G-Style

goooさん的趣味blog
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
TURING REPORTS
RECOMMEND MEAL
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
RECOMMEND
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-100-S] φ22-29mm対応 (JUGEMレビュー »)

ハンドルに付けるスマホホルダー。向き調整の自由度は低いけど必要十分。とりあえずで良ければコスパ的にもこれで間違いない。
RECOMMEND
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製 (JUGEMレビュー »)

優しい光に癒されるオイルランタン。そこそこ明るく卓上灯にはなるかな?オイルは半分くらいで一晩持ちます。虫よけオイルで防虫効果も出せば一石二鳥。
RECOMMEND
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3
LODGE(ロッジ) ロジックグリルパン10 1/4インチ L8GP3 (JUGEMレビュー »)

グリルするだけの為に生まれてきたスキレット。グリル能力の高さはピカイチ。このグリルパンで焼いたチキンは、信じられない程美味くなる。重くて嵩張るが使ってみる価値あり。蓋が重要なのでそちらも忘れずに。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 (JUGEMレビュー »)

収納サイズが小さく軽いのでバイクツーリングに最適。メッシュで通気性が高いので薪は良く燃え、最終的にはすべて燃え尽きて粉になる。収納時に強く丸めないことが長持ちさせるコツ。
RECOMMEND
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104 (JUGEMレビュー »)

熱いダッチもそのまま置けるタフさと造りの堅さが売り。シンプルにカッコいい。収納サイズ=天板サイズなのでバイクに積むにはちょっと嵩張る。
RECOMMEND
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 (JUGEMレビュー »)

カセットガスが使えて非常にコンパクトになり火力も十分でオススメ。数年使い倒してます。
RECOMMEND
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック (JUGEMレビュー »)

何にでも使える大容量モバイルバッテリー。ロングツーリング時はシガーソケットで常に充電、キャンプ場や出歩く際に携行すれば充電切れ知らず。普段使いにも便利。
RECOMMEND
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) スリップオンマフラー スリップオン メガフォン (チタン) [ Z1000 14/Z1000SX(NINJA1000)14(パニアケース装着不可) ] [ 品番 ] SM-K10SO2T (JUGEMレビュー »)

見た目の良さが第一。バッフルの脱着で音量調整可能。弁当箱があるのでバッフルなしでそれなりの音に。構造はただの筒。笑
RECOMMEND
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ]
平山産業 F-1 防炎バイクカバー LL [ 簡易包装 ] (JUGEMレビュー »)

いつも悩むバイクカバー。この値段で防炎ならお値打ち。生地もそれなりで1年以上使ってもパリパリにならないのも◎。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C (JUGEMレビュー »)

777より小さくて単3電池なのが何気に嬉しい。明るさは777かそれ以上。コンパクトに使うにはもってこいなアイテム。
RECOMMEND
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド  TR253HA
trangia(トランギア) ストームクッカーLULハードアノダイズド TR253HA (JUGEMレビュー »)

全天候型アルコールクッカー。燃費も良く静かな炎でそこそこの火力。これ一つでとりあえず十分。
RECOMMEND
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク20(6本セット) R-102 (JUGEMレビュー »)

最強ペグと名高い頑丈さ。とりあえず20で十分。数が増えると重さがネック。
RECOMMEND
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ
自動でシュパッと消臭プラグ 本体 ハーバルローズの香り 39ml 本体+つけかえ (JUGEMレビュー »)

お部屋に置いておくだけで勝手にシュパッといい香りに満たされます。ローズが一番だね。
RECOMMEND
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP (JUGEMレビュー »)

単一電池3本で十分すぎる明るさ。普通のランタンは使わなくなりました。3日くらいなら余裕で持ちます。
RECOMMEND
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J
Coleman(コールマン) ワイドツーリング X/2 [1~2人用] 170T14300J (JUGEMレビュー »)

広い前室は大変便利。跳ね上げればタープ要らず。ステイシーやトレイルトリッパーよりお値打ちで広さも十分。構造も簡単で実用的です。
RECOMMEND
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4
TECMATE [ オプティメート4 ] バイク用 全自動充電器 [ 車両ケーブル付 ] OPTIMATE-4 (JUGEMレビュー »)

