西湘SAに到着。まずはここまでで1時間弱ってところですね。一息入れて出発。早川JCTで箱根方面へ向かい、箱根新道に入ります。


ターンパイクの500円が高いと思うならコチラへ。笑
2車線の快走道路でございます。

今日はタイヤの皮むきも目的の一つなので、慎重にバンクさせながらアウト−イン−アウトでゆっくり走ります。終点でR1に合流し、k20に左折。伊豆スカを目指します。この伊豆スカまでの道も何気にワインディングが多くて楽しいです。

伊豆スカイライン入り口で行き先(今回は韮山峠:150円)を告げ、出発。ここまでで西湘SAから1時間くらいですね。中々良いペース。

伊豆スカイラインは、冒頭で述べた通り快走ルートです。綺麗&太目の道で適度なワインディングがあり、バイクに乗る楽しみを教えてくれます。


こんなカーブみたらゾックゾクするやろ?笑


標高もあるので景色も良く、
適度な高低差は先を見通せて気持ちよい

風が強い時はちょっと振られるけど、この景色と快適ワインディングはライダーのテンションを上げること間違いなし。人気ルートになるのも分かりますねぇ。

あっという間に韮山峠。ささっと降りるとそのまま富士見パークウェイに入ります。こちらは今回初走行。ヘアピンが多めの2車線ですが、以前は有料だったようで道路はそこそこ綺麗です。


2車線なので安心して流せます

ワインディングを楽しんでるとあっという間に生活道路へ。すぐのスーパーでトイレ休憩した後は今回の目的である「西」に向かいます。GO WEST。笑 若干道を間違えつつも、体内方位磁石で目的の道路、k17へ。ここからは海沿いです。


海だぁ!
何気に富士山が見えてます。

k17は地図でみると海沿いを延々走っているように見えますが、実はそうでもなくて山あり谷ありって感じの道でした。路面はところどころボコボコなので快適とは言えないけども。


海が見えない感じのところも多々。

とは言え、基本的には快適な感じなので、遅い車に付かなければ楽しめる道でした。2車線の綺麗な道もチラホラあったし、うん、実に楽しめる感じで。


これだけ立派なら文句ナシ。

ちょっとした展望台?みたいなところで小休止。段々晴れてきてるし寒さも和らいでてとてもよいツーリング日和になりつつあります。日頃の行いは大切ですなぁ。笑


海に突き出る山。伊豆の景色はこんなのが多いよね。
この右側を走ってきたわけですな。
左の白いのは富士山。笑

どんどん進むと何度かこういう景色が見えてきます。山を越えると海が見えて港が現れる、の繰り返しです。


なんとなく暖かくなってきてるワケですよ


振り返るとさっき見た様な景色。笑

土肥港まで走ったら右折してR136に入り更に海沿いを南下。旅人岬やら恋人岬やらを横目にぐんぐん進むと堂ヶ島までやってきました。松島のような、松と小島の織り成す景色が素晴らしい。でも停まらずスルー。笑


こんな写真しか撮れませんでした。

おらおら進むとすぐ松崎港です。本日のお昼はここの予定。随分前に下調べしたのでお店の名前や位置が微妙でしたが、ここでも冴え渡る第六感を信じて進むとすんなり到着。お店は準備中でしたが開店と同時に入れました。11時半到着。家から約180km。


地魚料理のさくらさんです。
ところてんも名物みたいですよ?笑
※詳細は文末

頼んだのは狙っていた、あじまご茶漬定食(1575円)。アジのタタキ丼を楽しんだ後にお茶漬けにもできるという、二度美味しい欲張りなメニューなのです。笑 しかも、食事を注文すると、ところてんを食べ放題というオプション付です。ところてんなんて…と思っていたのですが、まぁ食べてみましょうよ、と冷蔵庫に向かうと、ビックリ! 色んな味のところてん(っていうか寒天)があるじゃないか! 色んな味って、いちごとかブルーハワイじゃなくて、抹茶とかよもぎとかコーヒーだけどね。それにきな粉やら黒蜜かけて食べるんだって!


こちらは抹茶。そのまま食えとの指示。笑
普通のゼリーみたいな感じ。


こちらはよもぎ×きな粉+黒蜜。
うーん、なんていうか、デザート?笑

コーヒーも食べてみたんですが、よもぎの黒蜜が余っててなんかこう、違くね?って感じでした。コーヒーゼリーになりきれてないというか、寒天自体が甘いわけじゃないので、蜜の甘さとうまく絡まなくて(;゜д゜)!?みたいな。笑 ってか、食前ということを忘れて食べ過ぎると、メインが食べられなくなりますよ〜。笑

そんなこんなでメインのまご茶漬登場。沢山の小鉢やミニ釜で本格的な雰囲気。これは期待以上ですな。


漬物、酢の物、タタキ、御飯、サラダに天婦羅が付きます

最初はタタキにニンニク醤油をかけて漬けっぽくし、御飯にかけてアジタタキ丼にして食べます。半分食べたら残りも丼にして、女将さんに言うとだし汁をかけてお茶漬けにしてくれます。