基本的に繋ぎっぱなしでOK!防滴仕様で外にも放置も出来る優れもの。バイク屋さんも多数導入実績があるバッテリーに優しい充電器。
RECOMMEND
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用
MIKUNI(ミクニ) HSR42イージーKIT94-06年XL1200&ビューエル用 ハーレー汎用 (JUGEMレビュー »)

ノーマルキャブなら換えてビックリ!1200佞覆藏辰ほど速くなります。
 
[TMAX]車検の準備と住所変更〜
思えば、車検の時期でした。あれからもう2年経つのかー。早いなぁ。

前回はユーザ車検で通しました。マフラーをノーマルにしただけで、光軸以外はOKでした。光軸は、何度か再検査してもダメだったので、試験場の近所の予備検屋さんで調整してもらってOKになった記憶があります。

それからの変更点は、マフラーがヨシムラからOVERになったくらい。マフラーはバッフル入れれば車検対応みたいなのでこのまま行って見る予定。あ、あとタイヤが新品になってるな。微妙に車高が変わって、光軸ズレてっかもなぁ。。。

二輪の場合、光軸検査はラインの進入角度や、ライダーの体重なんかでも少々ズレるので油断できません。体重掛けたりして上下させることで多少ズルが出来るみたいなことしてるサイトもあったけど、実際走る時のことを考えるとそれじゃちょっとねぇ。眩しくして周りに迷惑かけるのもイヤだし、何より自分が危険な目に遭うのはバカらしいし。

というわけで、とりあえず今日は帰ったらバッフル探さないとな。どっかの棚に放置した記憶。。。どうかそのまま放置されてて下さい。笑 なかったらノーマルマフラーに付けかえるしかないね。(それはダルい!)

それから引越したので住所変更もしなきゃいけないんだった。住所変更は住民票が必要になるのでそれだけ用意しとけばOKらしい。

休みも取ったし、雨は夜まで大丈夫そうだし、気合いれて行ってきますかね! 大したレポは書けないだろうけど、ネタにはいいと思うので頑張ってきます。

■必要書類
<車検>
・納税証明書
・車検証
・自賠責保険証
・印鑑

<住所変更>
・車検証
・住民票

[TMAX]サブミッションのガスケット交換記
やろうやろうと思っていたサブトランスミッションのオイル漏れ対策。あれはプーリー換えた時だからかれこれ1年半くらい放置してたってことになるのか。Σ(゜∀゜ノ)ノキャー まぁ滲む程度だったからオイル量の管理がしっかり出来てれば問題なかったんだけど、やっぱり気持ちいいもんじゃないので直しました。

注文したガスケットはこちらです。


品番5GJ-17818-02。千円くらいかね?


ココがお目当てのケース
結構汚いですな。。。

まぁガスケット換えるだけなのでなんてことないでしょ、と思い作業開始。ケースを外す際、タンデムステップに干渉しそうなので、への字のカバーとタンデムステップを外しちゃいます。

そんで、コイツの中はオイルが入ってるのでドレンから抜きます。下側の金色のボルトがソレだ。

オイルが抜けたらプラス×2本でプラスチックカバーを外します。ケースは8mmのボルト×多数でガッチリ留まってます。何本あるんだYO!ってくらい細かい間隔で締まってるので地道に全部外します。ど真ん中にも一本隠れてるので注意。キャリパ留めてる12mmとリアアクスルの19mmも外します。ついでにパットもチェック。バリ山でした。もっとリアブレーキ使ったほうが良さそうだね。

カバーが外れたらオイルが垂れてくるのですかさず拭き取ります。初めて見たけど、ゴツいチェーンが2重になっててやっぱり作りは立派だねぇなんて感じる瞬間です。


流石にゴッツい作り

外側のチェーンを駆動してるギアは、引っ張ると抜けるので、前後同時に手前に引いて、小さいほうを軸から外します。そんで古いガスケットを抜き取る、と。まぁ古いのは破っちゃってもいいんだけど。

新しいのを組む前に接地面を均します。この作業がちょっとダルいけど、ここで手を抜くとお漏らしは直らないので慎重に綺麗にします。

こじった部分に僅かながら傷が入ってたので、そこには液体ガスケットを薄く塗布しました。はみ出ると汚くなるので飽くまで薄く、丁寧に仕上げます。

再度合わせ面を脱脂して油分を飛ばし、ガスケットをセット、ギアを元に戻し、カバーを付けたら出来上がり。カバーは各ボルトを対角線順に均一に締め上げて終了。均一な手ルクレンチで締め上げました。

ヤマハ純正のギアオイルを800ccほど(適当。規定は700cc)入れて、漏れ・滲みがないことを確認。その後軽く走り回った後も、漏れがないのを確認。フルバンクさせてもドレンからも出てこなかったので、量はこれでも大丈夫っぽいです。


今回の整備は自分のミスの代償なので普通の人はやることはないでしょうな。でもケースの中は単純な作りだったので、もしそこから異音が出た場合なんかは簡単にオーバーホールしてやるといいかもね。リアタイヤに直結のギアなので、グリスアップやらも追々必要そうな感じはしました。

まずはこれで様子見かな。遠乗りしないと結果は分からないかもしれないけど、今のところ漏れる要素がないので大丈夫かと思います。早いとこお出かけしてこようっと。

[TMAX]クーラント交換
今回はLLCの交換です。買ってから一度も確認してなかったので、この機会にチェックです。ホントは車検毎に交換するのがいいみたい。劣化しすぎたり足りなくなったりすると致命的だけに、しっかり管理しないとね。まぁ跨って右側に見える窓から量は確認してたけど。

まずは跨って左側、ラジエタのセンサがあるあたりのドレンを緩めます。プラスチックのプラスボルトです。緩めるとジャバジャバ古いLLCが出てきます。色は綺麗な緑色。純正っぽいね。そんなに劣化してる感じもせず。


綺麗に洗浄〜♪

跨って右側のウィンカーの下あたりに、ラジエターキャップがあるのでそこから水道水を流し込んで洗浄。出てくる液が綺麗になったら新しいLLCを注入です。今回は純正を入れます。1リットルで1400円くらいでした。しかし-36度までイケるって凄いね。笑


ラジエタキャップ。
横着しないで外して作業したほうが無難。


左側。右はギアオイル。

LLCって普通は薄めて使うじゃないですか。-36度までOKってことは、水と半々にしたって単純計算で-18度ですからね。関東でそんな寒波はまずありえないから普通は3割くらい(それでも-12度)にしますよね。

でも今回はトータルの量が分からないからそのまま原液をどぼどぼ入れときました。笑 1リットル弱で満タン。んー、水を入れるゆとりがなくなっちゃったな。笑 まぁいいや、今回は贅沢に-36度まで耐えられる仕様で行くことにします。笑 余ったLLCを取っといても劣化しちゃうだけだしね。

一度エンジンをかけて水温を上げ、再び量を確認。空気やらが抜けて若干減る為です。ここで異常がなければ完了です。

思ったほど汚れてなかったしまだ使えた気がするけど、まぁこれでまた暫くは大丈夫かな、と。


走行距離:15300km

[TMAX]各フィルター交換
走行距離も15000kmを超え、そろそろなんていうか色々問題出てきてるでしょ。と思いつつ、この冬は大メンテを決行しているわけです。先日のタイヤ交換バッテリー交換に加え、今日は各種フィルターをしちゃいますよぉ〜。

TMAXには駆動系の冷却フィルタとして、またがって左右の足元にフィルタがあります。パーツリストでいうと「エレメント 1」と「エレメント 2」なんだけど。もちょっとマトモな名前付けたらどうですか。笑 で、素直にこやつらを注文。(部品番号は後述) そして先日、フラッと寄ったNAPSがセール中だったので、K&Nのエアフィルターもゲッツ。どうせカウル外す手間があるので一気にまとめて交換ダ!