お茶漬けにしたよの図

アジのたたきがバカみたいに厚切りで、タタキって言うかぶつ切り?みたいなボリューム感でした。注文が来てから目の前でタタキ始めるので新鮮そのもの。プリップリですよ。うますぎます。お茶漬けも、折角の刺身が台無しじゃん…になることなく、いい感じにサクサクっと食べられました。うーん、満足でございます。(´ー`)

つーか、レポート長いな。(;´д`) 後半も色んな道を紹介するので長くなるよ〜。


で。帰路。松崎のスタンドで給油の後は、前回同様、R136からk59にて天城牧場を目指します。ここも抜け道なんですけど、どんどん細くなって離合が難しい1車線にまで細くなる&ちょっと汚い道路で油断は出来ません。対向車が来なければ楽しめるんですけどね。


最初はいいんだけどねぇ。


すぐにこんな道になり…


ブラインドコーナーの連続です
楽しいっちゃ楽しいですが。笑

ひたすら走り続けると、天城牧場に到着。仁科峠を越えて来たわけですね。絶景にしばし見入りつつ、右折して北上します。目指すはk411。


放牧場っていう名の通りの景色。
こういう道はゾックゾクするやろ!?笑

k411とk59の分岐まで来てまたパシャリ。駿河湾、宇久須港が見渡せます。あぁ、大自然。笑


曇り空も明るくなってきて綺麗な景色。
疲れが吹っ飛ぶねぇ〜(´ー`)

k411、西天城高原線から先は、今回初走行。西伊豆スカイラインに繋がる快走路として有名なようです。もうなんていうかこの景色だけでもゾクゾクしちゃいますね。笑 高低差があるので先の道路が丸見え。たまりませんなぁ。(*´∀`)八(´∀`*)イエーイ


あの先にあるものを求めて…!笑

この道路も実に走りやすい。コーナー的には伊豆スカに近いものがあり、リッターマシンでかっ飛ぶには最高なんじゃないでしょうかね。TMAXでもいいペースで走れましたし、道路も綺麗なので全く不安がありません。快走快走〜(´ー`)

続いて、本日メインの西伊豆スカイライン。こちらも同様、快走ですよ。程よいワインディングと綺麗な路面。皮むき完了した新タイヤの食いつきも良好。おもれー!おもろいよー!笑


写真じゃ全く伝わらない面白さ。笑

あっという間に戸田峠に到着。今回は右折してだるま山高原に向かいます。k18をうねうね下り、だるま山レストハウスで一息入れます。ここからの景色がまたヤバイって話です。駿河湾一望。富士山付。


雲の上のフジヤマが分かりますか?

修善寺をやり過ごしてk18を進むとR136に合流します。直ぐの橋を修善寺方面に向かい、駅前を抜けてk80に入ります。ここからも裏道ですね。今日は裏道率高いです。k80は入り口が難しいですが、入っちゃえば快適な田舎道が続きます。途中1車線まで細くなりますが対向車はほぼゼロなので快走できますね。


こういう田舎道が大好きなんです。笑


途中こんなんなりますが。笑

うねうね進むと田原野の信号にあたります。右折で伊豆スカの冷川IC、直進で山伏IC方面です。今回は直進します。暫く行くと大きめの交差点にでて、ここで右折すると山伏ICなんですが、今回は直進して今朝下りた韮山ICを目指してk135を進んでみます。ここも初走行路。

地図で見る限り、かなり細い道っぽかったので大丈夫かなとビビり気味だったんですが、道は細いけど全面舗装路だし、今日走ってきた道としては同じ感じでした。かね。笑


40km/h制限なんて守れません。。。


今日はこんな道ばかり。笑
夜は凄く怖そうだね…。

富士見パークウェイに突き当たったら右折。韮山峠ICに向かい、そこから伊豆スカに乗ります。流石に帰りは車も多く快走というわけにはいきません。マッタリ流します。


段々寒くなってきましたよぉ

あとは来た道をそのまま戻ります。箱根新道の出口で休憩を入れて、西湘バイパスから1号、横浜新道の節約ルートで帰りました。(セレブルートは小田厚−東名でしょう。笑)


日没前の西湘バイパス。
天気も良くて大変楽しめましたぁ(´ー`)

帰宅は17時過ぎ。走行距離は350kmくらい。燃費は大体22km/l。タイヤの皮むきは完了です。エンジンからヒュルヒュル音がするので、近いうちにちょっとチェックかなぁ。フィルター類のメンテナンスも含め、近いうちに総点検が必要そうです。まだまだ走ってもらう予定なので大事にしてやろうと思います。

初の西伊豆走行、大変楽しめました。距離が伸びちゃうので誰でも気軽にってわけにはいきませんが、走れる人ならとっても楽しめる道が沢山あります。大自然の中で感じる風はやっぱり格別。いい息抜き&リフレッシュになりました。あ〜楽しかった!゜+。(・∀・)。+゜

本日のルート
大きな地図で見る


--
地魚料理 さくら
静岡県賀茂郡松崎町松崎22-3
0558-43-1532

うまいものリスト

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b.benly.main.jp/trackback/907342
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.