今回交換する品々。
ガスケットは…メンテじゃなくて…。謎

まずは跨って左側のフィルタから。への字のサイドカバーとステップボードを外し、見えたネジを片っ端から外していくとステップ周りが外れます。そこまで外すと見えるのがコイツです。案の定、フィルタは真っ黒でした。


まっくろけっけ。

これを新品に付けかえるだけです。フィルタ止めてるバンドが緩んでたけど…誰かがイタズラした形跡だね?笑 ってことは、今までに一度でも換えたことあるのかなぁ?


こんだけ汚いと逆に気持ちがいい。笑

今度は跨って右側、プーリーとか入ってるところにあるフィルタです。コチラはプーリーの回転で風を起こして強制冷却してるんだろうけど、その取入れ口のフィルタって感じだね。ここはカウル類外した後、プラスのボルト×3があるんだけど、そいつらが結構固い&ナメるとダルいのでインパクトレンチ(ショックドライバ)使いました。ちなみにコイツで緩まなかったネジは今までありません。笑


左側と同様の酷い汚れ具合。


こちらも新旧の差は歴然。

お次はエアクリーナーです。こやつはメーター裏あたりにいますのでミラー周りとスクリーンを外します。そそくさと外すと出現する象さんパイプ。笑 なんかこれ、カビてるみたいなんですけど…?汗 水が入ったのかなぁ? よく分からないけど、なんかちょっとコケってました。


象さんパイプ。笑

で、ここでエアクリの中を見ると、なんと枯葉が! この芸術的な納まりの中にどうやって入ったのかは疑問ですが、まぁ確率的にゼロではないので奇跡的に入ったんでしょうね。こんなことってあるんだねぇ。


左は枯葉入りの真っ黒純正フィルタ。
右はK&Nのエアクリ。

K&Nのエアクリはリプレイス品なのでそのまま付け換えて完了。確か湿式だったので、オイルを軽く塗っときます。専用のメンテナンスキットで洗浄できるので長く使えますね。その後、フロントマスク周りを元通り組んで終了っと。

フィルタだけで3種類もあるなんてバブリーなんですかね?笑 スクーターの構造ってイマイチ不明なのでなんでこんなんなってるのか分かりませんが、まぁ消耗品っぽいのでこれで幾らかリフレッシュできたでしょう。

そうそう、フロント周りを開けたついでにETCの配線もやり直しました。ETCはプラスチックやガラスは通すので、別にスクリーン内側に貼る必要はないことに気づき、右側のボックス内に配線を引きなおして設置。テストはまだですが、たまになってた接触不良がなくなったので大丈夫かな、と。更に快適になりましたv


走行距離:15300km

--
部品番号
エレメント1(跨って左) 5GJ-15407-00 2260円
エレメント2(プーリー側)5GJ-15408-00 2010円
※純正エアクリ 4BH-14451-00 3600円
[TMAX]プラグ交換
記事的には別々ですが全部同じ日にやってます。笑 何しろカウルを外すという手間が面倒なので、どうせなら一気にやってしまおうと思ったためです。この手のバイクはカウル脱着の手間が大きいですよね。

そして、今回はプラグ交換です。1万キロくらいは余裕で持つと思われますが、今までのメンテ状況が不明なのと、部品自体は大した値段じゃないので交換してみました。


今回換えたのはNGKのCR7EIX

前輪の後ろ(内側)にあるカウルを外します。車体下側を守るアンダーカウルと一体型です。腹下で引っかかる感じでついてます。ラジエタに風を当てる為のカバーを外すと、奥にプラグキャップが見えます。


奥の丸いの二つがソレ

プラグキャップを引き抜くと、その長さにビックリ。これじゃプラグレンチは使えそうにないので、車載工具を使ってプラグを外します。こんなに長いのは初めて見たなー。

外したプラグの焼け具合はまぁまぁ。電極もそれ程減ってませんでした。ネジ部に何か(スレッドコンパウンド?)が付着してたので、もしかしたら前オーナーが一度換えてるかも知れませんね。


純正の番手はCR7E

プラグレンチにプラグを付けて慎重に取り付けます。ネジが噛み合い、手で回して締まるところまで締めます。この時、強引につけるとヘッドのプラグ穴が壊れますので要注意です。このネジ山を潰すと数万の修理費が発生します。

締め過ぎに注意してしっかり装着。プラグキャップを付けて始動テスト。一発でした。心なしかかかりが良くなった気がします。(イリジウム効果ってそんなもんですが)

カウルを戻して終了。ずっとやろうと思ってたプラグ交換が出来てよかったです。後日エンジンかけてみても、この時期にも関わらず一発始動。火が強いのはいいことです。笑

さて。これで一通りのメンテは終了かな。やるとすればあとはフォークオイル交換くらいだけど、コレはちょっと敷居が高いので躊躇しますねぇ。あ、そうそう、あとアレ。イタズラしちゃって傷ついたお漏らし箇所を直さなきゃいけないんだった。次回はそっちですね。


走行距離:15300km

[TMAX]バッテリー交換
寒くなってきたせいか、バッテリーが弱ってきた気がします。かかりが悪いというかちょっとセルを長く回すと明らかに回転が弱々しくなってたので、交換を決意しました。自分が所有してから3年くらい経つわけですが、一度も換えてないので時期的にはいいのかな、と。

当然ながら色々調べるわけですが、純正指定のGSユアサ製は高い! TMAXの指定はGT9B-4というやつですけど定価で2万5千円もするのです。通販系でどんなに安くても1万5千円は下らない感じでした。

うーん、、、ケチるところじゃないにしても…他のメーカーはどうなのかな?

なんだかんだ調べていくと、安心の国産、古河で1万3千円くらい、ACデルコで1万ちょい。ACデルコでいっかなぁと思ってた矢先、やっぱり気になるじゃないですか、中国製の激安バッテリー。GT9B-4互換の製品で2500円ですよ。バカじゃないのってくらいの価格差。笑

スクーターだけにバッテリーが上がるとどうやっても始動不可になっちゃいますよね。他車からケーブルで繋げば無理ではないですが、単独ではどうしょもなくなるし。そういう危険性を考えるとあまり冒険はしたくないんですが、最近の中国製は1年保障が付いているっぽいし、1年周期で交換しても2年で5千円の出費ならまぁいいのかな、と。交換する手間はドライバー一本で済んじゃうしね。

というわけで試してみようと買ってみました。


左がユアサ。右は中華。
CはチャイナのC?笑

互換製品だけあって見た目、サイズともに一緒。ネジはユアサのを流用して付けてみました。

シート開けて、バッテリーって書いてあるところのプラスネジ×3を緩め、カバーを外せば直ぐそこです。端子を外して付け替えれば完了。正味10分。笑


アッサリ装着完了。

ちなみに新旧バッテリーの電圧を測ってみたところ、旧バッテリーでも12Vちょっとは出てました。まぁ完全に死んだわけじゃないしセルも普通に回ってたからね。でもウィンカー+ブレーキとで9V以下に落ち込んじゃってたんですね。メーター周りもチカチカ暗くなってたし。

新バッテリーはイグニッションONで電圧はOK(12.5Vくらい)。セルも元気に回り一発始動。ヘッドライト+ハザード+ブレーキでもそんなに電圧が落ち込むこともなくまずは安心かな。

モノがモノだけに油断は出来ないけど、暫くはこれで様子見してみます。当たり外れが大きいらしいから、当たってくれたら普通に2年くらい持つみたいなのでそれに期待しましょうかねぇ。

さて、次は各フィルターとプラグ、クーラントだね。

--
走行距離:14700km
[TMAX]タイヤ交換
やろうやろうと思ってたタイヤ交換に行ってきました。流石にこれは自分じゃ作業できないので、プロにお任せです。


フロント。溝はまだあるけどね。


リアはツルッツル。

近所のお店で見積もって貰ったら、純正タイヤで前後3万ちょいとの回答。モロ定価じゃんそれーと思いつつ、一旦帰ってインターネッツで色々検索。幾つか候補が上がったものの、場所と値段のバランスから有名なSpeedStarさんに決定。電話してみると純正タイヤならすぐできるよってことなので行ってきました。

第三京浜から環八へ出て、三本杉交差点を右折して世田谷通りに入ります。暫く行くと右手にあるはずですが、見落として行き過ぎました。(;´д`) 戻ってみると、マンションの1階がお店になってました。

店に入ると誰も作業していなかったので即作業開始。正味20分くらいだったかな。あっという間に作業完了。こんなに早く済んじゃうのね。

今回は年数が経ってたので前後+バルブの交換もお願いしました。

・フロント(BS HOOP B03 120/70-14) 5500円
・リア(BS HOOP B02 150/70-14)   7200円
・バルブ×2(前後)        1000円
・工賃(タイヤ廃棄代込)      4600円
・合計               18300円

当初3万ちょいの見積がこのお値段でした。安い! 最初は滑りますからね〜の言葉を鵜呑みにあまり倒さないようにして帰ってきたけど、接地面が減ったせいかかなり挙動が軽快になりました。本来はこの感覚だったんだねぇ。


純正らしい大人しいパターン


バリ山ですよ。笑


只今の走行距離は15000km。前回のタイヤは8000km以上頑張ってくれたわけですな。流石は純正採用品だけありますな。

さて。次はバッテリーとクーラントかな。この冬はマルッとメンテに力を入れようと思います。

[TMAX]ETC装着記
高速道路で一番煩わしい料金所の処理。どんなにスムーズにやっても1分はかかっちゃいますよね。後続が渋滞すると余計に焦って小銭ばら撒いちゃったりね。

ETCカードを作ってから、カードで払ってたので、支払いの手間はほんのちょっと減ったけど、やっぱりETC搭載に敵うものはないのです。燃料費の高騰によって割引サービスも拡大してるし、これはそろそろいっとくしかないだろって結論に至りました。

2輪用が正式にリリースされて久しいので、やっぱり専用品をつけるべく行きつけのバイク屋に行ってみると、今は大したキャンペーンもないので2万くらいかかるとのこと。うーん、そんなにかかるならタイヤ換えるネ(・∀・)!!という思考により却下。安上がりに済ませるとなると…

はい、どこでも話題の自主運用ってやつですね。

この話題はグレーゾーンでネット上でもアレコレ言われてますけど、リスク負うのは自分だからってことならいいみたいです。一応「違法」ではないらしいですので。

となれば、早速機器を入手。今回は複数台で使い分けることを前提にするので、アンテナ一体型をチョイス。配線だけカプラーで作ってやれば行けるでしょって発想。

ヤフオクで5千円で落札し、友人の軽自動車で登録。数日後には届きました。

クルマ用の欠点は防水性と防振性。バイクはクルマより振動があるし、何しろむき出しで外に取り付けるとなると使用状況はクルマに比べて劣悪です。この辺が原因で壊れるなんて話も聞くけど、まずは使ってみましょうよと。

防水性に関しては、ジップロック的なビニールに包んでやって、車体にはマジックテープで取付け。スクリーンの内側にペタっとやれば風雨の心配は大丈夫でしょう。配線はハンドル付近のプラス線とアースに繋ぎ、カプラーを噛ませます。


ジップロックがどうも安っぽい。笑


正面から見るとこんな感じ

動作は快調。クルマより反応が早い気がします。料金はちゃんと「軽二輪」と出るし、割引もキッチリ適用されてました。60km/hくらいで通っても全然余裕。まぁ開かなかったら突破するしかないのだけども。(最近のバーは短いからぶつかることはなさそうだね)

いやぁ、益々快適マシンになっちゃいました。ETCが付いてると無駄に高速に乗ろうとしてしまう罠。でも浮いた高速代でお昼が食べれると思うと、やっぱり付けた方がいいよねってことになりますよね。まずは壊れるまで使ってみようと思います。

[TMAX]オイル交換
やろうやろうと思いつつ、中々出来なかったオイル交換です。距離は13110km。確か6400kmで買ったから7000kmくらい走ったんですねぇ。前回オイル交換したのは9700kmの時だった記憶。時期は忘れました(;´д`)

今回もオートバックスで適当なオイルをゲット。前回と同じCastrolのMagnatec FE(3990円)です。今回は前回換えなかったフィルターも交換します。

フィルターレンチが見つからなかったので、破壊することにします。笑 「マイナスドライバーをコンコン打ち込んでグイッと」を5セットくらいで緩みました。何気にオイルが結構漏れてきてビビる(;゚д゚)

ドレンボルトを緩めるとオイルがじゃんじゃん出てきます。案の定、真っ黒。でも異臭や鉄粉はなく、粘りもまだありました。オイルの状態で軽い健康診断は出来ますね。

オイルが抜けたら新しいフィルターのOリングにオイルを軽く塗り、手で思いっきり締める。センタースタンドで車体を垂直にし、窓を見ながらオイルを入れます。多分3リッターちょい位入ったかな。フィルターなしで3リッター弱みたいです。

指差し確認後、近所をぐるっと。心なしかエンジンの音が静かになった気がします。気が、します(´・ω・`)

再度、エンジン稼働中に窓でオイルチェック。うん、大丈夫だね。って、既にちょっと黒ずみ始めてるオイル。ぬー、フラッシングしてないからしょうがないね…(;´д`)

あ、そうだ。そういえば、リアのギアボックス当たりから変な音してたなーと思い、カバーを開けてみると…ロックナットが緩んでました(;゚д゚) 幸いにもカバーがあったので脱落こそしてなかったものの、これは大分宜しくありません(`・ω・´) ロックナットが緩むなんてありえないので、多分自分の作業ミスでしょう。しかしこの状態でよく高速バンバン走ってたね…('A`) 知らぬが仏とはいうけど、事故になる前に気が付いてよかったです。

そんなこんなで、オイル交換完了! あとはETCをワンタッチ式にすればもう完璧だね。(部品は買ってあるものの…) ETCの割引がまた増えたみたいなので早いうちにやっちまおうと思います。


洗車したからピカピカですよ


オッケツもカッコ(・∀・)イイ!!
[TMAX]マフラー交換
先日ちょっとトラブったマフラーを交換しました。今まで付けてたのはヨシムラさんちのトライオーバルサイクロン。(チタンカーボン) 見た目のよさやエキパイの虹色の焼け具合などとても気に入ってましたが、破損具合がひどいので交換です。


現状、こんな感じ

TMAX用のマフラーも色々とありますが、どちらかというと性能重視なので堅実なメーカーを選んでしまいます。でも予算は限られてるので今回は中古で探しました。

そんな折、ヤフオクで見つけたOVERのヤツを落札。お値段3万円。色々見てたけど結局終了間際で値上がりするのでちょっと高かったけどそれで落札。

届いたものはそれなりに中古品な感じで、エキパイの焼けがちょっと汚かったんだけどどうせ磨いてもすぐ汚れるしあんまり見えないのでいいやと諦めました。サイレンサーは線傷とバンドの痕があるくらいでしたがまぁまぁキレイでした。


サイクロンはエキパイが曲がっちゃってます。
サイレンサーは長さは違えど容量は同じ位?

サイクロンを外し、曲がったステーをゴンゴン叩いてまっすぐにしたらOVER装着です。完全ボルトオンなので何の問題も無く装着できます。作業時間は正味20分。

バッフルが付いてたのでとりあえず付けたまま乗ってみました。ペケペケペケというかブリブリブリというか、とーってもイマイチな音質。車検対応とは言え、ちょっと音質的に下品な感が否めない。

こりゃーダメだ!と即バッフルさようなら。

エンジンをかけると、サイクロンに近い低音でボボボボ的な音になりました。うん、これでいい。これがいい。

サイクロンに比べると材質の問題でちょっと重いけど、走りに関しては遜色ない感じです。下のトルク感はOVERのほうがあるかな。サイクロンのほうが抜けが良くて高回転よりな感じがしました。アフターファイアが凄いのはどちらも同じだけど、若干OVERのほうが少ない気がします。どちらもマフラーがあったまればなくなるんだけど。


換装完了。遠めに見ればキレイだよね。笑

そんなこんなで、ようやくマフラー修理完了です。ついでに洗車してやりました。屋外+カバー保管の割にはよい状態をキープしてます。

しかしちょっとバッテリーが弱っちゃってましたねぇ。早めに交換しないとなぁ。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.